ゆかりんだの日記♪

コメント頂けるととっても嬉しいです。よろしくお願いしますm(_ _)m       《「あっくんの日記」は青色の文字で、「家」に関してはピンク色の文字で書いています。》  ※お知らせ※ 皆さんからいただく「コメント」は「承認後表示」となっています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 虫の知らせかTOP思ったこと・思い出 ≫ 虫の知らせか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

虫の知らせか

昔の話。

1999年7月。5年ほど働いた病院を退職しました。
その2年前私は結婚し、結婚後も病棟勤務で3交代で働いていたけど、
専業主婦の夢を叶えたくて辞めることにしました。
次の就職先を決めずに辞めるのは初めて。
確か3ヶ月くらい前には上司(婦長さん)に退職の旨を伝え、事務手続きなども進めていました。

特に「その時」を選んだ理由はなく。なんとなく7月末日退職。

6月下旬くらいから体調の異変があり、発熱、全身の関節痛、頬の紅斑、そのあと背中などにも皮疹、脱毛・・・
私は結婚前から膠原病でステロイドを服用していましたが、
その時付いていた病名は「自己免疫性肝炎」と「シェーグレン症候群」だけ。
疲れが溜まってるのかな~とか、退職で浮かれてるのかな~と思っていたけど・・・
これはまさしく「全身性エリテマトーデスの症状」そのもの。
入院して検査、と言われましたが、私は退職間近で最後のお勤めがびっしりと入っており、
7月末日退職だけど年休消化で7月半ばまでの勤務で、夜勤や準夜が続いていて
とても休めない状況でした。
解熱剤の座薬を入れながらなんとか最後の勤務を全うし、転がりこむように入院しました。

まるで入院するための退職のような形になりました。
退職を決めた時は全くそんな兆候もなかったのに。




そして、今回。

昨年11月初めにギターのレッスンを辞めることを決めて。
12月上旬から指の不調。レイノーの悪化。
ギターのレッスンはどうしても12月に辞めなきゃ!というものはなかった。
年度末でもよかったし、続けることだってできないわけではなかった。
「辞めます」を言うのだって本当に心苦しく言いずらかったのに。
今、私は左の指先の痛みと痺れでギターが弾けない。
まるでこうなることを知ってたかのように、この体調不良のために辞めたような形。




ただの偶然なんだけど。
うまいこと(?)いってるわ。

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。