ゆかりんだの日記♪

コメント頂けるととっても嬉しいです。よろしくお願いしますm(_ _)m       《「あっくんの日記」は青色の文字で、「家」に関してはピンク色の文字で書いています。》  ※お知らせ※ 皆さんからいただく「コメント」は「承認後表示」となっています。
2012年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年12月
ARCHIVE ≫ 2012年12月
      

≪ 前月 |  2012年12月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

明日から

明日(12月28日)から1月4日まで、夫の実家に帰省してきます。
お正月を義実家で迎えるのは…4年振り!?
前回はあっくんの入学を控えランドセルを買いに行きました。
そのあっくんも4年生。
去年と一昨年はニセコのペンションで年越しだったので、
気楽で温泉にも入れてご馳走も食べてサイコーだったんだけど、
今年は久々に「お嫁さん」の年越しです。

明日帰って、でもあさっては早速お出かけ。ノボテル甲子園に泊まって
30日キッザニア甲子園に行ってきます。3月に続き2度目。
今回はバウムクーヘン作りが狙い目かなー。
大みそかは、つっちゃんとあっくんは家の近くのお寺に除夜の鐘をつきに行く予定です。
初詣は今年は京都の北野天満宮にしようか!?と。
3日は、家族写真を撮るとおばあちゃんから言われています。
数年に一度撮るんですよね…
あと、滞在中に鼎泰豐(ディンタイフォン)に小籠包を食べに行きたい!!と思っています。
北海道では食べられないの~。だから是非!
そして4日の夕方帰宅します。

帰省中も勉強しないと追いつかないので、あっくんは宿題持参です。
私は年賀状持参になりそうな予感…

今年はあっくんが英語と柔道を始め、私はギターを始めました。
友の会の事務局と読み聞かせサークルの活動も引き続き。
春休みはキッザニア(この時が初めて)に行ったり、夏休みは車で東北を巡りました。
福山さんのライブには9月と12月2度も!しかもどちらも横浜遠征で!行かせてもらいました。
12月あっくん入院のアクシデントがありましたが、大事に至らず楽しめる範囲でした。
来年も元気に過ごせたらいいなと思っています。

皆さま、どうぞ佳いお年をお迎えください。
スポンサーサイト

お別れ

今日はクリスマス。
今年のクリスマスは悲しいクリスマスになってしまいました。
最後のプレゼントになったからです。

あっくんの初めてのクリスマスプレゼントは幼稚園の年少さんの時でした。
こちら
幼稚園に来たサンタを本物だと思っていたので、
「その帰りにうちにも寄ったんだよ」というと大喜び。
全く疑うことなく、信じていました。

年長さんの時は、25日(クリスマス当日)おばあちゃんのところへ
一人で飛行機に乗って行くことになっていたので、
サンタさんは1日早くプレゼントを持ってきてくれました。
こちら
サンタさん宛のお手紙を読みに来る時、ちゃんとあっくんの予定も把握してくれる、
優しいサンタさんでした。

あっくんのサンタさん感はこの絵本に由来しています。
サンタクロースと小人たちサンタクロースと小人たち
作・絵:マウリ・クンナス / 訳:稲垣 美晴出版社:偕成社絵本ナビ

理屈っぽい子向けの構成だと思います(笑)
お陰でこの歳までしっかり信じきることができました。
あっくんは秋になるとサンタ宛に手紙を書いて壁に貼り、
ころあいを見て私が「昨日お母さんが寝る時、なんかカーテンの向こうにコソッと見えたから
もしかしたら小人だったかも!?」と信憑性を高めます。
最近は新聞などでも「サンタ発見!?」とか夢を書きたてる記事も載るので
いよいよ疑う余地なく夢は膨らんでいました。

去年は、サンタ宛の手紙に私の買い物メモ(紅茶の銘柄)を貼っていたので
「サンタが間違ってお母さんの紅茶も持ってきちゃうかもね」と言っていたら
本当に紅茶が1つ入っていて!「慌てんぼうのサンタクロース」さながらでした。

そして、今年。

あっくんがドキドキして居間に降りると、ちゃんとプレゼントが。
大喜びで袋を開けて、希望の物(いなずまイレブンのカードゲーム)が入っていて
喜んで見入ったあと、毎年入っているサンタからのカード。
「柔道や書道を頑張っていますね・・・」声に出して読んでくれました。
そのあと、右のページに目を移し・・・

