ゆかりんだの日記♪

コメント頂けるととっても嬉しいです。よろしくお願いしますm(_ _)m       《「あっくんの日記」は青色の文字で、「家」に関してはピンク色の文字で書いています。》  ※お知らせ※ 皆さんからいただく「コメント」は「承認後表示」となっています。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 頭から湯気出そうTOPゆかりんだの日記 ≫ 頭から湯気出そう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

頭から湯気出そう

なにがそんなに「怒りの頂点」なのかというと。

入院期間が2週間を過ぎた頃から(というか、入院前から思っていたこと。
家での生活は少し難しいかな~と)退院後どうするか、悩んでいた。
看護師さんからも同じ時期に「どうするの?」という声かけがあり、
先ずは介護認定の審査を受けようと。
やはりどう考えても退院してまっすぐ家へ、というのは不安だったので、
施設か病院かを考えたいということになった。
介護認定の審査を受けて、結果が出るには日にちがかかり、
退院には間に合わないだろうと言われたが、それを承知で
居宅介護支援センターに相談してみた。
そうしたら審査結果が出てない段階で受け入れてくれるところがあるか
施設や病院に問い合わせてくれて、1病院だけ「受け入れられる」という
お返事をもらえました、と(A病院とします)。
この時に私は「6日退院予定で、自宅へ帰る自信がなくて」と
話しているので、てっきり「6日に、受け入れられる」と思い込んでいました。

これは私の落ち度なんでしょうか。

受け入れるには今いる病院(B病院とします)からの詳しい病状などを
聞かないとならないので、B病院の担当者からからA病院の担当相談員へ
連絡を入れてください、と言われたので、その旨B病院の
母の受け持ち看護師さんに伝えました。
(すぐ連絡を取ってくれたそうです)
この時も私は受け持ち看護師さんに「すぐ移れるようで」と話していると思います。

どの時点でB病院が「退院して直行でA病院へ転院できるわけではない」と知ったのか。
最初から「そんなの当たり前だ」と思ってたのか。
そもそも、母のことで連絡を取り合ってるのに、母や家族に経過というものは
伝える義務はないのか。
一番最初に「A病院の相談員の○○さんに連絡してもらえますか」
「はいわかりました、連絡しますね」
そうしたら「連絡したところ、このように言ってました」など、
A病院の返答は教えてもらえないのですか。
こちらが「どうでしたか」「なんと言ってましたか」と問わなかったことが
落ち度なんでしょうか。

A病院へ移ると言っても、名前ぐらいしか知らない病院で、
全く様子もわからないので、ちょこっと見てみたいと思ったことが、
良かったのか悪かったのか。
別に黙って外来患者のふりして院内を見て歩こうかと思ったけど、
今どき「不審者」とかうるさい時代なので、キョロキョロして
うろついていたら迷惑がかかるかと思ってA病院の担当相談員の方に
電話をして「6日に転院させていただくことになりました○○と申しますが」
と言ったら「6日に転院とは決まっていません」と。
もう、びっくり。
続けてなにか喋られたこともすぐには理解できない程、びっくり。
私が「見学でも」と思い立って電話をしなかったら、
本当に6日にまっすぐA病院に行ってたよ。
なんとか気を取り直して、見学をしたいと本来の電話の目的を話したけど
「入院も決まってない段階で見学されても無意味になるかもしれませんし」と。
まぁ、そりゃそうだけど。
でも「一応上司に相談してみます」と言ってくれて、電話を切り、
改めて電話を掛け直すと「B病院様と患者様ご本人とよく相談されてください」
と、さっぱりわけの分からない返事。
なぜA病院を見学することをB病院と相談しなきゃならないんだろう。
そして上司に相談するといったことはどうなったんだい?

あーーーーもうわけわかんない。


で、これらをぶちまけよう!と思っていた矢先に私自身がぶちまかれた(笑
腎盂腎炎でダウン。
私が窓口でやってるので、同じテンションで妹に託すわけにはいかず、
休戦せざるを得なくなった。
やっと今日病院へ行き、しかし退院は明日に迫っている。
担当の看護師さんに「あの…明日はどうなるんでしょうか」と聞いてみた。
「え?」「退院ですよね?」
「退院して、どうしたらいいんですか。どこへ行くんでしょうか」
「…ご自宅ですよね?」
「何言ってるんですか?」という看護師さんの表情。
「私たちは退院後まっすぐA病院へ行けると思っていたので、
自宅へ連れて帰る心づもりも全くできてないし、家の準備も何もしてないんです」
「このまま連れて帰ってもトイレへ行くことすら困るような状態だと思うんです」
私は「A病院へまっすぐ行けないのなら、それがわかった時点で
どうしてすぐに教えてくれなかったのか」という気持ちで言ったのだけど、
「退院をゴネている」として主治医に伝わったようだ。

