ゆかりんだの日記♪

コメント頂けるととっても嬉しいです。よろしくお願いしますm(_ _)m       《「あっくんの日記」は青色の文字で、「家」に関してはピンク色の文字で書いています。》  ※お知らせ※ 皆さんからいただく「コメント」は「承認後表示」となっています。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 親達の元気に、感謝TOPゆかりんだの日記 ≫ 親達の元気に、感謝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

親達の元気に、感謝

順調に日記書いてるな~と思っていたら、
ちょっと気が緩んだ隙に、1週間経ってるじゃないかっ。
せっかくコメントいただいてるのにお返事もしてないし…。
ごめんなさい。


15日は幼稚園の休園日で、
札幌祭りのためお休みだったんだけど、
親戚の葬儀に行ってきました。
私の、父方の伯父が亡くなりました。80歳。
タイミング良く(と言ってはいけないけど)幼稚園がお休みで、
あっくんを連れて、1泊2日。

本来なら、私はそれほど「何が何でも参列しないといけない」という
立場ではない。「伯父」だし、
市内とか、近くに住んでるわけでもないし、
特に普段から交流があったわけでもない。

しかし、今回もそうだし、今後も「父方の不幸」の時は
感情の有無に関わらず、たぶん参列しなくてはいけない。
本来行くべきの父がいないのだから。

母一人で参列でもいいんだろうけど、
母が一人で公共の交通機関で動ける状態では、既になくなっている。
「母が行く」はつまり「誰かが連れていく」で、
その「誰か」は私以外にはいない。妹は妊婦だし子供2人いるし。

「父が生きてたら、どうするかな」「どうしたいかな」と考えると、
当然参列するのだろうから、私は僭越ながら父の代わりとして。

父は10人兄弟で、でも今回の伯父(長男)の死で、
残りは7人になってしまった。
しかも現在2人入院していて、他にも今入院はしていないけど
先日検査入院で腫瘍?が見つかったとか、
不安を抱えている人が多いらしい。
祖父(父の父)は100歳まで生きた人なので、
その子供たちも長生きだと思いたいのだけど…。

葬儀や法事に行くと、つくづく自分の親(といっても
私の父は亡くなってるので私の母と義両親)が元気でいてくれて
ありがたいなぁと思う。
「健康」ではないけど、病気を抱えてるけど、
それでも自分で身の回りのことをして、それなりに楽しく
生活をおくってくれている。
私たち家族が好き勝手に生活ができるのも、
親達が元気でいてくれているからこそ。
なによりのプレゼントなんだと思う。

もし親に万が一のことがあったら。
…って、私は「万が一」を1度経験してるんだけど、
もう20年も前のことだということもあるし、
なぜだか殆ど記憶にない。斎場の場所も覚えてない。
ところどころは覚えてるんだけど…寝不足でいたせいかしら。
都合良く意図的に忘却しちゃったのかしら。
私の母が死んだら誰が喪主になるんだろう?とか、
つっちゃんの両親(のどちらか)が死んだら誰が…?とか、
つっちゃんの実家とは離れてるので、そういう連絡が来たら
どういう手順で帰るのか?とか、
今回の葬儀に参列しながら、学んでおかなきゃと、見ていた。
そういう時はいつか必ず、やってくるのだから。

Comment

編集
>gakuママちゃん
勝手に自分が絶好調の時と、自分の好きな親の時期と、
そのままでいるような気がしてるの。
だから、ヨボヨボしてる親を見ると腹が立って。もっとシャキッとしなさいよ!と思う。
自分だってシャキッとしてないくせにね。
親も60~70代だからね。万が一が起こっても、
そんなに不思議じゃないよね…年齢だけ見れば。

>combiちゃん
自分の年も信じたくないからね。
年を取るのは子供だけでいいよ(いや、子供もずっと幼稚園児でいいよ)。
2007年06月21日(Thu) 21:54
本当に・・・
編集
そうだよね~
自分も年齢を重ね、親も確実に。
2007年06月18日(Mon) 18:02
編集
自分も誕生日迎えるたびに、あー親も年とったなーっと考える。
いざという時、どうすればいんだろうね!!
考えたくないけど、いつかやってくるもんね。
でも、その時になったら考えようっと。
2007年06月18日(Mon) 17:19












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。