ゆかりんだの日記♪

コメント頂けるととっても嬉しいです。よろしくお願いしますm(_ _)m       《「あっくんの日記」は青色の文字で、「家」に関してはピンク色の文字で書いています。》  ※お知らせ※ 皆さんからいただく「コメント」は「承認後表示」となっています。
2010年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2010年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年02月
ARCHIVE ≫ 2010年02月
      

≪ 前月 |  2010年02月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

あなたの夢はなんですか?

私が初めて「夢」と思い描いたのは。
幼稚園の時「大きくなったらなにになりたい?」の質問で、
「幼稚園の先生になりたい」でした。
まぁ、ありがちな感じで。
小学校の卒業文集にも、同じく「幼稚園の先生になりたい」と書きました。

小さい子が好きでした。

子供って、意外と子供が好きじゃないことがあります。
自分より小さい子。
でも私は好きだったし、扱いも上手かった気がする。
子供と遊ぶの楽しかったし。
自分が幼稚園の時の先生の思い出も、すごく良くて。
だから、幼稚園の先生になりたかった。

中学生になって、
幼稚園の先生の夢も続いてはいたけど、
通訳の仕事に憧れたことがある。
英語が好きで、大好きで、英語を仕事にしたかった。
本当は高校も英語科のある高校に行きたかった(私立だから行けなかったけど)。
誰にも絶対負けたくなかったし、いっぱい勉強したし、
でも全然苦じゃなかったし、楽しかったし。
英語に挫折したのは、高校で訳のわからない文法にぶつかったとき…。
B型なので、「ダメだ」と思ったら見切りをつけるのも早い(笑)

あと、学校の先生にもなりたいと思っていた。
私は小学校も中学校も、ずっと先生に恵まれたと思っている。
(という言い方はずいぶん保護者的な言い方で、
自分の実感としては「恵まれた」と言うより「先生が好きだった」という感じ)
担任の先生もそうだし、担任じゃなくても関わった先生は殆どみんな好きで、
たくさんのことを学んだなーと思う。
だから、自分もそんな先生になりたいと思っていた。

高校になって、
続いていた夢は先生だったんだけど、
高1の時「教育大は無理です」とあっさり言われて、
先生の夢も断念。
中学の時から、父が病気で自宅療養をしたり入院したりの生活だったので、
国公立じゃなければ大学や短大なんか行けないと思ってたし、
就職か?じゃなければできるだけお金のかからない進路か…という感じで。

看護婦の道は高2の終わりくらいに、隣の席の子が「私看護学校行くんだ」と言ったので、
「あ、私もそれにしよう」と、決めた(笑)
隣りの子が違うことを言ったら、違う道だったのかも。
だから、あんまり「私の夢は看護婦」と思った実感がない。
小学校の頃ナイチンゲールの伝記を読んでも、全く憧れなかったし。
(それよりエジソンとか野口英世のほうが好きだったし)

中学・高校と、放送局の活動をしました(部じゃなかったんです)。
アナウンサーをしていましたが、番組作ったりもしました。
高校は、それなりの有名校でした(ねっ、先輩♪)。
お陰さまで、全国大会まで行かせてもらいました。
だから、そういう道もちょっと夢に見たこともあります。
でもこれは…やっぱり私には現実的には思えなかった。
決して嫌いじゃないし、興味あったし、好きだったけど、
それを職業にするというのは、とても難しいだろうな~と、思っちゃった。
でも、自分と同期で、同じ大会で戦った人が本物のアナウンサーになったり、
後輩がその道で頑張ってたりすると、羨ましく思います。

私は小学校の読み聞かせで(笑)昔取ったキネヅカを活かさせてもらってます。


今の夢は、なんだろう。
今更何かの職業に就く夢もないし。
宇宙へ行きたいとか、壮大な夢もないし。
子供の成長が私の夢、というのも、ちょっと違う気がするし。

私の夢は。ゆかりんだの夢は。


部屋を綺麗に掃除して、ちゃんとした主婦になるのが、私の夢。
(夢?夢? 夢とか言ってる場合じゃないだろっ)


ということで。
明日保険屋さんが来るので、部屋掃除しまーす。(ちゃんちゃんっ)


皆さんの夢は、なんですか?
スポンサーサイト

緊張…

今朝は読み聞かせでした(あっくんのクラスではありませんが)。
始めたころは手が冷たくなって感覚も危うくなるくらい緊張したけど、
だんだん慣れて。子供たちも慣れて。最近は楽しくやっていました。

