ゆかりんだの日記♪

コメント頂けるととっても嬉しいです。よろしくお願いしますm(_ _)m       《「あっくんの日記」は青色の文字で、「家」に関してはピンク色の文字で書いています。》  ※お知らせ※ 皆さんからいただく「コメント」は「承認後表示」となっています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 迷走TOPあっくんの日記 ≫ 迷走

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

迷走

…と言っても、今日は車の話じゃありません(笑

子供をどう導いていいのか。
ここまでの道のりは、間違ってないのか。
それとも、既に大きな間違いを起こしてるんじゃないのか。

カチカチ頭の大人と違って、やらせれば面白いように結果が出る。
あっくんが「やりたい」と言ったからやらせた、と私は思っているけど、
内心私が一番楽しんでたんじゃないのか。言い返さないのをいいことに…。

まだ幼稚園児だから、なにをさせるか(するか)は殆ど親が決める。
特にあっくんは(根拠がなんであれ)「これがやりたい!」「これはイヤだ!」など
言わないので、私がさせればするし、させなきゃやらない。
…と私が思ってるだけで、私から提示しないで、
本人が「やりたい」というまで、しばらく何もしない期間を待つべきなんだろうか。

ひらがなもカタカナも、漢字も小一レベルはだいたい覚えた。
時計も読めるようになったし、足し算も答えが20前後くらいならできる。
でも、こんなこと小学校に行ってからやればよかったんじゃないか。
こんなことに時間を費やさず、たとえ目に見える結果が出るものじゃなくても、
もっと「大切なこと」に時間を使うべきじゃなかったのか。
ドリルよりも。

本当にドリルが好きだったのか。
ドリルをやってるとお母さんは怒らないから、それでやってたんじゃないのか。
機嫌が良くなるお母さんのために。

幼稚園のお友達と集まってお話をすると、
習い事とか、今○○をやってるとかこれから○○を始めるとか、
更に季節柄毎日のように塾や習字・公文などチラシが入るし。
どっちへ向かって進めばいいのか。まさに「迷走」。
誰か答えを教えて欲しい…。

Comment

皆さん、アドバイスありがとうございます<(_ _)>
編集
>tentenさん
今はまだ「親がレールを敷く時期」だと思ってるの。
もちろん5歳なりに多少は選べる力を持ってきてるんだろうけど、
「自分で切り開いていく力、判断していく目」を養うために、
今は親が選んでいかなきゃと思ってる。そういう時期だと。
覚えた字の数とか、数字の数とかじゃなく、「それをしている時間」を楽しみたい。
ただ突き進むだけは、やめようと思います。ちょっと気付きましたv

>あやみんちゃん
コメント、ありがとう☆
私も、自分の「元子供」の記憶と、今親として子供を見るときの気持ちと、
両方で考えているつもりです。でも、「親として…」のほうは、
きっと冷静じゃないんだろうな、期待とか希望が入っちゃうから。
私もピアノ嫌いだったけど(笑)今は「あのときやっててよかった」って思うし。
きっとこれからも迷走するけど、あっくんを見つめて、
答えを出していければと思います…。

>gakuママちゃん
うち、「行きたくない」もないからさぁ。かといって「行きたい」もないし。
どっちでもいいから主張してくれればいいのにと思うよ。
…じゃなく、「主張できる子」に育てなきゃならないのか!?(笑)
まぁ、性格もあるからね…無理矢理主張させるわけにもいかないし。
悩むところだよね…小学校も近づいてきて、尚更。

