ゆかりんだの日記♪

コメント頂けるととっても嬉しいです。よろしくお願いしますm(_ _)m       《「あっくんの日記」は青色の文字で、「家」に関してはピンク色の文字で書いています。》  ※お知らせ※ 皆さんからいただく「コメント」は「承認後表示」となっています。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ こしあんのおはぎTOPゆかりんだの日記 ≫ こしあんのおはぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

こしあんのおはぎ

今日、3ヶ月に1回の婦人科受診の日。
通院しているクリニックのすぐ近くに和菓子屋さんがあって、
受診後そこに寄って大福や羊羹などを買うのがいつもの楽しみです。

今日ももちろん寄りました。
ところが・・・
殆ど売り切れ。残っていたのはおはぎとおまんじゅう類だけ。
お餅系は全くありませんでした。

おはぎ大好きなので救われた気分で「おはぎ3個ください」と言ったら
「こしあんしかないんですけど・・・」と。
私、粒あんが大好き。両方ある時はこしあんを選ぶことはありません。
どうしよう。
「はい、こしあんでいいです」
普段選ばないおはぎを買って帰りました。


思い通りにいかないことって、楽しいと思いませんか?

もちろん「こうしたい」「これがいい」というのが「思い」なのだから、
その通りになる、思いが叶うことを願うのは当然で、
思い通りにならない、思いが叶わないことを願うことはありません。
だから、思い通りにならない=がっかり。残念。当然そんな気持ちです。
でも、
思い通りにならなかったからこそ、予期せぬ道を選ぶことに繋がる。
自分の好みでは決して選ぶことは無い道を通ることになる。
実はそこにも楽しいことがあったりして!?

大福も羊羹もお赤飯も、大好きなものが揃っていたら、
私は決してこしあんのおはぎを選ぶことはありませんでした。
だから、今日初めてこしあんのおはぎを食べることができました。
思い通りにいかなかったからこその幸運。
きっと、和菓子屋さんの店先じゃなくても、同じようなことが人生の中にも、
あるんじゃないかなと思います。

健康で病気もせず暮らしたかった。
障害なんて他人事と思って生きたかった。
でも思い通りにはいかず、20代後半で不治の病を抱え、
手術もして障害者手帳の身になった。
でも、だからこそ知ったこともあるし、得た幸運もきっとある。
病気や障害を持ったからこその幸運って、なんじゃそれ(笑)って気もするけど、
私は悔しいから「いいことだってあるよ!」と言いたい。
「病気のせいで人生真っ暗です」なんて、悔しいから言いたくないの。

思い通りにいかなくてラッキーだったね!って言える、
どう転んでも楽しい人生。
こしあんのおはぎを食べながら。
今日もいい一日でした。

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。