しかし。

今日は久々に緊張した。緊張というか…不安いっぱいの読み聞かせでした。
今日読んだのは。

7hiki.jpg
おおかみと七ひきのこやぎ
(それと、絵を見せないストーリーテーリングで「だいこんとごぼうとにんじん」を)
スタンダードすぎる絵本。知られ過ぎてるお話。だからこそ、すごいプレッシャー。

自信たっぷりの日もあるんです。
うまく読む自信があるとかではなく、絶対うける!うまくいく!っていう本。
先週まで読んでた「おばけのマールとゆきまつり」なんて、もう自信満々。
前に読んだ「あおい玉あかい玉しろい玉」も、かなり自信アリでした。
「あんぱんまん」も絶対の自信があったし。
でも、今回は…どーなることか…どっちに転がるか。不安だった…。
でも、どうしても読みたかったんだ。
「おおかみしんだ!」と、子ヤギが踊って喜ぶ「七ひきのこやぎ」を。
おおかみがごめんなさいと言ってヤギと仲良くなる「七ひきのこやぎ」じゃない、お話を。
かわいらしくて優しい絵本じゃない、ちょっと怖いお話として。
「知ってるお話だから、つまんないなー」と思わせない、完璧な読みで。
絶対引き込ませてやる、楽しませてやるーと思うと、不安で不安で。
学校行く直前にも練習しちゃった。こんなの初めてだ。

私は、けっこう抑揚をつけたりコワイロつかったりして、臨場感アリで読む方です。
読み聞かせは、そういうカラーをつけず、淡々と読むほうがいいという人もいらっしゃいます。
私の義母も読み聞かせの活動をしていますが、義母は淡々と派です。
私は、できません。淡々と、は。
自分が楽しくない。自分が乗って、自分が世界に入って読むほうが読みやすい。楽しい。
「自分が楽しくなきゃ、相手も楽しくない」
「相手を楽しませるには、まず自分が楽しむこと」が信条なので。
今回の「七ひきのこやぎ」も、スピードと間と、優しいお母さん、騙すオオカミ、
純真なこやぎ達…駆使して。つまづくと築いた世界が崩れ落ちるので、
どうかつまづきませんように…と。
朝イチで、もっとも声の出ない時間帯。
教室の暖房で喉が渇き口が渇き(しかも私はシェーグレン~♪)
過酷だったけど。なんとか。ちょっとつまづいたけど、なんとか。
なんとか。
やりました…。
子供たちは楽しんでくれたと、(期待値多めで)思いました。
お話が終わってから、「最後、おおかみと仲良くなったお話を知ってた人~?」と聞くと、
やっぱりいましたね、数人。今は「3びきのこぶた」もそうだしね…。
「しんだ」と喜ぶのは強烈かもしれない。けど、
そういう「悪者は懲らしめられる」ことも、受け止められる年齢だと思います。
それも必要だと。

また再来週。別のクラスで。
頑張るぞー!

久々の薬変更

今日は内科受診でした。
血液検査結果は特に異常なし(今回はプリントすらしてくれなかったょ)。
ロキソニンが足りなくなって切ない目に遭ったので、
今回はいつもの倍量処方してもらい、ストックしておくことにしました。

そして、ずーーーっと胃薬はセルベックスだったのですが、
「こんなんじゃなくてもっとちゃんとしたの飲もう」ということになり
(今までは「ちゃんとしてないの」で済まされてたのか?)
タケプロンOD錠に変更になりました。
1日1回で薬効のある薬なので、1日1回しか飲まない私には好都合。
(今まで飲んでたセルベックスは、本当は1日3回の薬だったんだよねー、
私は1回しか飲んでなかったけど)
あとは今まで通りの処方です。

2か月に1回の通院なので、次回は4月下旬だったのですが、
その日が先生出張でいらっしゃらなく、そのあとゴールデンウィークに突入、
ということで、次回はゴールデンウィーク後ということになりました。
3月も4月もお目にかかれず。次回は、雪が融けて桜が咲き、その桜も散り始めるころ…です。

今日の受診も、私の診察よりも友の会の話が大半で。
来年度総会翌日の講演会でご講演をいただくことになったので、
その話やら…でした。先生、よろしくお願いします♪

最近のyoutube観賞

SHINJO

どうぞ、画面を大きくしてご覧ください。
見ていて楽しい。惚れ惚れする。何度見ても飽きない。
残念ながら、今になって凄さが身に染みる。
現役の時もっと見に行けばよかったーー。後悔。

