ゆかりんだの日記♪

コメント頂けるととっても嬉しいです。よろしくお願いしますm(_ _)m       《「あっくんの日記」は青色の文字で、「家」に関してはピンク色の文字で書いています。》  ※お知らせ※ 皆さんからいただく「コメント」は「承認後表示」となっています。
2012年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2012年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年08月
ARCHIVE ≫ 2012年08月
      

≪ 前月 |  2012年08月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

お陰様

私が生きてること
私のすること
私の身の回りのもの
全て、お陰様。

朝、目が覚めることもお陰様。
トイレに行って、顔を洗って、
パンを焼いて、紅茶を入れて、
トマトを切って、
家族3人で朝ご飯を食べて、
茶碗を洗って、洗濯して、ギターの練習をして、テレビを見て
こうしてブログを書いて

ぜーんぶ、全てが、お陰様。

誰かに力を借りず、誰かに支えてもらわず、私だけの力でできてることなんて
なにひとつない。

仮に「私だけの力だ」と思ったとしても、
その「私」が存在してることがお陰様なのだから。



そして。
私も、誰かを支えるお陰様の一人になっている。
そう、それは誰しも。
今生まれたばかりの赤ちゃんも。
動くこともできないような人でも。
この世の人は誰でも全ての人が誰かを支え、誰かの力になり、
誰かのお陰様になってる。

みんなが、全てを支えられ、
みんなが、誰かを支えてる。



だから、いい加減なことなんてできないんだ。
みんなに支えられてる命を粗末にしちゃいけないし。
私は誰かを支えてるのだから、私に支えられてる人のためにも
しっかりしなくてはならない。



支えられてる責任。
支えてる責任。
スポンサーサイト

あっくんの夏休み

7月26日から8月19日までの夏休み。
過ぎたこととこれからのことをまとめてご報告。

27日は私の都合で午前中はミニ児。
お昼からポケモンの映画を見に行きました。

28・29日は、私の全道集会(苫小牧)に同行。
あちこちで、部会や支部の人に声をかけられる。
分科会の時は、部屋で暑い思いをしている私と裏腹に、
一番風通しのよいロビーで勉強。

30日はプール。今年は夏休みの水泳教室に申し込まなかったので、
この日だけ私の水中ウォーキングに同行し、一人自由遊泳コースで遊びました。

31日~2日、夏休みのメインイベント、林間学校。
ひっくり返りそうな重いリュックを背負い、盤渓会場へ。
あいにく2日目が雨で、川遊びなど外活動ができず、体育館や校舎を使ったようです。
でも、飯盒炊爨をしたり、テントを張る練習をしたり、五右衛門風呂に入ったり、
普段はインドアなあっくんなので「もう来年はいかない」と言うかと思ったら
「来年も行く!」ときっぱり。
黒くなって汗臭くなって、成長して帰ってきました。

3日は私とナッチと3人で「おおかみこどもの雨と雪」を見に行きました。
ナッチは号泣でしたがあっくんは「我慢した!」と。
大人は親の立場で見るから考えさせられたり感動したりするけど、
子供はどこに心を動かされるんだろう・・・
感動の押し付けはしたくないので、特に問いませんでした。

4日は私と二人で野球観戦@札幌ドーム。
アジアンフェスタをしていて、小籠包の美味しさに感動。
野球よりそっちを楽しんだ感じです。

5日はお父さんと航空ショーを見に行きましたが、
あいにく曇りで、飛行機の爆音は聞こえるのに飛行機は見えず(泣)
レラで遊んで帰ってきたようでした。

6日は木下大サーカスを見に行きました。
開場までの待ち時間と、中に入ってからの暑さ。
そしてバイクショーはうるさい(笑)
ライオンの猫背が可愛い。空中ブランコはさすがに花形ですね。

7日。数日前から足の虫刺されが水ぶくれになりどんどん成長し、
飴玉のようになったので、この日皮膚科へ。
切開してリンデロンVGとサトウザルベをもらってきました。
随分と古典的な処置だなー。でも子供だから自然治癒力もあるし、いいのかなー?

