ゆかりんだの日記♪

コメント頂けるととっても嬉しいです。よろしくお願いしますm(_ _)m       《「あっくんの日記」は青色の文字で、「家」に関してはピンク色の文字で書いています。》  ※お知らせ※ 皆さんからいただく「コメント」は「承認後表示」となっています。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 夏の大創業祭TOPゆかりんだの日記・マシャ関連 ≫ 夏の大創業祭

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

夏の大創業祭

行ってきました、8月9日横浜・日産スタジアム。
猛暑だし、自分の体力も落ちているので自信がなく、今回は前後泊。
8日に東京入り。9日はホテルでゆっくりしてから開場時間めがけて出発。そして10日帰路。

もちろん暑くて、8日もダラダラ汗をかき、
汗でこんなにハンカチが濡れたことないんじゃないかというくらいぐっしょり。
今回のチケットはFC枠で取れなくて一般(それでも辛うじて先行)だったので
もう豆粒確実!全く期待せずに行きました。
何を願ったかというと、できるだけ暑くない、日が照らない席を・・・

叶いました!
東スタンド2階席、最上段(笑)
私の後ろに席はありません。頭上はしっかり屋根で守られています。
日焼けの心配も、日が当たる心配もなし。
しかし、ましゃは表情など全く見えることのない、豆粒。
ライブが始まって登場して、みんなが「キャー!!」って言ってるのに、
どこにいるかわからない(笑)
人目をはばからず座ることもできる、フリーダムな席でした。
アリーナ席は上から見ると光り輝くくらい日が燦々と降り注ぎ、昆布干し場状態。
私よりずーっと下の東スタンド席も可哀想な状態でした。
こんな暑い席も覚悟で、7万人も集まるんだものね。凄いわ。

クスノキは、この日一番聞きたかった歌でした。
クスノキがこれまで見てきた街。そしてこれから見続ける街。
ただ見届ける。ただ空を目指して。
強い悲しみも、強い願いも、あるわけでなく。ただ、ただ。
でも、その姿を歌ってくれた。
7万人も、ましゃも、みんな同じ思いを抱いた時間でした。

Good Nightは弾き語りが良かったなぁ。弾けるものなら弾きたい(弾けない・・・)。
いつぞやの真駒ナイツのアンコールで歌ってくれた時、
「黒いパーカー」が「白いパーカー」になっちゃって(笑)いつも思い出します。

新曲の「その笑顔が見たい」「ステージの魔物」「I am a HERO」どれも好きです。
歌詞も「うん、うん」と心に響いてきます。
ましゃの本音?が伝わってくる感じです。
ここ最近の歌詞は難しいのが続いていて、すぐ響いてくるという感じじゃなかった。
40歳を超えたし、こういう難しい歌詞も仕方がないのかなと諦めていたけど、
今回もまた難解系だったら、溜息出ちゃってたかも。
やっぱり私は素直な歌詞が好きです。
そしてガンガン飛ばす系の曲や、ライブで笑顔で乗れる曲が好きです。
しっとりも嫌いじゃないけどね。←結局全部好きだけどね(笑)

腕振りの時、自分の振袖がぶるんぶるん揺れるのがすごーく悲しかった。
昔はライブ後に声が出なくなるくらい叫んでたのに、そういう症状が全くないのも寂しかった。
掛け合いでましゃに届くように大声で歌ったり、ぴょんぴょん飛び跳ねたり、
そういう演出も無くなったし、自分もできなくなったし。
時代もあるだろうけど、ファンの年齢層もあるだろうけど、変わっていくんだよね。
7万人もいるから、客席の声なんて拾ってられないよね。広すぎ、多すぎ。

「僕の始まりの歌(って題じゃないけどw)」と「Red×Blue」は大好き!
最近だんだん追いやられている感があったけど、歌ってくれてよかった!
ついでにWOH WOWも~と思ったけど・・・今回はメジャーな曲中心だったようで。
「家族になろうよ」は、やっぱり歌詞が共感できない。あまりにもかけ離れすぎ。
でもメロディーは大好きなので、前奏が流れると嬉しい気持ちになるんだけど、
歌い始めると「ああ・・・ダメ」と。いつもこの流れ。
ましゃは好きなんだよねきっと。この曲と「虹」。私はどちらも今一つなんだけど。
登場率高いもなぁ。

3時間半を一人で歌い続ける。真夏の暑さの中で。
あの長い花道を歌いながら、ぐるりと注視されながら歩く。走る。
ギターを抱えてジャンプ。
途中疲れた顔も「ちょっと休憩」と座ることすら許されず。
そんな46歳。どんだけ体力があるんだろう。どんだけ鍛えて、管理して。
どんだけ強い人なんだろう。
きっと、子供の頃からのおばあちゃんやお父さんの教え、お母さんの励まし、
長崎で培われた心。最後はそういうものが支えているんだろうなって。
魔物に負けない帝王。

ステージは遥か彼方。ましゃがどこにいるか見失うくらい遠く。
今回はスクリーンですら遠く感じるほど、端っこ。
ちゃんと見たければあとから発売される(であろう)DVDを買ってみた方が
どんなにちゃんと見れるか。しかも暑くもなく。遠征費もかからず。快適に。
それでも行きたいんだ、ライブに。
時間を共有したい。同じ時を過ごしたい。闘っているましゃを見届けたい(見えないけどw)。
ナマに触れたいんだなぁ~豆粒になる距離を介してでも。

昔の笑顔はさぁ、ほんっとに嬉しそうで、ちょっと照れくさそうで、
「俺ってこんなに売れちゃって♪人気者になっちゃって♪」みたいな
ウキウキしてる感じが溢れてたけど、
今の笑顔は、なんだかほっとしているような、昔とはちょっと違う。
もうゆるぎない帝王のはずなのに、きっと不安もあるんだろうなぁ。

23年間も追い続けていられることに感謝。
ましゃ本人にはもちろん、家族にも、日本の平和にも、感謝。
これからもずっと、続きますように。

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。