ゆかりんだの日記♪

コメント頂けるととっても嬉しいです。よろしくお願いしますm(_ _)m       《「あっくんの日記」は青色の文字で、「家」に関してはピンク色の文字で書いています。》  ※お知らせ※ 皆さんからいただく「コメント」は「承認後表示」となっています。
2009年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2009年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年05月
ARCHIVE ≫ 2009年05月
      

≪ 前月 |  2009年05月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

終わった終わった

運動会、無事終了です。
朝5時に起きて…曇ってる。風が吹いてる。寒そう。
でも雨は降ってない。
6時半に花火があがり、運動会、決行の知らせ!陽も射してきた。
お弁当も出来上がって顔にもいっぱい塗って(笑)グランドへ。
薄曇りでお天気はまずまずだけど、とにかく風が強い。
砂埃がすごい!!口の中も顔もジャリジャリ。目も痛い。
あっくんの徒競走(1・2年生は「かけっこ」)は3位でした。
昨日聞いたら「あっくんいつも4位なんだ…」と言っていて、
「じゃあ3位になるように頑張りなよ」と話してたんだけど、
今日、前を行っていた子が転んで3位いただいちゃいました。
まぁ、そういうラッキーもありだよね(笑)
1・2年生の団体競技は花笠音頭。綺麗に踊れました、かけ声も元気に。
他の学年の競技の時も元気に帽子を振って大声で応援しました。
とにかく全身砂まみれで大変でしたが、最後まで元気いっぱい楽しみました。

帰ってきて、速攻お風呂。速攻洗濯。
夕食はお弁当の残り(笑)

入学して初めての大きな行事。初めての運動会。頑張ったね。




そして…↓

スポンサーサイト

明日は運動会

「3年連続雨天順延になってますので」と釘を刺されていた運動会。
明日の天気予報は でも雨は夜からなんだそうだ。
今日天気予報ばかり見ていたけど、「明日の運動会は大丈夫です!」という
気象予報士サンの言葉を信じて!大丈夫らしい

昨日お弁当の材料やお菓子、飲み物などを買い出しに行って、
今日、まずお稲荷さんの油揚げを煮た。
(初めて自分でやってみた。今まではできたのを買ってたから
卵焼きを伊達巻きにグレードアップしてみたので、今日作った。
これで今日の準備は終了。
明日は5時起き!
あっくんの水筒のお茶を作って、お稲荷さんを作って(ご飯詰め)
伊達巻き切って、ちくわにキュウリとチーズ詰めたヤツ作って
冷凍食品(ポテトとか海老フライとか)ひたすら揚げて、
ミニトマトとうずらの卵を爪楊枝に刺して、果物はメロン!
どうかな、どうかな~?
妹のところと一緒に座るので、中身がダブらないように相談しました。
だからうちにはおにぎりやザンギはなし。その代わりお稲荷さんで

今日は場所取りにも行ってきましたよ。
あっくんがなかなかいい番号を引いたので、前から3列目!取れました。
今年はとにかく1年目でわからないことだらけなので、
来年は今年の反省をいかし!上手くできるように。

明日早起きなので、寝まーす!おやすみなさい

耳鼻科

数日前に学校で耳鼻科検診があって、翌日お手紙を持って帰ってきた。

「耳垢が多すぎて鼓膜が確認できませんでした」

耳クソ詰まってるって!!
ガーン…
頑張って取ってたのになぁ(月1回くらいだけど)。
だって、あっくん痛がるんだもん。泣きわめくんだもん。
私が下手なんだろうか。いや、あっくんも恐がりなんだもん。

小さい時は、あっくん中耳炎をやってたので、その都度取ってもらっていた。
でも年少さんの頃から中耳炎も治まって耳鼻科に行かなくなった。
綿棒で奥まで入れると、逆に押し込むこともあるから、
年長さんになったくらいから、普通のスプーン型?の耳かきで
やってたんだけど…。

今日耳鼻科に行って、取ってもらった。
耳掃除で1000円ちょっとかかった。
あっくんは「さっぱりして気持ちよかった、今度から耳鼻科で取ってもらう!」と。
そんな…耳掃除に毎回1000円かい(もったいない)。
塞がるほどたまる前に、こまめに取ればいいんだよね。
いっぱいたまって石みたいに固くなるから、取るとき痛いんだし。

耳垢って「ネチョ」の人と「カサカサ」の人がいるよね。
これって遺伝だったよね、確か。
私は「カサカサ」なんだけど、つっちゃんは「ネチョ」の人。
もしやあっくんは「ネチョ」??
だから自然と落ちることなくたまりやすいとか!?

