ゆかりんだの日記♪

コメント頂けるととっても嬉しいです。よろしくお願いしますm(_ _)m       《「あっくんの日記」は青色の文字で、「家」に関してはピンク色の文字で書いています。》  ※お知らせ※ 皆さんからいただく「コメント」は「承認後表示」となっています。
2012年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2012年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年09月
ARCHIVE ≫ 2012年09月
      

≪ 前月 |  2012年09月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

お綾や過ちを…

先日「読み聞かせ技術講座」というのを受けてきました。

私、小学校で読み聞かせのサークルに入っています(知ってるよ!って?)。
今年は、あっくんの学年(4年生)に加え、1年生も読み聞かせしています。
去年も同じような講座があったのですが抽選に漏れてしまい、今年初受講でした。

講師は小泉笑美子さんという方でした。

受講した感想は、一言で言うと

私の「昔取ったキネズカ」は、無駄じゃなかった!ということ。

ただ、あまりに声が伸びなくて声が出なくて、愕然としましたが。
それは私の衰えであって、やっていた内容がここまで本当にちゃんとしてたとは
もっといい加減なものだと思ってたから(ごめんなさい先輩)。
だって、腹式呼吸の仕方とか、息を吸ったあと溜めてから声を出すとか
狙いを定めてそこにぶつけるようにとか、アエイウエオアオの口の開け方とか
ほんとに、四半世紀前に先輩に教わったのと同じでした。
懐かしの「お綾や過ちを・・・」あれ?習ったのと違う?
私は「母親に」お謝りだと思ったのに、「親に」になってた(笑)
鼻濁音も私はお陰様でスムーズにできたけど、やっぱりできない人は「ンガ」になってるし。
若いうちに習得していて本当に良かった。

最後に実践で、グループで読みの発表をするんだけど、
この先生のやり方は最大限情感たっぷりで読むんだけど、
読み聞かせって、そういう「色」を付けないで読む方法もあって、
そっちも習ってみたかったなと思う。
私が情感たっぷり派なので、そっちはできちゃう(というか、それしかできない私)ので、
色を付けない良さとか、その技法とか、学んでみたい気もする。

楽しい時間でした。
スポンサーサイト

初泣き

行ってきました。
kanshasai.jpg
9時に品川のホテルを出発し、おにぎりを買ったりして、10時少し前に到着。
10時からグッズ販売開始なのに既に長蛇の列。でも並ばなきゃ買えないから並ぶ。
並び始めて1時間後にやっとお目当てのキャップ購入。
そのあと10月10日発売のCD予約。特典のBeautiful Waterが目当てだったけど、
これはまんまと釣られたなーという代物で(笑)でも、まぁいいっか。
ここで昼食。おにぎり2個食べ、ちょうど食べ終わった頃からポツポツと雨。
だんだん激しくなり木陰に避難。傘は持っていなかったので合羽を着たけど
蒸し暑くてかなわない。一旦雨がやんだので、入場ゲートへ。まだ30分前だったけど並ぶ。
そしたらそこはヒサシのように雨があたらない場所で、
その後も開場までの間何度か雨が降ったりやんだり(時折土砂降り)したけど、
殆ど濡れることはなかった。結局1時過ぎからは降ることがなく、ライブ中も降らなかった。
席はステージから遥か彼方、「センター特大ホームラン」の場所。
でも、「アリーナで後ろよりいいよね」と自分に言い聞かせる。
「マシャネットFukuyama」も楽しく、待ってる間もいい時間だった。
でも「大明神」は行かなかった。すごい行列だったけど、私は魅力を感じず(笑)
今回は友達と一緒ではなく「おひとり様」だったけど、
普段から「誰かと一緒じゃないとダメぇ~」という性格じゃないので、
別におひとり様も苦じゃなかった。逆に気を遣わず快適なくらい。
お隣の人とも少し話して・・・埼玉の方でした。
予定より少し遅れて開演。
弾き語り=アコギ、と思っていたのに、一曲目いきなりエレキギター(笑)
マシャもそのあとのMCでそのことに触れていましたが・・・
でも、全体としては、やっぱりアコギ率が高かったと思います。

