ゆかりんだの日記♪

コメント頂けるととっても嬉しいです。よろしくお願いしますm(_ _)m       《「あっくんの日記」は青色の文字で、「家」に関してはピンク色の文字で書いています。》  ※お知らせ※ 皆さんからいただく「コメント」は「承認後表示」となっています。
2014年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年10月
ARCHIVE ≫ 2014年10月
      

≪ 前月 |  2014年10月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

○○してあげる、○○させていただく

「してあげる」場面って、敢えて「してあげました」とは言わなくても
色々あると思う。
子供がいれば、子供に対してすることは殆ど「してあげる」な気がするし
それ以外でも、友達や家族や、外に出ればすれ違う人にだって
相手に配慮して何かしようと思えば「してあげる」に値するのかもしれない。
でも敢えて「してあげた」と言わない、表現しないのは、
そんな恩着せがましいこと言いたくないし、
「してください」とお願いされたからした訳でもないし。

それに加え、私は「結局自分がそうしたかったからでしょ?」と思う。
相手のためを思ってしてるようなことも、結局は自分の満足。
私はそう思う。

そして。最近何かと「○○させていただく」連発する人が多いけど、
これも、相手を立てて、相手のお陰ですることができましたと、感謝しているようで、
別に相手など関係なく自分の意思でそうしただけでしょ?と思う。

どちらも、
自分が「する」ことの覚悟、決意、責任がぼやける言葉。
勿論「してあげる」「させていただく」という表現が必要な場面もあるとは思うけど、
「する」と言い切れる自分でいたいと、私は思っている。



ほんとはレイノーの報告をしなきゃと思ってるのに(写真も載せなきゃと)
延び延びになっていて、そしてこんな、今じゃなくてもいいようなことを。
すみませんm(__)m
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。