とりあえず、今日すっきりさっぱりしてきたので、
1週間に1回は少しずつやっていきたいと思っています。

ふぅ…

母は、4泊5日の自宅滞在の後、神経内科病棟に入院し、
最大3週間置いてもらってる間に去年お世話になったA病院へ移る
話を進めようと思っていたら、予想外に早い展開となり、
たった1週間でA病院に移れることになりました。
それで、20日(昨日)A病院転院。
でも、去年と病棟は違っていて、去年はリハビリ病棟だったのですが
今回は一般病棟。同じ病院でも雰囲気が違う。
自分の扱われ方に戸惑ったようですが、それはお互い(患者もスタッフも)
わかりあうまでは仕方がないんだから…となだめました。

義両親の今年の夏の滞在が、7月27日からに決まりました。
何日までになるかは不明。恐怖の片道切符!
(去年までは往復いっぺんに予約したのにな~今年は、なぜ!?)

福山雅治のnewシングル、化身。
もちろん買いましたとも。タオル付き。←ライブで振り回さなきゃ!
キエタイ ニゲタイ アイタイ …    (深く問いつめないでください…)

なんかさ。
私の許容量が少なすぎるんだろうけど。
「主婦って」と一括りにすると、全国の主婦の皆様にお叱りを受けそうだけど。
1日に予定が3つくらい入っちゃうと、
どうしてこんなにイッパイイッパイになっちゃうんだろう。
そんな大層な用事じゃないんだよ。
今日は、朝学校に読み聞かせに行って、11時からプールに行って、
昼食後母の病院へ行って、あっくんが帰ってきてから警察署に行って
(駐車禁止除外証もらいに)。これだけでぐったり。
これでも働いてた時は人の命を預かる仕事してたんだけどな。
そっちのほうがずっと緊張感ある、責任のある仕事だったのに。
主婦の用事なんて、それに比べりゃ…(以下自粛)。
ただ単にトシとったのか。

乗れるようになりました!

あっくん、補助輪ナシで自転車乗れるようになりました!
ゴールデンウィークの時点で、漕ぎ始めを持ってもらって乗れてたんだけど、
先週それもナシで、自分で発車できるようになり、
昨日はモエレ沼公園(けっこう広い公園です)を一周できたそうです!
まだカーブとか、細かい操作は難しいようですが…
でも、ほぼオッケーかな!?おめでとう~

今、学校では5月末の運動会に向けて毎日練習です。
残念ながらリレーの選手には選ばれませんでしたが
(っていうか、私だって子供のとき一度も選ばれたことないし)
徒競走(かけっことは言いません)と玉入れと花笠音頭!
…1・2年生は花笠音頭をやるそうです。
毎日2年生の指導を受けて練習です。頑張ってね~

先週の木曜日、初めて「読み聞かせ」に行きました。
あっくんの学校は、登校してから15分間「読書タイム」があります。
自分で持参した本を自分で読むのですが、
週1回、その時間に保護者の読み聞かせサークルが教室で本を読みます。
ゴールデンウィーク明けの木曜日に見学させてもらい、
翌週に初体験させてもらいました。
記念すべき(!?)最初の絵本は「きいろいのはちょうちょ」と
「ぼちぼちいこか」。
春なので、ちょうちょ。ということで1冊決めて、
1年生、いっぱい頑張ってるけど、うまくいかないときは
「ぼちぼちいこか」でいいんだよ~…という意味を込めて、2冊め。
あとは、最初なので、自分の読みやすさで(笑)これが大きいかも。
1年生はバシバシ反応が返ってきます。それに乗りつつ、
でも乗せられすぎず(笑)楽しい時間を過ごしたいと思います。
私、基本的には「自分が楽しむことが大事!」と思ってるので
こちらが「楽しくない」と思ってやっていたら、
そういうことは絶対子供が察知すると思う。
自分が楽しいことが、子供たちに楽しんでもらう最低条件のような気がする。
子供の前で絵本を読むのはちょっと緊張もするし、
「全然ウケなかったらどうしよう」とか、考えちゃうけど、
本を選ぶのも楽しいし、読んでる時の子供たちの表情も楽しいし、
サークルのお母さんたちのお話も楽しいし、色々教えてもらえるし、
長く続けていければいいなーと思っています

食べちゃった♪

恐ろしいカロリーなので、食べちゃダメだと思いつつも、
でもやっぱり1度は食べてみたい!1度だけでも!と思って、
ついに食べちゃいました。

クォーターパウンダー・チーズ ↓
image_product_hb30.jpg
561kcal。しかもセットにしたのでポテトM454kcal。
…1000kcal超えてるじゃん!!怖いっっ!!
美味しかった。体に悪そうなものって、美味しいよね~♪