今年も、ファイターズの試合は見に行きたいと思ってる。
年々回数が増えてる気がする。
でも、やっぱり「SHINJOな選手」はいないよなぁ。
これからも、出てこないんだろうな。
それでも野球は見ていて楽しいけど。
あんな人は、もう見ることはできないんだろう…。

時代を共にできてよかったと、思います。

痛い日

今週木曜日が内科受診の日なのに、
2日分ロキソニンが足りない。
つっちゃんに少しあげて(あ、他人に薬をあげたりするのは本当はダメですからねっ)
以前の残った薬があるから足りるかなーと思ってたのに、
2日分、どうしても足りない。

別に、飲まないと激痛でいてもたってもいられないとか、
ヤクが切れると幻覚が現れるとか、
そんなことはないけど、
毎日飲んで生活しているものが「ない」となると、不安だし、不快。

どうしても飲まなきゃという日を優先させて、今日は我慢の日にしようと思って
飲んでいないんだけど、…やっぱり、痛い。
動くたびに「痛いなぁ…」と思う。
これくらいは我慢しないと。普通はこの程度では飲まないだろう?と思う程度なんだから。
明日はプールなので、飲ませてもらおうと思います。


さて。
先日久々のランチに行ってきました(今年初!?)。
HI3E01830001.jpg
キッチンポランというところです。アリオ店のほうに行ってきました。
私は野菜のミックスフライプレートを食べました。
美味しかったです☆デザートまで食べてきてしまった。
その時に、先日の「ケンミンショー」で話題になってた、「角食」の話。
私はなんの疑いもなく「角食」は標準語だと思っていた。
もちろん「食パン」という言い方も知ってるけど、あのパンは、角食でしょう。
とてもショックだった。じぶんが「角食が北海道限定だ」なんて思ってもみなかったことに。
じゃあ、毎年義父母の滞在の時、私は普通に「朝ご飯は角食で~」とか
言ってたのは、実は通じてなかったのか!?
「角食ってなに?」とも聞かれたことなかったんだけど…。
「生寿司」もビックリだったけど、角食は…更に。
つっちゃんが言うには、「生ちらし」も言わないと言うんだけど。
「海鮮丼」とは言うけど、「生ちらし」は言わないよって。…本当?

だめだぁ(泣、泣)

久保田利伸 「CRY ON YOUR SMILE」

涙、必至。

当時、岩見沢に住んでいて、看護婦になって初めて勤務した病院でした。
付き合ってた人の車で、2人で一緒に岩見沢の夜景を見て。
この曲がかかっていた。
岩見沢の夜景なんて、小さな街だからショボイんだよね。
かわいらしい、こじんまりとした夜景です。
ほとんど真っ暗なようなもんで。

そんなことを思い出します。
その時付き合ってた人とは、ちょっと結婚も考えてたんだけど、
結局ごたごたした別れ方をしてしまって、あまりいい思い出にはならなかった。
私としては珍しく、会ってみたいなーと思わない人。
そんな人との思い出なのに。

この曲はせつなくなる。涙ぼろぼろ出そうになる。
(でも、あっくんが「お母さんなにしてるのー?」と来るので、涙は引っ込むけど)
彼氏はさておき、
あの時見ていた夜景と、その時の自分の心境が蘇るんだよねぇ。

皆さんにもきっとそういう曲がありますよね。
今日youtube観賞していて、久々にこの曲に引っ掛かり、浸ってしまいました。

10年ぶり?

昨日、スキーに行ってきました。
普通の、ゲレンデのスキーです。歩くスキーじゃなく。
ばんけいスキー場に行ってきました。あっくんと、いとこのナッチを連れて。
10年か、それ以上ぶりか?くらいに、スキーしました。
当時のウエアを引っ張り出し、でもスキーはもう捨てちゃったのでレンタルして。
ウエアは着れました、なんとか。デザインはちょっと微妙だけど。
まぁ、子連れのオバサンなんて誰も見てないよ!ということで、開き直って。
初めてカービングスキーに乗りました。
短ーい!子供のスキーみたいだ。
靴を履いて、スキーを付けて…重い。足が持ち上がらない。
リフトに乗って、山頂へ(いきなり一番長いリフトに乗っちゃったよ)。

恐い!恐い!すっごくこわーい!!

