ゆかりんだの日記♪

コメント頂けるととっても嬉しいです。よろしくお願いしますm(_ _)m       《「あっくんの日記」は青色の文字で、「家」に関してはピンク色の文字で書いています。》  ※お知らせ※ 皆さんからいただく「コメント」は「承認後表示」となっています。
2015年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2015年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年06月
ARCHIVE ≫ 2015年06月
      

≪ 前月 |  2015年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

右足の第2指

(看護婦時代は、手のゆびは「指」、足のゆびは「趾」と使い分けていたのですが、
「趾」という字は一般的ではないようなので、「指」と書くことにします。
ちなみに読み方は同じ「ゆび、シ」です)

SN3Q0274.jpg
これさぁ、良くないでしょ。
爪もやられてると思う。
赤紫色だし・・・腫れてて、きっと中に膿が溜まってるし。
木曜日、受診でどうなるか。

この黒い部分で1cmくらいなの。
たかがカサブタ程度に見えると思うんだけど。
これがロキソニンを負かし、トラムセット投下しないと治まらない痛みを発生するの。
・・・あ、違う。痛いのは黒いとこじゃなくその周囲の赤紫のところでした。
黒いとこはもう死んでるので。

痛いし歩きにくいので、早く良くなって欲しいです。
(と言いつつ、時間がかかるのは薄々わかっています・・・)
スポンサーサイト

部活動

あっくん日記が続きますね、すみません。

中学・高校の特徴的なことのひとつに部活動があると思います。
あっくんの学校にも文科系・体育系それぞれ10ずつ部活動(外局含む)があります。

しかし、地元の公立中学に進んだ同級生に聞くと、
体育系は5~6くらいあるものの、文科系はたった2つしかないと。
運動得意な子はまだいいけど、運動が好きじゃない・得意じゃない子は・・・かなり厳しい。
部活をしたくないんじゃなく、選べるものが無くて帰宅部。って子もいるのかも。

その点、あっくんの学校は中高一貫なので単純に生徒数が多く(中学生しか居ない学校よりも)
しかも男子しか居ないので、男子好みの部活に特化することができるし
(茶道部、華道部などは必然的に無いですよね)
選択の幅は広くていいなと思います。

あっくんの学校は「勉強ばかりさせられて、部活も満足にさせてもらえない」
「申し訳程度にしてるだけ」などと言われています。
確かに、地元の学校の話を聞くと(体育系)、休みは週1日だけ。平日は18:45まで活動。
土日ももちろん活動。朝練があるところもあり。 ←スゲー!って思います。
あっくんの学校は、スクールバスで通学している関係もあり、遅くても18:00(又は17:40)の
バスに乗れるまでしか活動はしません。日曜日はバスがないので休み。
日曜以外の全日活動している部活もないと思います。週3日とか4日とかが多いのでは。
こう比較すると「ほら、満足にさせてもらえてないじゃん」ということなのでしょうが。
でもさ。それが「イコール可哀想」ではないでしょ。
私立なので、それをわかってて、そういう学校を選んで進学したのだし。
ハードに、公立並みに部活をすることばかりがいいとも限らないと思うし。
そして、実際に勉強は公立より厳しいです。内容も難しかったり、進度も速かったり。
そしたら勉強に取られる(取ってほしい)時間を確保すれば、
必然的に「毎日暗くなるまで部活」ということはできないです。1日は24時間しかない。
「限界まで部活に打ち込むのが中学生のあるべき姿」ってことは、ないですよね。
もちろん、部活で得られるものはたくさんあると思います。
限界まで打ち込むからこそ得られるものもあるのかもしれない。週3日なんかじゃ得られないものも。
でも・・・勉強に力を入れようと思えば、その埋め合わせはどこかでつけなきゃならないし。
公立中から見たら「甘過ぎる」っていう程度の部活しかできなくても、
それは仕方のないことだと思います。「そういう学校」ということです。
色んな青春があるのさっ!ね(*^^)v

ということで。
柔道部と囲碁将棋部を体験したあっくんは、柔道部に入部することにしましたとさ。

忘れてました

2月に、受験終了後にぽっかり脱力にならないようにと受けた漢検4級。
そして6月7日に受けた英検4級。 ←あら、どちらも4級(笑)

両方合格しました!

・・・頑張ってんじゃん、あっくん。
そう思うんだけど。でもあの成績には、ねぇ~。

成績

あっくんの学校は3学期制です。
今は2学期制(前期・後期)が主流だと思いますが、昔ながらの3学期制。
なので、定期試験は年5回(1学期中間・期末、2学期中間・期末、3学期学年末)あります。
入学して初めての定期試験(1学期中間)が5月末にあり、その成績表が先日届きました。

悪いです。半端じゃなく。

あっくん個人の成績表と共に、各教科上位20名の名前一覧表も来ましたが、
そんなものかすりもしません。遥か下。(ちなみにあっくんの学年は135名)
特に代数(数学は代数と幾何に分かれています)の成績なんて・・・絶句。

