ゆかりんだの日記♪

コメント頂けるととっても嬉しいです。よろしくお願いしますm(_ _)m       《「あっくんの日記」は青色の文字で、「家」に関してはピンク色の文字で書いています。》  ※お知らせ※ 皆さんからいただく「コメント」は「承認後表示」となっています。
2015年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年07月
ARCHIVE ≫ 2015年07月
      

≪ 前月 |  2015年07月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

進学のしおり

あっくんが学校からもらってきました。「進学のしおり」
SN3Q0276 (1)
ページ数200弱。
この内容がさ・・・すごい!とにかくすごい!!
語彙の少ない人の発言みたいで申し訳ないですけど、本当にすごい!この一言。
中を見ながら何度「・・・すごい!」と発したことか。

もしかしたら、私立の学校(中高一貫とか私立高とか)なら当然のことなのかもしれない。
「他の私立だってもちろんこういうの出してますよ、ふふん♪」なのかもしれないです。
それに、もっと言うと、今どき公立の学校でもこういうことしてるのかも。
私が何と比較してすごいと言ってるのかというと、30年以上前の自分の経験だから(笑)
なんだか全く説得力のない「すごい!」ですが、とにかく私にとっては驚きでした。

昨年度卒業した先輩達1人1人の成績(定期試験や模試)の推移と大学受験結果。
↑これのすごいのは、合格した大学だけじゃなく、不合格の大学も載せてること。
先輩達からの合格体験記(後輩へのアドバイス)。
各主要大学の細かい入試情報や、受験までのスケジュール。
中学生向けに、中学時の成績と合格大学の一覧。
6年間の推移を載せられるところが、中高一貫の強みかも。

この冊子は学校の心臓部であり、宝、財産なんだろうなぁ。
あっくんも6年後に向けて着々とデータを積み重ねてるってことか。

そして、模試の年間スケジュールを見ると、中1・2は年4回くらいだけど、
中3くらいから増え始め、高2なんて毎月、しかも1ヶ月複数のこともあり!
(それに加えて学校の定期試験)
更に中3からは飛び級受験も勧めてる。すごい。 ←また出た、すごい。

こんなにお母さんが「すごい!」連発してるのに、最も響いて欲しいあっくんからは
全く「すごい」は発せられない。大器なのか、わかっちゃいないのか(絶対後者)。
まだ中1だしね。今から響いてたら高2くらいで響き過ぎて粉々になるかも。
少しずつ、この冊子の意味を感じてくれれば。

この学校の本領を見た、という気分です。
スポンサーサイト

足指どうなったかというと

6月29日の日記のあと、3日後。
7月2日の受診で、処置をしました。

ここから先、想像すると鳥肌が立つかもしれないのでご用心。
(嫌な人は読まないでね)

指の付け根数か所に麻酔の注射。
これが「ギャー!!」と絶叫するくらい痛い。
先生は「そんなに痛くないよ」と言ったけど、全然痛い。モーレツに痛い。
でも、これのお蔭でその後全く痛くなく、処置開始。
黒くなったところを切って取り除き、その下の炎症起こしてる部分もガリガリ削り。
爪も死んでグラグラしてるので半分ハサミで切ってポイ。
肉丸出し状態で終了。生理食塩水で洗ってバラマイシン盛ってガーゼ固定。
内服の抗生物質(セフゾンカプセル)は継続。
そして1週間後の昨日(9日)再診。
痛かった爪の付け根部分は全く痛くなくなり、腫れも赤みも無くなり、
肉の見えてるところは少し生々しいけど、炎症を起こすこともなく綺麗。
ガッツリやって良かった~!ちゃんちゃん。
抗生物質も念のためまだ継続。次回の受診は今月末。

すっかりいい子ちゃんになった足指でした。
このまま治癒に向かってください。お願いします。

余談ですが。
整形の主治医がとってもかっこいいです。
これは(特に痛いことをする時など)効果絶大です。
そんな不真面目なとか、不謹慎だとか、見た目なんてどうでもいいとか、
ごもっともだと思います。
でもやはり、かっこいいのはかっこ悪いよりいいでしょ?そうじゃないですか?
麻酔の注射がめちゃめちゃ痛くて、でももちろん必要性は分かってるし
(麻酔しなければその後の処置は失神するほど痛いんだから)
先生の見た目なんか痛みの程度には関係なく、誰がやっても痛いのだけど、
痛い真っ最中や痛かった直後に見る顔がかっこ良かったら、癒されないですか?
あくまで観賞用として。痛くても救われてます。

学年懇親会

あっくんの学校の1学年・学年懇親会に行ってきました。
詳細は伏せますが・・・
やはり「この学校に入学したい!」と熱望し、それが叶って来た保護者さんの集まりというのは
皆さんどこか輝いていているなと感じました。積極的?というか。
まあ、そうだからこそ、親子であの受験を戦って、辿り着いたのでしょうし。
私も私なりに戦ったのだけど、皆さんよりちょっと温度が低いのかな・・・(レイノーだから?w)

学年担当の先生方からご挨拶があり、クラスごとの席で楽しく歓談。情報交換しました。
あっくんが話してくれないことも色々知ることができました。
女子がいたらこうはならないだろうなー的な出来事もあるんだなと、知りました。

5月の授業参観&クラス懇談を欠席したので(つっちゃんに行ってもらい、私が欠席)
これから6年間を共にする保護者の皆さんと初めて会えて、実感が湧いたというか、
顔が見える関係になれて、良かったです。
あっくんだけがこんなにのんびりしてたりゲーム三昧になってるのかと思ったけど
同じようなお子さんもいるらしく、ちょっと安心しました。
(いや、あの成績は全く安心してる場合じゃないぞっ!怒)
先生方は、中学受験から解放されて好き放題になってる「ほぼ小学生」達を
日々子育て(授業もだけど)されているんだなと思いました。
その辺りは6年間付き合う関係なので、じっくり関わってくれそうな気がします。

あっくんにとっても私にとっても、楽しい中高6年間になればいいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。