びっくりした。こんなに恐く感じるものか??
スキーが滑っていっても、足に体重をかけるのが恐い。
でも体重をかけなきゃ乗れない。ただ流されるだけ。
(あたりまえだけど)ただ歩いてるよりずっと圧がかかる。関節にがっつりくる。
うわぁ。これ、降りれるのか?本当に不安になった。
「えーこわーい」って叫んでいる間に、
あっという間に子供2人はずっと下の方まで滑っていって、豆粒のようになっている。
うっそ~。どうしよう…。
あの斜面を滑れるようになったんだ、あっくんも上手くなったなぁと、
子供の上達を喜んでる余裕はなかった。どうやって降りようか、滑ろうか。
斜めにずるずる滑っていってみる。それだけでもその状態を保持するのもやっと。
どうなることかと思ったけど、少しずつ移動していると慣れてきて、
そうとう緩い斜面でパラレルっぽく滑ることができた。ちょっとホッとした。

とにかく、最初にリフトから降りた瞬間の恐怖は、すごかった。
手稲ハイランドで大回転コース行ったとき並みだった。

その後、本来の滑り(って、たいしたことないけど)には程遠いけど、
なんちゃってパラレルで少しずつ滑ることができ、
ちょっといい気になってウェーデルン入れてみたら…

あーーーーっ!バタッ

転んだ… しかも、最悪の横転び。

「絶対」転んじゃダメなのに。
やっちまった。万事休すと思った。冷や汗が出た。

…でも、なんとか外れずにすんだ。

恐かった…。もう絶対ウェーデルン禁止。
なんちゃってパラレルにとどめておかなきゃ。

結局、途中お昼ごはんも食べて、
4時間券を買ったけど1時間前に終えて、
正味2時間ちょっとくらいしか滑らなかった。
怪我をする前に切り上げて正解だったと思う。
限界まで滑る年じゃないし。限界来ちゃったらダメだし。

久々に気持ち良く、楽しかった、けど、かなり危険だなぁ。
やめておいた方がいいのかも…。
もちろん今日は筋肉痛。普通の筋肉痛のほかに、股関節も痛い気がする。

つくづく自分の筋力のなさを痛感しました。

煮豆・歯磨き

落花生の煮豆をつくってみました。
rakkasei.jpg
圧力鍋(うちのはアサヒ軽金属の活力なべだけど)大活躍。
昨年夏に生落花生を買って、どうしようかな~と考え中だったんだけど、
やっと「これだ!」と思って、つくりました。
美味しそう☆まだできたてなので食べてないんだけど、
これからお出かけ(サタデーテーリング)するので、帰ってきて味が染みた頃
食べてみまーす。楽しみだ~。

おとといも、真空パックの茹で落花生を食べたんだよね。
こちらでは滅多に食べることのできない代物…。
普通の堅いピーナッツよりずっと美味しくて食べやすい。
お取り寄せで買いたいくらい美味しかったよ。


今、歯医者に通っています。
新しく被せた歯もその後順調で、毎日毎回歯間ブラシを通していたら
痛みも腫れもなくなりました。歯間ブラシも慣れたし♪
それで、今は歯茎の治療に行っています。歯周ポケットが大きいところがあって。
それで、歯茎磨きをするように言われて、やってるんだけど、
上手くいかないので子供の仕上げ磨き用歯ブラシを使ってやってる。
まず普通に歯磨きをし、そのあと歯ブラシをとりかえて歯茎磨きをし、
口をゆすいで歯間ブラシを入れて…もう一度ゆすいで。
…時間かかる。
こんなに時間がかかると、もう口の中を汚したくなくなるので、
食べないでおこうか?と思ったりする。…これっていい効果じゃない!?
食べ過ぎを抑えられて太らずにすむし、歯は綺麗だし、一石二鳥!
(そうは簡単にうまくいかないんだよね~)

こんなところにも!

「龍馬の郷から 高知県産 ピーマン」
piman.jpg
ピーマンの果てまで、龍馬、龍馬。

ただいま

↓の「今ココ」は、わかりましたか?
東京のスカイツリーです。現在建築中。刻々と育っています。

ちょっと、東京に行っておりました。
原宿に…10年以上?20年以上?振りに行って。
こんなところで。
kongari.jpg
こんなもの買って。
kittykongari.jpg
かわいいぃぃ~♪キティちゃん。
ちょっとひしゃげた感じもとってもかわいい☆
そして、最近ハマってるルピシアで。
putikan.jpg
こんなお茶のティーバッグのプチ缶を買ってきました。
ミルクティーが好きなので、ミルクティーに合いそうな2つと、楽しそうな1つ。
それから、マシャは今龍馬中!ということで、龍馬ゆかりの地、立会川に行きました。
駅を降りると、こんな旗がかかってる商店街があって。
ryoumayuku.jpg
そこに龍馬がっ!
ryouma.jpg
高知から寄贈されたんだそうですよ。
そして、浜川砲台跡というところへ。遠くに小さく龍馬が見える(絵だけど)。
hamakawa.jpg
hamakawaishi.jpg
真ん中のハートの石がかわいい☆
これを撫でると恋が叶うとか、そういうのはないのかな?(柵があるから撫でられないけどね♪)