夕食は反省を込めてトマト1個と
オルビスのシェイク(ダイエット食品)にしました。

最近、目標体重に達したのをいいことに、ちょっと気が緩んでいます。
どんなに暴食しても、一晩で10キロ増えることはないけど(笑)
でも徐々に増えていくのが、取り返しのつかないことになっちゃうんだよ~
1キロ増えたら警戒しなきゃ。

小学校の「家庭教育学級」というものに参加することになり、
読み聞かせの会にも入ることになり(木曜日、初読み聞かせです)、
膠原病友の会の事務局も受けることになり、
週1回の水中ウォーキングも続けていて、
普通にあっくんの子育てがあり(学校の行事やら、日常生活やら)、
今、なにより母のことがどう変化していくかわからない状況で、

かなりいっぱいいっぱいになってきました。
クォーターパウンダーのカロリー並みです(意味不明)。
自分で「いっぱいいっぱいだなー」と感じると、
やっぱり体調崩すことも多くて、去年も腎盂腎炎になったし。
今、歯が痛いし(やっぱり鬼門…!?)。

ちょっと電池が切れそうなので、
6月下旬に充電しに行こうかと思ってます。

明日、退院 《母の話です》

先日に引き続き、私の母の話です。

明日(日曜日)、退院することになりました。
決まったのは昨日の19:30過ぎ。家にいる私に電話が来て。

今入院している泌尿器科としては、熱も収まったし、
パンを誤嚥した事件も収まり、退院オッケーの状態になった。
そこで、内科(3科)にかかって、そちらも入院の必要なしとなった。
(ただ、痰が絡みやすいので、そちらのお薬を呼吸器科から出してもらったけど)
そして金曜日。神経内科受診。
私の予想では「最も《入院必要》と言わない可能性の高い科」と思っていたら。
なんとなんと。誰もが驚く提案をした。

神経内科の受診の前に、
泌尿器科退院後のことを医療ソーシャルワーカーさんと話し合っていた。
入院前の状態には全然回復していないし、嚥下状態もとても心配。
見ていく私たち(特に私の妹)も母本人もとても不安に思っている。
退院を急がされないで、ゆっくり腰を据えてリハビリできるところに移りたい。
去年A病院にお世話になったので、同じ病院を希望したい。
…しかし、A病院は待機期間が長くて、すぐに入れないかもしれない。
(去年もそうでした)
あまりに長い期間になりそうだったら、
早く入れるところを探した方がいいのでは?
先ずはA病院の待機がどれくらいになるか問い合わせてみて、
待てるくらいなら、待機の期間を預かってくれる施設を探す(去年と同じ)。
待てないほどならほかの病院を探す。
ただ、どんなに早く受け入れてくれる場合でも、
今日聞いて明日オッケーという所はほぼ皆無なので、
数日の待機なら泌尿器な入院のまま置いてもらえるのか、
短期間家に帰らなくてはならないことになるのか…。
まずは、A病院に問い合わせます、というところで終了。神経内科受診へ。

するとっ!
神経内科の先生も、A病院でのリハビリは肯定的で、
待機期間があることも考えてくれて…
「では、神経内科に入院してリハビリをして、3週間は居れますから、
その間にA病院に転院できるよう、私からも手紙を書きます。
うちは3週間しか居れないから、A病院なら期間を心配することなく
リハビリができて、施設の設備もいいし、いいと思う。
A病院に移れるまで神経内科(自分の病棟)に居ましょう。
ただ、昔のように泌尿器科からすぐに転科ということができないんだよね…」と。
そんな、願ったり叶ったりの提案をしてくれるとはっ!
これを逃す手はない!と、もう大喜び。

しかし。
DPCって知ってます?(私は知りません)
最近の医療現場のシステムなんですって。
詳しくはわからないのですが、とにかくそのDPCのために、
いったん泌尿器科を退院して、
3日間を経たあとに神経内科に入院しなきゃならないんだそうだ。
で、神経内科は木曜日入院可になったので、
3日間おくためには日曜日(明日)退院。

治療食(トロミのついた流動食のようなもの)を食べていて、
痰が出し切れなくて吸引器で取ってもらって、
昨日からなんとか歩けるようになったけど、
ベッドから4~5歩のトイレへ行くのがやっとで、
その状態で、退院。
説明してくれた看護師さんでさえ
「何かあったら救急車呼んでください」と言われる状態で、退院。
それを1歳と4歳と小学生が同居してる環境で、看れるのか?
妹が「4日間家にいる間に死ぬんじゃないかと思うよ」って言うのは
そんなに大げさじゃないと思う。

