ゆかりんだの日記♪

コメント頂けるととっても嬉しいです。よろしくお願いしますm(_ _)m       《「あっくんの日記」は青色の文字で、「家」に関してはピンク色の文字で書いています。》  ※お知らせ※ 皆さんからいただく「コメント」は「承認後表示」となっています。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ お綾や過ちを…TOPゆかりんだの日記 ≫ お綾や過ちを…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

お綾や過ちを…

先日「読み聞かせ技術講座」というのを受けてきました。

私、小学校で読み聞かせのサークルに入っています(知ってるよ!って?)。
今年は、あっくんの学年(4年生)に加え、1年生も読み聞かせしています。
去年も同じような講座があったのですが抽選に漏れてしまい、今年初受講でした。

講師は小泉笑美子さんという方でした。

受講した感想は、一言で言うと

私の「昔取ったキネズカ」は、無駄じゃなかった!ということ。

ただ、あまりに声が伸びなくて声が出なくて、愕然としましたが。
それは私の衰えであって、やっていた内容がここまで本当にちゃんとしてたとは
もっといい加減なものだと思ってたから(ごめんなさい先輩)。
だって、腹式呼吸の仕方とか、息を吸ったあと溜めてから声を出すとか
狙いを定めてそこにぶつけるようにとか、アエイウエオアオの口の開け方とか
ほんとに、四半世紀前に先輩に教わったのと同じでした。
懐かしの「お綾や過ちを・・・」あれ?習ったのと違う?
私は「母親に」お謝りだと思ったのに、「親に」になってた(笑)
鼻濁音も私はお陰様でスムーズにできたけど、やっぱりできない人は「ンガ」になってるし。
若いうちに習得していて本当に良かった。

最後に実践で、グループで読みの発表をするんだけど、
この先生のやり方は最大限情感たっぷりで読むんだけど、
読み聞かせって、そういう「色」を付けないで読む方法もあって、
そっちも習ってみたかったなと思う。
私が情感たっぷり派なので、そっちはできちゃう(というか、それしかできない私)ので、
色を付けない良さとか、その技法とか、学んでみたい気もする。

楽しい時間でした。

Comment

  
編集
>ふーちゃん先輩
もうほんとに、先輩に指導してもらったのがそのままでしたよ~。
高校生の時に身に付けることが出来ていて良かったとつくづく思いました。
ありがとうございました。
私は相変わらず高い声ですけど、いい感じに丸くなったかもしれません(笑)
感情入れずに読むのは、私はできないんですよね。
自分がつまらなくなっちゃって。一番自分が楽しみたいので(笑)
2012年09月23日(Sun) 14:01
No title
編集
お疲れ様~

声は衰える、というか変わってくるよね。
私も昔みたいに高い声は出ません(><)

読み聞かせは、子供の反応がスゴク面白いよね。

情感たっぷり~は高学年には厳しいかも(笑)

2012年09月21日(Fri) 20:07












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。