「悲しいお知らせだった」
涙も出ないほど驚き、「お母さん、自分で読んで」と、カードを渡してくれました。


Aくん。サンタは今年でお別れです。
サンタは世界中のたくさんの子供たちのところへ行かなくてはならないので、
Aくんは今年10才になったので、今年が最後です。
毎年楽しみに待っていてくれてありがとう。
プレゼントを持ってAくんのところへ来るのが、サンタも楽しみでした。
お別れはさみしいけど、Aくんが立派なお兄さんになった証です。
これからもいろいろなことに挑戦して、元気にがんばってください。
そしたらきっと、お父さんやお母さんがサンタの代わりにクリスマスプレゼントをくれることでしょう。
サンタはずっとAくんのことを忘れません。いつかこっそり成長したAくんをのぞきにきます。
元気でね。
サンタより


4年生で終わりっていうことなのかなぁ、
早生まれの人は来年も来るのかな?でもそれじゃずるいよね・・・
みんなのとこにもお別れの手紙が行ってるのかなぁ・・・
プレゼントを喜びながらも目を潤ませ、朝ご飯を食べながら泣き、
「じゃあ来年からはお母さん達が代わりにプレゼントをあげるから」と言っても
それじゃ違うんだ、と。サンタが来てくれることが楽しみだったのに・・・と
でも、自分なりに受け入れようとしていました。

私は「お母さん達がプレゼントくれるならサンタじゃなくてもいいや」と
あっさり言うかな~と思ってたんだけど、
私が思うより以上に、サンタへの想いは深かったみたいです。

そして。
学校へ行く前に、いつもサンタ宛の手紙を貼る場所に、あっくんが手紙を貼りました。


サンタさんへ
いままでありがとうございました。
最初は、お別れと聞いたとき、声も出ませんでした。
でも、りっぱなお兄さんになって卒業したと思いました。
クリスマスの日に、時間があればでいいので、手紙をください。
まってます。
Aより


これはやっぱり・・・
来年、カードだけは必要でしょうか・・・

4連覇

今日は席書大会の展覧会に行ってきました。
あっくん、小1から4年連続「特選」です。
今年の字は「安全」

SN3Q00220001.jpg
毎年書く日は私も会場に行って一緒に選んでいたんだけど
今年は都合が付かず、あっくん本人と先生に選んでもらいました。
だから今日初めて見たんだけど・・・
うん、頑張ってる。いい字を書けていると思います。
本当は特選の上の賞を取りたくて頑張ったのだけど取れなかったから
あっくんとしては悔しいようだけど、特選でも十分立派な賞だと思うし。
来年も頑張ってほしいと思います。

びっしょりしてきました

12月15日(土)、横浜まで彼の歌声を聞きに行ってきました。
(だってぇ~チケットの抽選に当たっちゃったんだもんっ)

huyukansha.png
福山☆冬の大感謝祭 其の十二 史上最大の10DAYS!! HOTEL de 福山
~お前とGAMEするBeautiful liveな十日間!!~

今年は2度も横浜まで出向いてしまいました。
贅沢してごめんなさい、もうしません(まるで子供の謝罪)。

今回は10daysということで、私が行ったのはその初日!
初日を狙ったという訳ではなく、行けるのがその日しかなかったというだけ。
だから、その日しかエントリーしなかったし、それが外れたらあっさり諦めようと
思ってたんだけど、いつもいい子にしているので(?)見事に当たりました☆
12月初めのあっくんの入院で「もしや行けなくなる!?」という危機もありましたが
いつもいい子にしているので(??)天候悪化もなく、行くことができました。

ライブの感想を。ちょこっとづつ。

Around the World
Asahiスーパードライのコマーシャルの曲。
初日・1曲目。ほんとにほんとに最初。拳を振り上げるのも遠慮がちに(笑)
でも、こういうインストで始まるって、やっぱり弾きたいんだなぁ~って気がする。

Red×Blue
これはインストじゃないけど、でも「やっぱり、やっぱり弾きたいんでしょ」って思う。
ちょっとお久しぶりだったなぁ。だから嬉しかった。
TDLエレクトリカルパレード状態で会場一周してました。

All My Loving
この曲って、初期のsweet songで、もう聴いてて笑顔いっぱいになっちゃう。
「キミが~欲しいよ~♪」のところで指さされちゃうと
「ギャアアアア~!!」絶叫!!・・・と思ってたんだけど、
今回は初日だったからなのか、もうその当時のことを知ってるファンが少ないのか、
あまり絶叫じゃなかったなぁ。ファンの年齢が上がっちゃったからかな?

kissして
柴咲コウさんに提供した歌。
これも「kissしてぇぇ~!!」絶叫!!と思ってたんだけど・・・
あまり、絶叫じゃなかった(ショボン)
福山さんに耳に手あてられちゃったよ。