北海道の中学受験ではトップクラスと言われ、
道内の小学校から学年1位みたいな子ばかり揃い、
道外からも入学してくる学校で、こんな結果を予想していなかった訳ではありません。
上位なんて行けるわけがない、そんな甘い学校じゃない。
そう思いながら、あっくんも私自身も、どこか(でももしかしたら)なんて甘く見ていたのかも。
現実は厳しかった・・・

でも、私は良かったのかもしれないと思う。
甘い考えから往復ビンタくらいの衝撃を受けて、目覚めさせてくれた方が。
・・・しかし。あっくんはこんな衝撃を受けてもまだ目覚めていない様子。

どう思うの?と聞けば「悔しい、この次は頑張る」と言うけど、
とにかくゲームゲームで、勉強なんて適当。
宿題は辛うじてやってるけど、ゲームをするために最小限済ませてる感じ。
お尻に火がついた感じは全く見受けられません。
こんなもんなのか?中1って。

でもね。
ほっとくことにします。
次の試験(7月2週目)に向けて、絶対今より上げてやろうと思えば、
去年の受験前と同じく私がガミガミ言ってあっくんに貼り付いて監視してゲームも取り上げ、
付きっきりで「私が」強制すれば、上がるのかもしれない。
でもそれじゃ、ダメでしょ。今後もずっとそのスタイル?
あっくんにとって勉強は
「お母さんから強制されて監視されてさせられるもの」では、ダメでしょ。
「勉強はしたくないけど、この成績はマジでヤバいから、これはやらなくちゃ」と
自分で気付いてくれないと。ゲームしたい気持ちをコントロールできないと。
本当は今回の結果でそう思ってくれることを期待したんだけど、
まだそこまで達していないようです。・・・いつ達してくれるのやら。
達した頃には手遅れじゃないといいけどね。でも自力で達するまでほっとくわ。

と、心に決めたけど、これまた私も結構しんどい(笑)
もーよっぽど「勉強しなさい!」と怒鳴ってる方がどれほど楽か。
勉強せずにテレビ見て笑って、夢中になってゲームしてる姿を見てると
腹が立ってしょうがないので、自室に籠ってしまいます。
でもあっくんは私がどうして不機嫌なのかすらピンと来てない様子。
これまた腹が立つ。

スタートダッシュだけがいいわけじゃないと思う。
今回(や次回)の成績だけで6年間が決まるわけでもない。
成績のいい子の中に、もし親や塾などから「させられ勉強」の子が混じってるとしたら、
その子が「自分でする勉強」に移行できなければ、今後厳しいと思うし。
底まで落ちても、「自分の意志でする勉強」をつかめることが、
長い目で考えれば大切だと思う。←これって理想論?
そんなこと言ってないでとにかく目先の試験のために監視してさせたほうがいいの?
迷う迷う、母親としてもまだまだ若輩者の私。

「総括」したのに・・・チョーット待ったァ!

(チョーット待ったァ!はねるとん風にお願いします)←って言っても知らない人多いのかな・・・

5月に総括して、たぶんほんの少しあとから
「やれやれ、今シーズンは大したことなく終わったよ」なんて言ってる私を嘲笑うかのように
赤紫色に腫れてきて、痛みも出てきて、ジクジクと膿が出てきました。
明らかに炎症状態。
こりゃダメだわと思って、予約日より前(6月1週目)に整形受診。
膿が溜まってるところに針を刺して膿を出して、内服の抗生剤処方。
これで落ち着くでしょと、先生も私も思った。過去もそうだったし。
・・・ところがっ!
抗生剤が合ってないらしい。全然炎症が退かない。
痛みも、けっこう激しいこともあり。痛みが激しいとびっこも酷いし。
15日受診。前回培養検査もしてるから、きっと抗生剤合ってないことも判明するから、
別な抗生剤出して仕切り直しだな。
ま、こっちは薬さえ合えば何とかなると思ってる。

もっと恐ろしいことが。
今炎症の人差し指の隣り、親指。
今のところ何ともないんだけど。
白いのさ。明らかにレイノーさ。
今は傷もないし痛みもないし、もちろん全く壊死もない。
でも。白いのさ。これは嫌あああああ~な予感。
来シーズン悪くなる最有力候補。

足の親指がダメになったら、大変なことになるよ。歩けなくなるよ。
今回人差し指がやられて、人差し指くらい大したことないと思ってたけど、
こんなに歩行に支障が出て、バカにできないなぁと思い知ったのに、
親指がこんなことになったら!ほんとに、体重掛けられなくなる。
杖必須。もしかすると車椅子ものだわ。
恐い。めっちゃ恐い。
でも止められない。これはもう神に祈るしか方法ない。
主治医は「とにかく冷やすな!」しか言わないけど、
24時間40℃のお湯にでも浸けていられるのなら効果もあるかもしれないけど、
主治医の言うことは絶対実行不可能なレベルのこと。
普通の生活で、なんとか少しでも冷やさないように努力・・・くらいでは、
このレイノーの威力には全く勝てない。それはSLEを治癒させられるか?と同じレベル。
歩けなくなるのはほんとに困る、回避したい!
御朱印もらいにあちこち神社詣りして、神様にお願いしよう・・・助けてぇ~(>_<)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。