ひとりでブラブラしておりましたが。
本当の目的は。

ちょっと、帰っておりました。私の心のよりどころへ。
迷ったり不安定だったり、たまっていた良くないものを、正すために。
これで私は大丈夫。たぶん(笑)

さ。前を向くよ!

今ココ

100206_1416~01.jpg

眼科受診

いつも病院受診は車で行くんだけど、
眼科の時は地下鉄とJR。

瞳孔開いちゃうので、帰りの車が運転できない。

今日は今シーズン一番の寒さ、最高気温マイナス9度(予報)。
朝家を出た時はマイナス10度くらいだった…寒かった~。
こんな日に限って、徒歩+公共機関だょ…

眼科は、
視力も変わらず、眼圧も異常なく。
問題なしで半年後再診。
瞳孔開くと、建物の中ではさほど不自由ないけど、外に出たらとたんに!

目が開けられないぃ~!!

特に今の時期、外は雪景色。真っ白。
眩しいったらっ!
9時過ぎに点眼したから、そろそろ切れてくるかな…。


今朝、目やにが多かったんです。
眼科受診に合わせたように、偶然ですけど。
以前にも「目やにが多いな~」と思って、みるみる酷くなって、
結膜炎だったことがあるので、
受診の時先生に「今朝左の眼が目やに多かったんですけど」と言ったら、
間髪を入れず「様子見てください」
即答。
アンタが「変わりないですか?」って言ったんでしょ?
だから「変わりあったこと」言ったのに。
言って損したような、そんな言い方ある??

アンタの言い足りない言葉をフォローしてあげると、
「目を診たところ炎症が酷くなっている様子もないし、
痒みもないようなら、少し様子みていていいと思います」と、
これくらい言えないですか?
別になんだかんだ薬よこせ!とは思ってないです。
不要なら薬なんていらない。
でもさ、たとえ演技でも、患者がなんか言ったら「どれどれ…?」みたいな
態度は必要だよ。普通の患者さんなら凹んじゃうよ。
総合病院だから患者来るけど、そんな態度じゃ開業したら今どき患者来てくれないよ。
「患者様の声」に投書されちゃうよ。


ちゃっちゃと病院が終わったので、
帰りにあっくんのジーパン(@GAP)と、大丸で恵方巻きを買ってきました。
私は断然豆まき派!無言で恵方巻きをもぐもぐ食べるなんて
そんな暗~い風習より、豪快に豆をまく方が好き!
でも、美味しそうだったので…買ってきました。
普通に切って、お喋りしながら食べますけどねw

盛りだくさん

今日から2月。
2月生まれの友達が多いので、2月は好きな月。
今日は妹の誕生日だし(めでたい40代仲間入り)。

今週は、我ながらなかなか凄い週になりそうです。
まず、今日は午前中プールと、午後は歯医者。
明日は美容室に行って縮毛矯正。
あさっては半年に1度の眼科受診。
木曜日は朝読み聞かせに行った後、機関誌の印刷作業。
そして金曜日。スペシャルなデキゴトが待っています。

凄い週の予兆は先週の土曜日から始まっていて。
土日、難病センターに泊りこみで事務整理をしておりました。
1人ではできない仕事を、ほかの委員さんの協力を得て、終えることができました。
さすがに徹夜でやったわけではないけど、
夕食前にはだいたいの作業は終わっていたのですが、
それでも雑談の中にも今後の課題や色々な意見交換ができて、
(体はきつかったけど)意味のある宿泊だったな~と思います。
日曜日は新年会。
昨年を振り返って辛いことがあった方や、新年の明るい抱負を語ったり、
美味しいお料理と、楽しい時間を過ごせました。

まだまだ私は目の前のことだけに必死で、視野が狭いな~と思います。
もっと広く見て、考えられるようにならないとな~と、思います。

スペシャルの前に「うつつを抜かしていてはいけない!」と言われてるが如く
用事が目白押し。シャキッとしなくちゃ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。