Blue Smoky
無流行歌祭(昨年)で投票最下位だったアルバム曲。
そか、だから歌詞が変わってたんだ・・・
でも私はオリジナルがやっぱり好きだよ。

Girl2012
これは1992年のアルバム曲のリメイクなんだけど、
やたらと「ドレミファソラシド」が耳について、私は好きじゃないと思ってた。
今回のライブでももちろん「ドレミファソラシド」だったんだけど、
そこがCDで聴くより突出してなくて、綺麗にまとまった感じで、
少しは聴きやすくなっていたので良かったかなぁ・・・(でもやっぱりオリジナルがいいです)

愛は風のように
Sing a Songっていうアルバムの曲で、
アルバム全体が爽やかな感じだけど、この曲は特に。初夏の涼しい風が流れてく。
(外の大雪を忘れさせてくれる・・・)

Good Job
これもSing a Songからの曲。これはちょっと爽やか系じゃない(笑)


発掘しましたねぇ~まだブレイクする前の曲・・・
この曲と、次のGood Nightはなんとピアノ弾き語り!
手のアップの時、指が震えてました・・・可哀想に。
私はね、普通にギターで弾いたって良かったんじゃないの?って思う。
それでもピアノ弾き語りにチャレンジしたかったのかなぁ・・・


こういうアルバムの曲、しかも少し古い曲が続くと、
最近のファンの方達はちょっと辛いんじゃないでしょうか。
偏見かもしれないけど、私の前の席だった60代風のオネエ様達は全くわからなかったと思う・・・

Good Night
これは古いけど、一番最初に売れた曲だし、割と知名度が高いので、ね。
メジャー過ぎるけど、やっぱり好きだ。

誕生日には真白な百合を
新曲です!宇宙初披露!!
「家族になろうよ」第2弾って感じで、親に対する感謝・愛情の曲。
私的には「家族になろうよ」より好きかなぁ。自分にしっくりくるかなぁ。
でも、百合って花弁の粉が落ちるし香りがきつ過ぎるから、
あまり写真の前に飾りたくないのよね・・・(っていうのが本音)

Message
これも笑顔満面になる曲。大好き♪
この曲もライブで叫んでた気がするなぁ~。

生きてる生きてく
劇場版ドラえもんの主題歌になった曲。
今回のライブの中でも、映像で「福山雅秋」登場してました☆

Revolution Evolution
これもAsahiスーパードライのコマーシャル曲。
私はこっちの方が好き♪
すっごく楽しそうに弾いてた。少年の笑顔で弾いてた。

GAME
ロンドンオリンピックのテレビ朝日系列テーマソングでした。
どうでもいいんですけど、前奏のコーラス?男の人達の叫び声?吠え声?が
「アリガトウ(アーガトウ、とか)」に聞こえるのですが(たぶん私だけ)
今回は化身がなかったので、ここで「炎ボォ~↑↑」来ましたねぇ。
(この演出、結構暑いんですよね。それでなくても会場はヒートアップして
半袖で全然OK!ってくらい温度上昇してるのに)
FC男性会員のみで撮影されたPVの裏話(といっても結構有名)も披露されました。
2回「揉まれた」決定的瞬間もリピートで(あぁ~ん♪)
福山さん曰く「どうだったか、是非感想を聞きたい」とのこと。

Like a Hurricane
・・・え、この曲ってシングルじゃなかったのか!?あれ??
アルバムに入ってるだけの曲だった??何かの番組の主題歌とか挿入歌だっけ・・・?
歌詞がR18仕様って感じに変えられてて。凄かった。公共の電波には乗せられないでしょ。
これもライブの醍醐味ですよねぇ~こういう遊びは楽しいと思います。
女子はちょっと赤面だったと思います。

心color ~a song for the wonderful year~
REGZAのコマーシャルの曲でした。

Beautiful Life
SK-Ⅱのコマーシャルの曲ですね。
確かギターなしで手ぶらで歌ってたはず。
・・・今回ギターなしが多く感じたのは、前回の「夏の大感謝祭」が
ずっとギター弾きっぱなしだったから、なのかなぁ。


ここからアンコールで↓
MELODY
これくらいの「初期」の曲は思い出すことがたくさんあって。
20代の時の気持ちに一気にワープ!
前奏のトランペットと共にギャアア~!!です。
歌詞の「メロディ~♪」のところは、みんなのでっかい声届けた方がいいと思うんだけどなぁ。