なんと、今回は、私がギターを始めて最初のライブだったんです。
もともと私は、マシャのライブでもマシャの顔だけずっと凝視してるタイプじゃなく、
ステージ全体の演出とか眺めとか空気を感じたい派なんですけど、
今回はギターとか手元とか、そっちの興味が出てきました。
あ!この前私が習った同じストロークしてるよ!とか(笑)
もちろん見ていたってわからないことだらけだし、まだまだ「眺めてるレベル」ですけど
これからもっとわかるようになったら楽しいだろうなぁ~。

今回のリストは、ファンの投票した「究極の九曲」を元に構成されているのですが
(私の「究極の九曲」はこちら
私が選んだ曲からは2曲入っていました。
「東京にもあったんだ」は、私がギターを始めたきっかけの曲で、
私の最終目標の曲なんですけど、
この曲は映画(東京タワー オカンとボクと、時々オトン)の主題歌だったせいか
ライブでは1回しかやってないと思う(私の記憶)。
だから本当に久しぶりに、しかも弾き語りで聴くことができて、
ほんとに泣いてしまった。「泣きそう」は何度もあるけど「泣いた」は初めて。
きっと私のために歌ってくれた。だから気持ちが届いて泣けたんだ。
(異議は受け付けません、勝手に思わせてください)
「Message」も懐かしくて嬉しかったし、
「明日へのマーチ」も久々に「la la la …」ができて嬉しかったし、
新曲の「Beauteui Life」は、美しい人ってどういう人かなぁって、
いわゆる「美人」ってことじゃない、どういう人だろう、
私は「美しい人」だろうか…と、想いながら聴いていました。
「もっとそばにきて」はなぜか大笑いしながら聴いていました。
実は先日この曲を猛練習して弾いていたので、自分の演奏とあまりの違いに大笑い(笑)
でも(大違いだけど)私だって弾けるもーん!と思うと、ちょっと嬉しかった。
私にとってはこの曲はキョンシー振りの曲じゃないです。手拍子だよ。
キョンシーやりたがる人の気がしれません。全然違うっしょ。
ただ「もたれていいよ~♪」では「キャー!!」絶叫ですけどね(笑)
最後の曲は「家族になろうよ」
うーん。ちょっとフクザツ。でも曲はいいからいいけど・・・「曲は」ね。
でもこの曲の時のギターがYAMAHAで!私の持ってるギターもYAMAHAで!
そりゃグレードは全然違うけど、とっても嬉しかったです。

全部マシャが歌ってくれれば満足ですけどね(と言いながら…)
「Peach!」とか「化身」の炎ボーッ!タオルグルグル!とかは、余計だったかな?
もっと「さすがは弾き語りでやっちゃいマッスルだわぁ」な曲を聴きたかったかも。
好きな曲ですけど。どちらも。でも今回はテーマに沿った曲が聴きたかった気がします。

絶対倒れられない!と思って、プレドニン盛りました(ナイショです)。
普段5ミリ1錠なのに2錠(つまり10ミリ、つまり倍量)いきました。
お陰で妙なテンションでホテル到着まで元気。
でも翌日はヤク切れで眠くてだるくて。
こんな使い方は良い子はしてはいけません。

野外で青空のもと、陽を感じ風を感じ、雲の流れを感じ時間の流れを感じ、
マシャの歌に描かれている「風」や「雨」や、デビューから今までの時の流れや、
重ねて想うことができる、最高の「演出」だったと思います。
ただ自然は過酷で、美しいだけではなくて、
現実は暑さとの戦いに必死な部分もありましたが。

Brosを大切にしてくれてありがとう。
一緒に時を重ねていけることを誇りに思っています。これからもずっと。

1週間後に!

