ゆかりんだの日記♪

コメント頂けるととっても嬉しいです。よろしくお願いしますm(_ _)m       《「あっくんの日記」は青色の文字で、「家」に関してはピンク色の文字で書いています。》  ※お知らせ※ 皆さんからいただく「コメント」は「承認後表示」となっています。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 靴下履き器TOP思ったこと・思い出 ≫ 靴下履き器

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

靴下履き器

「器」というほどのものでもないのですが。

自助具、というか、補助具、というか。

今はもう使っていませんが、足の手術をしたとき1ヶ月くらいかな?
お世話になりました。
なぜ急にここに紹介するのかというと…あまり意味はないけど(笑)
母が靴下が履きにくくなったとき、「そういえば姉ちゃん(私)が使ってた
靴下履き器を使ったらいいんじゃないか?」と言い出して、
でももう私が使ってたものは手元になく、
新たに病院のリハビリの先生に作ってもらって使ったんだけど、
結局手も不自由だった母には上手くいかず…
母が亡くなって家にあった靴下履き器を妹が見つけ、
「姉ちゃんまた必要になるかもしれないしょ!」と持ってきてくれました。
(妹も私に負けず劣らずの辛口です)
それで、久々にお目にかかったので、ここに載せてみようかな?と。

今後股関節の手術を予定してる皆さん(なんて、いないか!?)
どうぞご参考までに。
socks1.jpg
↑これが実物です。紐の方が自分の身体側、青い板の方が足元側へ行きます。
socks2.jpg
青い板の部分を丸めて、靴下をかぶせます。
青い板がちょっとくびれた部分まで、かぶせます。
socks3.jpg
紐の部分を持って、放り投げるように足元へやり、
青い板が丸まって輪になってるところへ足を入れます。
紐を引っ張り上げるようにすると、スルッと板の部分が抜け、靴下が履けます。

股関節の術後は、体育座りのように膝を曲げられないので
(股関節を90度以上曲げられません)
足に手が届きません。なのでこんなものが必要になります。
今はこんなものが全く必要ない元気な皆さんも、
ちょっと見て知っておくと、何かの折に「確かこんなものがあったような?」と
知識として役に立つかも?
介助用具とか福祉用具も、たまに見ると「なるほど~」っていうものが
ありますよね。
お世話にならないに越したことはないけど、知っておくのはいいかも?です。

Comment

編集
>パグ子さん
25日か26日くらいに、道新のにも載っていました、靴下履き器。
でもそちらはちゃんとした商品なので3000円くらいしたはず。
これは材料費だけで500円で手作りしてもらいました。
個人で買っても一時期しか使わないものだから、
病棟によっては術後の入院期間だけ貸してくれるとこもあるようです。
参考にしてもらえて、嬉しいです☆
2009年11月28日(Sat) 17:28
編集
靴下履き器、本で見たことはあったけど実物は初めてみました。
そういう流れで使うんですね~。
前回は術後しばらく靴下、タイツ履くのにすごく苦労したような・・・。
嫌だけど今後、使う可能性ありありの私にはすごく勉強になりました。
ありがとうございまーす(^_^)
2009年11月27日(Fri) 16:00












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。