少年
この曲の合唱のところは割と皆さん声が出ていたから、
やっぱり古い曲はあまり知らない方も多いってことなのね・・・

家族になろうよ
(たぶん)YAMAHAのギターで。私のギターもYAMAHAだからちょっと嬉しい☆
でも曲はねぇ。・・・ま、いい曲ですよね。好みの問題ですからね(笑)



福山さんのライブに限らず、北海道ってやっぱり田舎だし、
都会の人よりライブ経験が少ないから?ノリが悪いとか言われてるのを聞いたことがあって
今回横浜で、どれだけ都会の人はすごいのかしら?と思って行ったのだけど、
正直「かわらない」(笑)
初日なので、誰もセトリを知らず、福山さん本人すら緊張感が漂うライブで
そういうことが理由だったのかなーと思うけど。
でも「北海道だからって『ノリが悪くてごめんなさい』っていじけることないんだ」と
自信が持てました。
横浜と言っても全国各地から集まってるから、全国各地のノリが再現されてるんだものね、
そこにはもちろん北海道も含まれてるんだから。

12月半ばの雨に面くらい、
物販会場の意味不明・管理不能の行列にいら立ち、
帰り道の交差点で柵と人の流れで押しつぶされ、
出席確認で「北海道から来たという方~?」で思い切り「はーい!」と手を挙げ
周りから注目を浴び若干ドヤ顔(笑)
(でも今回は「海に面してない8県」がオイシかったかも)
びっしょり、楽しかったです。

お母さん…ある?

3月のコレに引き続き。

(1年度に1回こういう授業があるんですかね?)

先日、急にあっくんからの質問。

お母さん、月経ある?

あ、あるよ…


よかったぁぁ~あって(笑)

危ないよ、だって。あと数年後だったらヤバかったかも。
あるうちでよかった…しみじみ。

僕は月経は無いんだよ、男だから。僕は射精
  初めての月経は初潮。初めての射精は精通。
  だから、僕は精通と射精。…精通の時どうしたらいいか教えてね。

お母さん、あっくんの精通に立ち会うんでしょうか…
恐ろしい、恐ろし過ぎる…
大笑いでごまかすしかできない母でした…


来年度はどうなるんだろう。恐い…

激震(病気のことじゃなくて)

本人がベラベラあちこちで言っちゃってるので、いいんですけどね…

あっくん、中学を受験しようと思うんです。

その動機が「ヨーロッパに修学旅行に行きたいから」…そんな理由かい。
お金かかるんだよ。学校にだってその修学旅行にだって、めちゃめちゃかかるんだよ。
自由に言ってるけどさ…
しかもめちゃめちゃ頑張らないとそんな学校行けないよ…

頑張ってみることにしました。

あっくんは小1の時からZ会の通信教育をしているのですが、
それを受験コースに変更してみました。11月から。
でも、そのコースは小3から始まっちゃってるんですね、既に。
だから小4の11月からだと随分進んでいるところに横入り状態なんです。
学校の進度に関係なく(つまり先取り)進んでいるので、
11月の教材第1回目からお手上げ状態。小5の範囲の問題でした。
いきなりお母さんとの2人3脚です。
そんなこと言っても親だって子供に説明しながらできるほどわかるわけないじゃん!
…の場合のために、親用のサポートブックがあるんですけどね^^;
それでも必死です。
そうやって、教材第1日目なんとか終了。
翌日からも一緒にやらないとならないんだろうな~と覚悟していたら、
「できたよ」と言ってきた。「理科だったし…」と。
まぁ、理科や社会ならなんとかできるのかなぁ?…国語も?
でも算数は無理でしょう…と思ってたら、算数の日も「なんとかできた」と言う。
しかも、10月までと殆ど変わらない時間で部屋から降りてくる。
そんなにできるものなの?初日あんなに大変だったのに。
でも「できた」と言うから、任せていた。

そこで、月末の体調不良。そして今週の入院。
入院中も勉強進めないと遅れちゃうよ、12月の分来ちゃってるし…
本人は入院しちゃったので、教材をリュックに詰めて病室に持っていくことにしました。
部屋へ行って教材を手に取ると…

驚愕の事実。

ほとんどやってない。

もうね、溶連菌よりリンパの腫脹より、私にとってはこっちのほうがずっと激震。

ウソついてたってことが。

「うちの子に限って(バカ親がよく言う言葉)」そんなことはしないと思ってた。
もししないことがあっても、正直に「やらなかった」「できなかった」と言うと思ってたのに。