とりあえず、明日の夜は私が母のところに泊まることにしました。
でも私も自分の家があるので、つきっきりにもなれません。
何事もなく木曜日までもちますようにと、祈る思いです。

まったく、こんなことを強いる病院って、
その「DPC」とかいうシステムって、なんなのよっ!と
憤慨していたのですが、ついさっき、ふと思った。


母が家に帰るのは、これが最後かもしれない。


もちろん、神経内科とA病院でのリハビリがとても効果が出て、
「あんな死にかけたのに、元気になれたね~」と、
笑い話にしながら家に帰れたら、それは万々歳なんだけど。

進行していく病気。母の年齢。今回の入院のダメージ。
今までの経過をふまえて、今後を予測すると。

A病院から家へ帰ることは、ないのかも。
(私の予想が見事に外れますように)

もしそうだとしたら、
「こんな危険な状態で家に帰される」酷い病院の仕打ちと思っていることは
神様がくれた「家で過ごす最後のひととき」なのかもしれない。
「これを逃したらもう家に帰れないのかもしれないので、
危険を承知で一瞬でも家に帰させたいんです」と言わない娘たちへ、
神様が「あんたたち気づいてないようだから、《仕方なく家に帰る》ように
仕組むからね」と、一肌脱いでくれたのかもしれない。
(神様って、江戸っ子だったのか?)

「酷いとか文句言って家に帰されたけど、あのとき帰って良かったね…」なんて
ならないように、母には元気になってもらわなくちゃ。

一日散歩切符第二弾

20090506165537
昨日、普通・快速列車が一日乗り放題の切符を使って
ニセコに行ってきました。
家を6時過ぎに出て、小樽回りでニセコへ。
ニセコ駅前の温泉「綺羅の湯」に入って、
お昼は駅舎内の「ヌプリ」で、今回は初めてだんご汁を食べました。
そのあと道の駅「ビュープラザ」へ、歩いて。
その途中で見た羊蹄山。綺麗だったよ。
帰りに余市で下車してニッカウヰスキー見学。
大丸で天ぷら買って帰宅しました(夕食は天ぷらうどんでした)。
やっと明日から学校・会社、再開。

鬼門

陰陽道の、本格的な話をしてるわけじゃないのですが。

ゴールデンウィークは、鬼門なのかもしれません。

私の父が5月15日に亡くなってるからなのか。
ゴールデンウィークが鬼門だから5月15日に亡くなったのか。

ここ最近はないのですが、父が亡くなって以降
ゴールデンウィーク頃になると決まって私の歯が痛みました。
そして5月中旬すぎるとピタッと止む。
去年、母が脳梗塞になったのが5月6日。
でも、連休で病院にかかれず、かかったのが6日だったから
診断がついたのが6日というだけで、症状は4日くらいから。
そして今年はというと。
5月1日、母入院です。前日熱が40度になり。
3日、痰も多くてとても嚥下しずらそうにしていて、
お昼にパンをシチューに浸して食べていたらそれが喉に詰まり
(でも、結果的にパンが詰まっていたのではなく痰だったらしいけど)
病室の吸引器では取れず、ICUに行って気管支鏡で取ってもらった。
ついに「いつどうなってもおかしくない状態です」の台詞が出ちゃいました。
でも、詰まっていた物は取れたし、その後痰も収まってきて、
食事は3日ほど中止になりましたが、明日から再開になるし、
とりあえず危機は脱したと思います。

今は泌尿器科にいるのですが(腎盂腎炎疑いで)
泌尿器科的には炎症反応も収まったので、退院の方向で、
7日8日と内科(3科)神経内科にかかり、
それぞれ入院の必要性を確認して、転科になるか退院になるか、です。

あと1週間は油断できない気がする。なんといっても「鬼門」ですから。
嚥下が鈍ってるのが回復したわけじゃないもん。
痰が減れば絡まなくなるから多少はいいと思うけど、
機能的に誤飲しやすい状態はかわらない。
家にはもちろん病院仕様の吸引器なんてないし。
退院は命がけだと思う。

私だって医療従事者の端くれだから、病院の事情もわかる。
看護師さん、先生の言うこともわかる。
私だって、自分が看護師の立場で関わってたら、同じように言ってるんだろう。
でも、今私は「看護師」としているのではなく「患者の娘」だ。
患者側の立場。
わかるけどさ、でもさぁ…って思うことの、なんと多いこと。
お互いに「こう進めたい」と思い描くものが違いすぎる。
向こうは「病院としてのシステム」「決まり」だから、
個人の見解で言ってるわけじゃないから、
結局は「病院の言う通りに進められないのは患者側のワガママ」
と言うことになる。
去年の入院に引き続き、精神的に堪える入院です…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。