これ。行くんです。
kanshasai.jpg
福山☆夏の大感謝祭

私は9月16日(日)。
だから、来週の今頃はもうライブが終わって余韻に浸ってる頃・・・

本当ならもう地に足が付かないくらいウキウキ状態でいいはずなのに・・・
昨日のブログの件で、すっかり水を差された状態で。
なんだか奥歯に物が挟まったような、スッキリしない気持ちです。
もちろん楽しみ!だけど、だけど・・・溜め息交じり。

でも、せっかくのライブを溜め息つきながらでは楽しめないので、
少しでもライブ前に片付け等終わらせて、
ライブ最中だけでも混じりっ気なしの気持ちで楽しんできたいです。

球場なので当然野外。野外ライブは初めて・・・じゃなかったわ(笑)
ずっと前にドリカムの石狩浜に行ったことあるなぁ。
でもそれ以来の超お久しぶり。
ライブ自体はたぶん3時間くらいだと思うけど、その前から並んだり、
終わっても即退場にもならないと思うので、かれこれ半日くらい外に居る羽目になる?
札幌はやっと猛暑も落ち着き30℃以下の気温になってきましたが、
たぶんライブの日は30℃超え。
私、大丈夫か?一人旅だし、誰も助けてくれないよ!?頑張れ私!

まずは、楽しめる気持ちに戻ろう。
こんなどんよりした気持ちで行きたくないよぉ~(泣)

そして、逃避したかった現実とは…

なんと。
義父母が来ることになりました。
9月25日~30日。5泊6日。

それ、反則でしょう!

もう5年以上、うちにくるのは7月下旬から9月上旬までの1ヶ月ちょいと決まっていました。
だからそこを過ぎたら来年まで可能性なし!と思いこんでいたのに。
そんな、そんなのってある???

数日前に「10月に行こうと思ってる」と突然宣告され、
それはもう息も止まるくらいの衝撃で、
思考も行動もなにもかも停止しそうになりました。
でもなんとか平常に戻し・・・
結局、上記の日程に落ち着きました。
先生の家庭訪問とかダスキンさんが家に入るとかいうレベルじゃないです。
盆と正月が一緒に来たなんて生易しいレベルじゃないです。
家をひっくり返して中身全部空っぽにしたい。
明日から(本当は今日から)猛ダッシュで掃除と片付け。
どうか神様、私に力をください・・・!!

好きでもね。

こんなハナシをしてもつまらないかもしれませんが、
私の現実逃避現象だと思って許してください。

私は福山雅治サンが大好きなのですが、
それでも、これだけたくさんの曲を歌われているので、
とても残念なのですが、苦手な曲があります。
ホントは全部好き!って言える方がいいのにな~と思うんだけど、
和菓子が大好きでもべこ餅だけは好きになれないのと同じで(同じなの?)。

1つは、
「虹」と言う曲。

繰り返されるフレーズがどうにも馴染めないんです。
だから歌詞が心に入ってこなくて。

もうひとつは、
「家族になろうよ」ゼクシィのコマーシャルの曲ですね。

いい曲ですよね。メロディは大好きです。だから聞き流すのは好き。
でも、この曲は歌詞に感動する曲。
・・・私も、客観的には感動できるんです。
でも「100年経っても好きでいてね」って
今うちに一緒に住んでる「夫」と呼ばれる人に思えないの。全く。
そんな恐ろしいこと。私はもうとっくに好きじゃないし、
1秒も好きでいられたら困る、頼むからやめてくれと思ってるのに。
しかも「あなたの笑顔によく似た男の子と・・・」って
夫みたいな人間にだけはしたくないと、あっくんのことを思ってるのに。
私の現状とかけ離れ過ぎて受け入れられない。
聞いてて辛すぎる。「こうなれ」と押し付けられてるみたいで。

ただ、最初はピンとこなかった曲(心colorは実はそうでした)も
あとから大好きになるってこともあるので。


あ、それから。
曲ではないのですが。
「マシャ」って呼ぶのが苦手です。気恥ずかしい。
私が好きになった頃はマシャなんて呼び名はありませんでした。
女性ファンもライブでは「福山ぁ~!」と叫んでいました。
あとは少数派で「雅治~!」とか「雅治さーん!」とか。
「マシャ~ッ!」はもっとあとです。
だから、最初からマシャなら平気だったかもしれないけど、今更っていうのと
若い子と一緒にマシャー!と黄色い声で叫んでいいものなの?というのと。
でも最近はすっかり一般的なので、仕方なく(ちょっと遠慮がちに)呼んでいます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。