これはしっかり話をしなくてはならない。
ただガミガミ怒って「お母さんが恐いからやらなきゃ」で終わらせてはいけない。

翌朝病室へ行き、朝食・回診・清拭…病院のスケジュールを終え、
昼食の時間まで少し間があった。
「あっくん、お母さん話があるんだけど。なんのことかわかる?」
「…勉強のこと?」…わかってんじゃん。そりゃわかるよね。
病室では恥ずかしいので場所を変えて2人で話した。
どうしてやらなかったか。
どうしてやらないとならないのか。
やるためにはどうしたらいいのか。
そこを明確にして、自分の気持ちでやれるようにしないと。

幼児の時と違って、大泣きしてただ「ごめんなさい」を連呼するだけではなかった。
ちょっと泣いてたけど、自分で考えている風だった。
その場だけ頭を下げて神妙にしておいて、嵐が過ぎるのを待とう…と
そこまでヒネているとは思いたくない。
我が子だからね。親は信じるさ。親バカだから。

私も悪かったと思う。明らかに難しい内容ってわかってるのに、
あまりにも任せ過ぎだった。
干渉し過ぎるのもうるさくて嫌だろうけど、
子供の様子に併せて声をかけたり見てやるべきだった。まだ小学生なんだし。
しかも甘えん坊なんだし。

「もう受験やめる」ってあっさり言うかと思ったら
「受験するんだから!」と、頑張っています(ちょっと意外)。
病み上がりなのに帰宅後も勉強三昧です。
でもそれは自分のせいなのだから。

大変だな、今どきの子供は。
(いや、親も)

意外と、初めての

入院してました。
(お陰様で既に退院しています)
あっくんって生まれた時も未熟児だし、
そのあとも中耳炎や自家中毒や、喘息っぽいこともあったし、
色々してるから、何回か入院しててもおかしくない風なんだけど。
生まれた時の1ヶ月入院以来、初めての入院でした。

先週金曜日、インフルエンザの予防接種(2回目)に行きました。
この時体温が37.2℃あったんだけど、子供なんてすぐ37℃代になるし、
先生もOK出したので、予定通り接種してきました。
帰宅して、夕食頃から「熱が出てきた」と。確かに38℃代。
副反応かなぁ…?解熱の座薬を入れました。
ちょっと下がって、寝て、また夜中に上がってきて39℃代、また座薬入れて、
でも今度は座薬も全く効かず朝も39℃代。半ベソで唸るくらい倦怠感。
土曜日、朝イチで小児科へ。
やっぱり予防接種の副反応を疑われましたが、他の菌の可能性もあるので…と
尿検査や喉と鼻の検査、採血もして…
そしたらなんとっ!
溶連菌出ちゃいました…
抗生剤を飲めばすぐ治まってきますからと、土曜日から即飲み始めて、
確かに土曜日いっぱいは39℃代でしたが次の日から下がりだし、
でも、喉を痛がったり舌を痛がったり、月曜の朝はちょっと吐いたりしたので、
イマイチすっきりしなかったので再度月曜日受診。学校は翌日からにしようと思って。
そしたら…
採血の炎症反応(CRP)の下がりが悪いのと、リンパが腫れてるので、
「毎日病院に通って注射するという方法もありますが、
長引くのも厄介だし、入院して治療する方が…どうしますか?」と。
私も、年末に向けさっさと終わらせたい気持ちがあったので、入院しよう!と。
決めちゃいました。
そしたらショックを受けやすいあっくんはシクシクと。
構っちゃられないので、依頼状持って入院先の病院へ直行。
外来で診察して病棟へ。4人部屋。
そしたらあっくんより数時間遅れてちょうど同年代の子が入院。
もともと居た赤ちゃんと合わせて3人になりました。
すぐ点滴を入れられて24時間キープ。
1日2回の抗生剤静注のための入院でした。
泣くほどショックだったあっくんも、「毎回給食が出るんだね」とか
「この着物(病衣)いいね」とか、段々慣れ、ベッドに転がってゲームはできるし、
快適な入院生活。
熱は既に出なくなっていたし、唯一リンパの腫れているところ(左首)が
痛いだけで、それも「触ったら痛い」くらいのもので、
全然苦痛ってほどではなく、すっかり「楽しいお泊まり会」となっていました。
入院翌日(火曜日)エコー検査をして、3センチ大の腫脹があるとのこと。
でも炎症が引けば消退するでしょうとのことで、
木曜日(今日)朝の回診で、「これから採血をして、結果が良ければ退院」と言われ
CRPは正常値!白血球も正常値!で、退院のはこびとなりました。
3泊4日、いい経験となりました。

そして来週は10歳の誕生日です。
…やっぱり毎年、誕生日頃には何かが起こる。
私だったりあっくんだったり、ホントに必ず何かが起こる。
今年もやっちゃいました…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。