ゆかりんだの日記♪

コメント頂けるととっても嬉しいです。よろしくお願いしますm(_ _)m       《「あっくんの日記」は青色の文字で、「家」に関してはピンク色の文字で書いています。》  ※お知らせ※ 皆さんからいただく「コメント」は「承認後表示」となっています。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ #7119TOPあっくんの日記 ≫ #7119

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

#7119

11月30日、初めて「#7119」を利用しました。

#7119、ご存知ですか?「救急安心センター」という窓口です。
札幌市では今年10月1日から開設されています。
全国でもあちこちで開設されているようですね。

99anshin.jpg
さあ寝るよ!という頃になってあっくんが「お腹が苦しい・・・」と言い始め。
痛くはない。吐き気もしない。うんちもおならも出てる。
夕ご飯は食べた。熱もない。
でもお腹が苦しいような、押されるような、これでは眠れない、と言って泣いている。

ううむ・・・なんだろう。
よく「女性がお腹の症状を言ったら真っ先に婦人科系(子宮・卵巣等)を疑え!」と
言われるのだけど、男の子だからそれはないし。
消化器系症状(吐気、下痢)がないのが、逆に不安だったり。
一応看護婦なので思いつくことも少しは多いけど、それでも医者ではないので
わからないこともたくさんあり、看護婦だから不安はないなんてことは全くないし。

こんな日に限って夫は出張で留守。時間も遅いから友達や妹に相談もできず。
でもこんなことで救急車なんて呼ぶつもりはないし。
夜間急病センターは極力行きたくない(行っても大したことしてくれない)。
しかし・・・行くべきなのか?どうなのか??

ここで#7119を思い出しました。そうだ、聞いてみよう。
看護婦が看護婦に相談(笑)

最初に電話を取る受付の人は、けっこう早口で迅速に対応するんですね(当たり前?)。
私はそんなに「一刻を争う」とは思ってなかったので、私の方が落ち着いた話し方でした。
患者(具合が悪い人)の性別・年齢・簡単な症状を言って、看護婦さんに繋がります。
看護婦さんは細かな症状を聞いてきます。
そして私から聞き取った症状でチャートを付け、判断します。
ここで「陰嚢の状態」を聞かれました。そっかー男子も生殖器系なんだー!
精巣に異常があったら「お腹の不調」として表現することもあるか・・・
勉強になりました。
そして看護師さんの判定は「1時間以内に受診を勧める」とのこと。
やっぱりか・・・という感じでしたが、一人で考えるより客観的に判定してもらえて
こちらも落ち着けるし、本当に利用して良かったです。

その後、夜間急病センターに向かい、しかし車で移動中に症状は治まり。
途中引き返し帰宅。帰路の車中で寝てしまうくらい元気(寝れるということは辛くないということ)。
夜中も再発することもなく、翌日は何事もなかったように普通。
・・・ただの食べ過ぎかいっ(怒)
大事に至らなくて良かったです。
#7119体験もできて。

ま、できればあまりお世話にならずに過ごしたいものですね☆

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。