ゆかりんだの日記♪

コメント頂けるととっても嬉しいです。よろしくお願いしますm(_ _)m       《「あっくんの日記」は青色の文字で、「家」に関してはピンク色の文字で書いています。》  ※お知らせ※ 皆さんからいただく「コメント」は「承認後表示」となっています。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ 人は環境の子なりTOP思ったこと・思い出 ≫ 人は環境の子なり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

人は環境の子なり

この言葉を初めて聞いたのは、自分の結婚式の時。
仲人(って今は死語?私の頃が結婚式には普通に仲人がいる最後だったと思います)さんから
いただいたご挨拶の中にあった言葉でした。

あっくんが幼稚園年長の1月にディズニーランドに行って、
その帰りの飛行機でふと思ったことでした。
「こんな夢の国に『今日暇だからディズニーランドでも行く?』っていう感覚で
行けちゃう距離に住んでる人は、人生観が違うだろうな」って思いました。
私がディズニーランドに行こうと思ったら、まず飛行機を取り、
荷物をまとめ、本当に「旅行」として行くしかありません。
家を出発して荷物を抱えてJRに乗り、飛行機に乗り、電車に乗り、ホテルに着いて
その時点でクタクタで、でも、その時間の中徐々に「夢の国」に向けて気分を高め
疲れとワクワクが同じくらいに高まって、そしていよいよ夢の国。
夢の国から帰る時も、重い荷物を引きづりながら少しずつフェイドアウトして
現実に帰っていく。疲れとともに。
でも、世の中にはそんな「高めたり鎮めたり」を必要としない、
ふらっとディズニーランドに行けちゃう人がいる。まるで近くの遊園地のように。
人間の根本が違っちゃってるんだろうなと思った。
どちらがいいとか悪いとかいう話じゃなく。違うなーって。

それと同じで。

住んでる環境で、思考とか性分とか、ベースの部分が違う気がする。
環境は言葉を発するわけでもないし、ただ「身の周り」「空気」だけど
そして明確に「影響された!」ってものでもない、
住んでる者にとっては当たり前の風景だったり気候だったり、気にも留めないことでも
それに育てられてる部分は大きいだろうなと思う。



私は千春世代ではないんですけど、この曲はガツンときます。
やっぱりこの曲がガツンとくるのは北海道の人、少なくとも北国の人なんだと思う。
温かい地域の人は、頭で理解しても実感が伴わないのでは。
北海道の人にとってこの曲は心をえぐられます。氷点下の風が吹く。
「育てられた環境そのもの」だから。

子供の頃、真っ赤な頬に雪が吹き付けて張り付いて、体を斜めにしながら学校まで歩いて
スキー学習では雪の上にビニールの敷物を敷いてカチカチのおにぎりを食べて
母親が通学時間に間に合うようにやっとの思いで一本道の雪はねをしてくれて
そこをかじかむ足に長靴を履き、それでも雪玉を投げたりつららを食べたりしながら歩いて
雪が融けて一斉に花が咲くのは5月に入ってから。
肌寒いと思っても頑張って半袖を着て、震えながら海水浴をして
短い夏。半年以上も雪の中の生活。
「そうだった人」と「そうじゃない人」は、それは違って当たり前。
そんな大自然に、「環境」に、育てられてる。
北海道だろうが、田舎だろうが、都会だろうが、それぞれの環境に、育てられてる。


ふるさとって、ただ「子供の時の家がある」とか「通った小学校がある」だけじゃなく
そこに自分のsoulがあるって、思います。motherなんだと思います。

Comment

編集
>めぐみんさん
良かったです!支部のお引っ越しも無事済んで♪
M先生もお元気ですよ。次回受診の時に伝えておきますv
プレ4ミリなんだね~私はたぶんもう永遠に5ミリ・・・
圧迫骨折は痛くなかったの?気を付けてね。
2012年02月21日(Tue) 21:18
編集
その節はお世話になりました。無事、支部に入会できました。山ほどの会報も送られて(笑)通院も慣れてきました。先月からプレ4mgです。でも骨粗鬆症の自己注射も始まり・・・(胸椎が知らないうちに圧迫骨折してました)ちょっと副作用であちこち痛いですが元気です!M先生によろしくお伝えくださいv-7
2012年02月21日(Tue) 15:57
編集
>ふーちゃん先輩
私も、過ごした地域とか学校とか職場とか、
「好き!」っていうところじゃないところも中にはあるけど
やっぱりそこで育んでもらったんだと、思っています。

>めぐみんさん
久しぶり~!元気ですか?
(業務連絡:そちらの支部にはちゃんと入会できましたか?)
便利なところに住んで、慣れ親しんでいくんだと思うけど、
ふるさとで染み込んだsoulは抜けないと思うよね~。
生まれた時から便利な都会の子とは、きっと違うよね。
いい悪いじゃなくて。
生活は慣れた?気温はそちらの方が高いけど、
意外と風が冷たかったり、そんなに「温かい!」って感じじゃないよね。
体調崩さないようにね~。
2012年02月21日(Tue) 15:26
編集
ゆかりんださん、お久しぶりです。
私も同じようなことを考えていました。東京に来て、今まで住んでいたド田舎から今は買い物にも不自由せず、電車でデパート巡りができちゃうところに住むようになって、小さい頃からここにいたらどんな感じなのかな~とか、北海道の冬が懐かしいな~とか…耳が凍るほどの寒さの中通学したあの道が私の原点だなぁと一人感慨にふけってます
2012年02月20日(Mon) 21:08
編集
うんうん、

私は自分が育った所が一番だと思ってますよ♪

2012年02月20日(Mon) 15:01












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。