ゆかりんだの日記♪

コメント頂けるととっても嬉しいです。よろしくお願いしますm(_ _)m       《「あっくんの日記」は青色の文字で、「家」に関してはピンク色の文字で書いています。》  ※お知らせ※ 皆さんからいただく「コメント」は「承認後表示」となっています。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ ダブル感染TOPあっくんの日記 ≫ ダブル感染

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ダブル感染

ゴールデンウィークは2泊3日で帯広に遊びに行く予定でした。
そんな連休の始まる前日・5月2日。夜中からあっくん発熱。38~39℃台。喉の痛み。
突然の高熱だから正にインフルエンザっぽいけど、もう5月だしさすがにそれはないだろう。
1年以上前にもらった解熱剤を飲ませたけど、体が大きくなったせいか殆ど効かず。
相当しんどそうにしていて、朝イチで小児科に連れていきました(この時点で帯広はほぼ諦め)。
すると患者さんいっぱい!皆さん連休に備え「念の為早め受診」「連休分の薬もらっとく」系の
人ばかり。・・・いや、うちみたいに本格的なのもいたけどw
鼻水培養検査をして、でも結果を待たず点滴と解熱剤。
そうしてるうちに結果出ました。・・・ナント!溶連菌とインフルエンザA型のダブル感染!
そんな特大大盛り弁当みたいなサービス要らない・・・そりゃ熱も上がるわ。
あっくんは「死にそう」と言いながら身の置き場のない様子でとにかくだるくて唸っている。
先生は「薬処方して帰宅してもいいし、連休にも入るから心配ということなら入院でも・・・」と。
う~ん。悩んだけど・・・安心を取って入院をお願いしました。もう帯広は完璧諦めたし。
4年生の時に入院したのと同じ病院に連絡を取ってもらい、そのまま入院となりました。

病棟へ行く前に一旦外来で診察をするんだけど、
解熱剤を使って38℃台になっていたせいか、先生としては「大したことない」と思った様子。
あっくんが唸っているのを見ても「気持ちがやられやすいんだね」と、
「大したことないのに大騒ぎして・・・」と言わんばかり。
でもさ。2つの菌が体の中で暴れてるって、きっと数値に出る以上のものがあると思うよ。
あっくんだって、11歳なりにインフルも溶連菌も体験してるから、
きっとその単体感染以上の、これまで経験したことない気持ち悪さ、しんどさがあったと思う。
私もそんな目に遭ったことないからわかんないけど・・・

そして入院しました。個室。感染性の病気だからね。
インフルの薬を吸い、溶連菌には抗生剤の静注。点滴24時間。食事は自由。でも飲み込む時喉が痛い。
さすがに食欲もなく、ゲームすらしたがらず。解熱剤を使っても38~39℃台。
ずっと横になり、気がつくと寝息を立てて寝て、目覚めて、また寝て・・・繰り返し。

翌日・3日。まだ熱は38℃台。ほとんど起き上がらずごろごろ。
食欲もない。喉も痛い。咳も出る。でも唸るのはなくなった。お昼寝も1回。
私が帰宅後、メールが来て、「明日勉強道具とDS持ってきて」と。
お!やっと元気になってきたらしい・・・

4日。朝病室に行ったら起き上がっていた。でもまだ37~38℃台だけど^^;
「勉強してからじゃないとゲームはダメ」と約束しているので、なんとか勉強をしたらしい。
食欲は相変わらずパッとしないけど、ゲームをしたい気持ちになったようだし、
もう心配な状態は脱したかな~という感じ。先生も「このまま熱が上がらなければ退院OK」と。
じゃあお母さんは帰るねと言うと、個室だから遊び相手もいなくて寂しいのか、
結局連日18時過ぎ(夕食後)まで滞在。

5日。退院する気マンマンで病室へ。熱もやっと37℃台前半。OKが出て、
飲み薬をもらってお昼に退院しました。ふぅ~。
でもちゃんと約束を守って6日も自宅から出ずに療養。
退院祝いに回転寿司(なごやか亭)をテイクアウトしてお昼に食べました。
そして連休明け7日から何事もなかったように登校です。学校休んだのは初日だけ。
太り気味だった体重も1kg以上痩せました。しんどかったけどいいこともあり(^^)

入院費7万円以上かかったけど、道民共済から共済金ちょこっと入るし(*^^)v
安心して過ごせたので、良かったです。思い出深いゴールデンウィークでした。
もうすっかり元気で、月末の運動会に向け日々練習です(運動会翌日には柔道の大会もあり)。

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。