>イケフミちゃん
ゆうきちゃん、「ギャル」!!!すごい~~!!
イケフミちゃんにしたら「なに言い出すの」って感じかもしれないけど、
あっくんも、そんなことでもいいからなにか主張をして欲しいって思うよ。
(あっくんが「ギャルになる!」じゃ困るけど)
私からすると「がくくんみたいな子だったたら良かったのに」とか
「ゆうきちゃんみたいな子だったら良かったのに」と思うけど、
それはきっとお互い様で、どんな子でもそれぞれに悩みはあるものなんだよね。
数年したら、こんなことも笑い話になるかなぁ~??
2008年02月21日(Thu) 13:08
編集
ママさん考えすぎじゃないですか??
あっくん嫌がらずにできる事を楽しんでやってるから、それでいいんじゃないですかね。
本当にあっくん凄い!!って思うし、色んな事をちゃんと教えてあげてるママだって素敵だ!!って心から思う!!
家は対象的で何もやらせてないし、何か教えようとしてもすぐ飽きちゃう。。。
誰に似たんだか。。。
それでもあんまり悩んでない。
いいんだかわるいんだか。
逆に家は優希の大人っぽすぎる性格が気になります。
今からギャルになるとか言ってるし。
大丈夫かしら。。。
2008年02月20日(Wed) 21:27
編集
昨日もそんな話になったよね!!
お互い悩みは一緒かーーっと。うちは、全然勉強のほうはトンチンカンだから、あっくんが羨ましいし。岳はなんでもスポーツ系は出来るから、それは、あっくんママが羨ましいと思ってるし。。
でも、子供が何が得意なのかって?ことは、うちら親が導き出さないとダメなのかね??
お金があるなら、何でもやらせてみたいよ。塾やら英語、サッカー、野球っと。でも、うちは本人が「行きたくない」と言ってるから、無理やり行かせても楽しくないのかーっと思って、何もやってません。
はあ、あたしも最近悩む。
うちだけ、出遅れてると・・・・。
2008年02月20日(Wed) 19:18
お久しぶりです☆
編集
  いろんな習い物をした元子供(?)の立場から言わせてください☆
私は公文、ピアノ、スイミングを5歳~6歳の頃から9~10年間やりました。
小学生の頃両親には「やりたいといったから始めたんよ」と聞かされてましたが、もう少し大人になってから全て両親がやらせたかったから始めたといってきました(笑)
両親は習い物をしたくてもできなかったらしいので子供にはいろいろやってほしかったそうです。
どの習い物も嫌な時期はありましたが、親を恨んだりしたことは一度もありませんよ(^_-)-☆
むしろ特技が増えたり、友達が増えたり、体力UPしたりなど学んだことや嬉しかったことだらけで感謝しています。
むしろ少しずつできるようになって両親にほめられると子供ながらに嬉しかったですし、もっと頑張ろうと思いました。
ですのでそんなに気になさらなくていいと思います。
あっくんもお母さんと一緒に楽しめるものができて嬉しいのではないでしょうか。

長文、失礼しましたm(__)m
2008年02月20日(Wed) 17:29
子育てって
編集
「答え」はないと思うよ。
もし正解があるならば、私も、世の中の子育て真っ最中の人はみんな知りたいと思うわ(汗)

でもある程度までは親が環境を整えてあげることって必要だよね。
ある程度まで行ったら、後は自分自身で切り開いていけるからさ。

親は子供のために、と思って一生懸命いろんなものを提供するわけだけど、よほど常識的なレベルから逸脱してなければ、きっと何かの形で子供の中に根付くハズ!
無駄なことって何一つないと私は思うけどな~。

たとえばドリルをやることだって、目標としては字を覚えたり計算したりってことなのかもしれないけど、そういう中で「お母さんと一緒に何かを学ぶ時間」の大切さだったり、「毎日コツコツと続けること」の大切さだったり、全部出来たことへの達成感を味わったり、勉強以外にも学べることたくさんあると思うよ。

あっくんも、ママが提供してくれるものは何でも面白いのかもしれないよ?
これからきっと「やれ」って言ったってやらなくなることも増えてくる(笑)んだろうし、今はそれでいいんじゃないかと思うけどなぁ…。

そんなこと言ったらウチの娘なんてまだ「楽しい」とか「やりたい」さえも言えないのに、スイミングだのリトミックだのって連れ回してるよ(汗)

2008年02月20日(Wed) 13:36












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。