ゆかりんだの日記♪

コメント頂けるととっても嬉しいです。よろしくお願いしますm(_ _)m       《「あっくんの日記」は青色の文字で、「家」に関してはピンク色の文字で書いています。》  ※お知らせ※ 皆さんからいただく「コメント」は「承認後表示」となっています。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ おこだでませんようにTOPあっくんの日記 ≫ おこだでませんように

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

おこだでませんように

今日は2週間ぶりに読み聞かせ。
今日は↓の2冊を読みました。

本を選ぶのに、絵本ナビlogo_navi.gifというサイトのレビューを
参考にしたりするのですが、
ここで「おこだでませんように」という本が目に留まり、買ってみました。
okodade.jpg
お話の中に七夕が出てくるし、今年の1・2年生の課題図書になってるので、
今の時期ちょうどいいかな~と思って、読み聞かせに使いました。


一言で言うと。


ダメだ。違う。



これは大人に向けた本。
子育てしてる大人に、気付かせる本。
子供に読む本じゃない。         …と、「私は」思いました。

レビューも、よく見ると書いてる大人(親)が
「泣きました」とか「感動しました」とか。
大人が感動する本が子供にとっても感動する本には
必ずしもならないんじゃないか…!?


それでも、低学年なら「そうそう!ぼくも怒られてる」とか
この男の子に同調するかもしれないけど、
ちょっと大きくなった子にすると「こんな上手くはいかないよ」って
思うんじゃないかなぁ。
この本では最後に先生もおかあちゃんも「ごめんね」って
言ってくれたけど、実際は逆切れされて終わりじゃない?って。
私なら思っちゃいそう(笑)


大人の立場で読んでも、私はちょっと苦手なタイプの本。
あまりにも「狙い澄まされてる」感じがして。
「さあ!あなたも自分の胸に手を当てて、思い返してくださいね!」って
強要されてる気がして。
「子供はこんな風に考えてるんですよ!感動したでしょう!」って。
奥深さがない。そのまますぎる。


子供にはこれくらいストレートじゃないとわからないよ、
なんてことは、絶対ない。
もっと「感じる」本を読んであげたいな…。


ということで。この本お蔵入り。
せっかく買ったけど、読むのが不快なので、もうやめます。



これより「がちゃがちゃ どんどん」
gacha.jpg
こっちのほうがずっと良かったと思います。



(あくまでも「私」の感想なので、鵜呑みにされませんよう…
本当はいい本なのかもしれないですし♪
レビューではホントに評価の高い本なんです…

なんだか、レビューを見てるとこの本をいい本と思えない
私の方に問題がある気がしてきました。
自分の感性に自信がなくなっちゃいます。
でも…でも…  う~ん

Comment

編集
>gakuママちゃん
いやいや、苦労はしてないよ!楽しいよ~。
私ひねくれ者だから、大多数が「名作!」とか言っても、
「えぇ~?ほんとに~!?」とか思っちゃうんだよね。
私は好きになれなかったけどいい本なのかもしれないから、
今度貸すから見てみてよ。うちにあるからさ♪
2009年07月09日(Thu) 21:58
編集
読み聞かせ、ご苦労様!!
こんなにも、苦労しているとは思わなかったよ。
ごめんよ。
大人がいいと思っても、子供の目線で考えないと歓声とかも違うよね。
いつもありがとう!
2009年07月09日(Thu) 20:52












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。