8日はお友達のMちゃんちと一緒にアサヒビール工場見学へ。
最後のネームプレート作りとジュース飲み放題(20分間)がお楽しみ。
そのあとのランチバイキングも楽しかったです。綿あめ4個?

ということで、11日から17日まで、青森~秋田~山形~新潟と、
車で旅行に行ってきます。
その間、きりたんぽ作りを体験し、自由研究にまとめます。
金曜日に帰ってきたら自由研究の完成と、2学期の準備。月曜日から学校。

夏休みの宿題は7月中に終わらせました!
通信教育の夏休みドリルも11日までに終了。
夏休み明けすぐにある漢字テストの準備も着々と。
勉強も頑張っています。

夏休みも残り10日!頑張れ私!(ん?私??)

洗濯ネット

洗濯ネットがほつれて穴が大きくなって、中身が出てきちゃうくらいになったので、
今日100均で買ってきた。

私が看護学校に入学が決まって、寮生活をすることになったとき母が買ってくれたもの。
約四半世紀、頑張ってくれた。
そこまで使い倒すか?って感じだけど、
そんなもの流行りがあるわけでもなく、買い換える理由もないし、
働くようになっても結婚しても引っ越しても、ずっと使ってた。
いよいよ用をなさなくなってしまったので、買い換えることにした。

看護学校時代の時の物は、どんなものも「戦友」って気がして、
洗濯ネットですらちょっとしんみりする。
看護学校の洗濯機は2槽式だった。
だから、洗濯機を使い始めると、洗濯室の丸椅子に座って本を読んだり、
ちょっと入れっぱなしで放置しちゃうと廊下で大声で呼ばれてしまって
迷惑をかけるので、洗濯室に滞在しない時も気が気でなかった。
洗濯が終わるのを待つ間、意外と先輩と交流できる時間だったり、
色んなことを思い出す。洗濯ネット1つで。

この洗濯ネットを買って持たせてくれた母の気持ちはどんなだったろうとか。
家で家事なんか手伝ったことない私に。



それにしても、どうして洗濯ネットってあんなに細分化してるの?
100均に行って、あまりの種類の多さにびっくり。
暫し立ちつくし、じっくり見ちゃったよ。
色んなタイプがあったけど、一番シンプルな形のを買った。
母が選んでくれたのと同じのを。
(っていうか、昔はこれしかなかったんだろうけど)

よい子

(あっくんのこと、というわけではありませんが、
小学校の話題なので青文字「あっくんの日記」としました)

あっくんの小学校の校長先生は女性。
でも、この場合性別はあまり関係ないかも。

この校長先生が全校集会などで児童に向かってお話をする時、
一番最初に

「○○小学校のよい子の皆さん、おはようございます(こんにちは)」

と言うのだけど。

私はいつもこの「よい子の皆さん」が気になってしょうがない。
正直、不快。
背筋がぞくぞくする。気持ち悪くて。

よい子。よい子ってなんだろう。
「○○小学校の皆さん」とか「○○小学校の児童の皆さん」とかではない、
「○○小学校の『よい子の』皆さん」

「よい子であれ!」と強要してるの?
「○○小学校の皆さんは全員よい子だって思ってるのよ」というアピール?

百歩譲って1年生の入学式とかならまだ許せる、よい子。
でも、全校集会って1~6年生までいて、最年長は12歳。
子供扱いされることに過敏になってる子もいるだろうに、
その子達に向かって「よい子」って呼び掛けるのは、幼稚過ぎないの?
よい子って呼ばれて嬉しいと思うのはいくつくらいまでなんだろう・・・

私が子供の立場だったら「私よい子なんかじゃないもん。
だからこの校長、私には話してないんだ。よい子しか相手にしてないんだから」って
ひねくれてるかもしれない。

相変わらず理屈っぽいんですけどね私(笑)
この「よい子」を聞くたびに胸がムカムカしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。