ゆかりんだの日記♪

コメント頂けるととっても嬉しいです。よろしくお願いしますm(_ _)m       《「あっくんの日記」は青色の文字で、「家」に関してはピンク色の文字で書いています。》  ※お知らせ※ 皆さんからいただく「コメント」は「承認後表示」となっています。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 年月TOPゆかりんだの日記 ≫ 年月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

年月

今日は母の受診日だったので、病院に行ってきました。
聞き覚えのある名前が母の受診する科から呼ばれたので、ふと目をやると、
私が思い浮かんだ「その人」がそこにいました。

私が中学1年の時、大好きだった音楽の先生でした。

本当に大好きで大好きで、「一生徒の、先生への憧れ」というより、
それは正に恋!?というくらいに好きでした。
周りからは「あんなオヤジどこがいいの?」という感じでしたが、
私はもうほんっとに大好きで…
新設校に転任になると聞いたときはショックで泣いて、
それまでの想いを込めてプレゼントをしました。
懐かしい思い出…

25年という歳月。
当時13歳だった私は38歳。
自分だって恐ろしい程に変化している。
名字も変わって子どもも産んで、
背が小さくて華奢な中学1年生は、今では贅肉たっぷりのオバサンだ。
しかも足引きずってるし。
自分の変化をよぉく念頭において考えろよ。
25年。経ってるんだよ。

25年前の恋心を思い起こせば、
本当だったら先生がそこにいるとわかった直後に駆け寄って
「先生!先生のこと大好きだった私です!」って言いたかった。
でも、そうはできなかった。
先生はどうだっただろう。私がもし声をかけたら喜んでくれただろうか。
それとも。

25年か。
流れた時間。歩んできた時間。過ぎていった時間。
決して短くはないよね。

お会いできて、嬉しかったです。

Comment

編集
>combiさん
いらっしゃいませ♪
ピアノが凄く上手で(当たり前と言えばそうなんだけど)。
はつらつとして、厳しい(ちょっと怖い?)先生でしたよね。
でも私は大大大好きでした。
そんな現役のときの姿を求めちゃ、ダメですよね…。
ちょっと、寂しかったです。

余計なことはよく聞こえるんだけどね、肝心なことはさっぱり・・・・・( ̄。 ̄ )
2006年05月22日(Mon) 08:58
お初です
編集
色付きの文字
お邪魔します^^
いきなりわかるネタでした。
いい先生でしたよね。
どんな感じななっていたのかな・・がっかりしたのかな?
でも会えて嬉しかったみたいで、よかったね。
それにしても、ゆかりんださんは耳がいいなv-238
2006年05月18日(Thu) 23:11
編集
きょうはここに声も変化するつもりだった。
2006年05月18日(Thu) 09:54












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。