「先生からお話があります」と言われて、
あっくんのお迎えや自分の薬をもらいにいく時間やお礼に置いていくお菓子を
買いに行く時間や、かなり潰してギリギリで待って先生から聞かされた言葉は

「出て行け」

と言わんばかり。
「本当は2週間でも良かったくらいなのに内科の方の検査があったから
ここまで伸びて、1ヶ月もいれた(これだって長過ぎるくらいだ)」
「もう治療はありません」
「患者を長く入院させると病院がマイナス評価を受ける時代なんです
(だからさっさと退院してもらわなきゃ困ります、迷惑です)」
「脳梗塞と言っても『脳梗塞の前段階』くらいに軽い状態で
もっと酷い人はいっぱいいます」
「家に帰るのが一番いい。A病院への手紙も書きましたが、
自宅へ帰る方がいいんじゃないか」
先生の書いた手紙はB病院の担当者からA病院へ渡っているのだが、
そんなことも主治医は知らず、私に向かって「手紙は持って行きましたか?」と。
「いいえ」「それはB病院の担当の方が」と言うと
「そんなことはうち(B病院)のやることじゃないでしょう」と、
システムも知らずに言う。

「私は一言も『退院したくない』なんて言ってませんけど!!」

と、ぶちかましてやりたかった。

先生のお話を聞き終わって、「もう時間ありませんから、母をお願いします」と
詰所を出てエレベーター前で待っていると、看護師さんが来て、
「A病院へは連絡を取らないでください、窓口はうちの病院(B病院)の
担当者一本に統一して話を進めないと、家族の方が介入すると
入院を断ってきたりするところなので、お願いします」と。

これで、私が「見学云々」とA病院へ電話をしたとき
おかしな対応をされた意味がわかった。

それなら余計に!!
B病院の担当者だけが私たちが情報を得れる場所なのだから、
そこが流してくれなきゃ、なにもわからないじゃないかっ!

「だって、なにも聞かなかったじゃないですか」ということなんですか。
尋ねなかったこちらが悪いのでしょうか。


嗚呼~~ 憤慨。




そして更に。(下記参照)



母と同室の患者さん(Aさん)が食べ物を喉に詰まらせて心肺停止状態になってしまった。
一命は取り留めたものの、未だ意識のない状態。

その原因が「差し入れのイモ餅」。

それをあげたのがうちの母ということになってるらしい。

母に聞くと、元々はAさんのご家族が持ってきたものだそうだ。
それを母がいただいて、冷蔵庫にしまってあった。
母は食べるのが恐かったので(詰まりそう)私にでもあげようと、
自分で食べる気はなく、残してあったらしい。
Aさんは母のところにイモ餅が残っていることを知り、
母が「食べるかい?」と聞くと「食べる」と言ったので、あげたそうだ。
あげたと言うか、「返した」。

これ、母が悪いんですか?

くれた本人(厳密には家族だけど)から「食べたい」と言われれば、返すよね。
もらった時点で「母のもの」だから、「母が自分のものをあげた」ということに
なっちゃうんですか。

喉に詰まらせて異変に真っ先に気付いたのは母。
母が普段は出ない程の大声で通りかかったリハビリの先生を呼んで、
ナースコールも押して、一晩眠れぬ夜を過ごして。

気が動転しているのか、Aさんのご家族は「そんな差し入れはしていない」と
言っているらしい。
全てを知ってるのはAさん。しかし…語ることはできない。



ここの病棟にとってうちは「疫病神」なんですかね。
だから「とっとと出て行け!」なんでしょうか(笑

Comment

編集
>めぐみんさん
なんとか元気です。腎盂腎炎も治ったし♪
確かに、窓口がひとつじゃないと話を進めていくときゴチャゴチャするのは
わかるけど、家族の心情を思えば…そこまで厳しいことを言わなくても、
という気がします。いつか自分が働く日のためにはいい勉強になりました。
(いつか働くんだろうか…???)
結局、A病院への転院も電話連絡待ちで、喉に詰まらせたAさんも
回復傾向だそうです。ゆっくりですがいい方向に向かっています。
2008年06月21日(Sat) 06:03
編集
大変でしたね。ゆかりんださんの体調は大丈夫ですか?
このB病院の先生や、担当者・・・気になるところですが、ゆかりんださんには何ら落ち度はないと思います。
ほんとに気にすることないと思います。
それにしてもA病院は何をびくびくしてるのでしょうね?今まで何か家族とトラブルでもあったのでしょうね。

喉に詰まらせたのは全く悪くないですよ。(当たり前)それなら食事制限しとけ!!って感じです。

2008年06月09日(Mon) 13:28












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。