ゆかりんだの日記♪

コメント頂けるととっても嬉しいです。よろしくお願いしますm(_ _)m       《「あっくんの日記」は青色の文字で、「家」に関してはピンク色の文字で書いています。》  ※お知らせ※ 皆さんからいただく「コメント」は「承認後表示」となっています。
2008年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2009年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年12月
ARCHIVE ≫ 2008年12月
      

≪ 前月 |  2008年12月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

皆様よいお年を

昨日は6年ぶりの再会と初対面を果たし!
美味しく楽しい時間を過ごしました。
相変わらず喋りまくりの私…
お土産もいただいてしまい(*^o^*)
北海道に帰ってから、懐かしみながら食べようと思います♪
Yさん、Rちゃん、ありがとうございました\(^ー^)/

あっくんはお父さんと二人でUSJに行き、めちゃくちゃ混んでたらしいけど、
怪獣に食べられそうになったり(あっくん談)楽しかったようです。
夕食は家ではとても食べられない高級肉の焼き肉を食べました。
実家サマサマです(⌒~⌒)

今日はこれから伊達巻きをつくります。私にはこれしかできないので。


今年は13年ぶりの嬉しいデキゴトがあって、
心も体も生き生きしたように思います。
来年は(既に)もうすぐ一年生の気分が強まるけど、
残り少ない幼稚園生活、『年長さん』を思う存分楽しみたいと思います。
母のことが少し気がかりだけど…自分にどうしようもない部分は
受け止めていくしかないし。
娘の視点と、看護婦だった知識と、冷静に判断していくしかないと。
ま、なんとかなるさ。
↑B型ですから、私(笑)


今年も大変お世話になりました。
楽しませていただき、元気付けていただき、色々教えていただき、考えさせていただき、
本当にありがとうございました。
また来年も、どうぞよろしくお願いします。
皆様、よいお年をお迎えくださいm(_ _)m
スポンサーサイト

実家到着

yamamoto.jpg
結局、小樽→舞鶴のフェリーに変更し、
それも出航がどんどん遅れて27日21時になり、
28日のお昼くらいまではもの凄い揺れと闘って、
トイレも必死、酔い止めを飲んだらそれも吐いてしまって
ただひたすら寝て凌いでいました。
29日1:20にやっと下船。そこから車を飛ばして実家に帰りました。
あっくんとも再会を果たしました。
早速今日はランドセルを買いに行ってきました。
奈良のランドセル屋さん、『鞄工房 山本』さんです。
私が予定していたものより高いものになってしまいましたが…
あっくんが選んだので、許してもらおう!
明日はお友達とランチです!わーい\(^ー^)/

酷い天気(>_<)

20081226110856.jpg

hana.jpg

写真は昨日の千歳空港にて、生キャラメルのクリスマスツリー。
それと、生キャラメルカフェのセット、1470円也。
このセットを食べて、生キャラメルを買う権利を得られ、
クリスマス限定の5個セット(ノーマル、いちご、チョコ、抹茶、ホワイト)を買いました。
美味しかったけど…やっぱりノーマルが一番美味しいわ(⌒~⌒)
そして…高すぎだよ(-.-;)
キャラメル一粒70円以上するって、どうなの。ふぅ…

そして今日。吹雪です。大荒れです。
フェリー出航できるんでしょうか。
でも私は出航しないほうが嬉しかったり。
出航できたとしても酷い目に遭うよ。ゲロゲロだ(T_T)
いっそ欠航してくれれば…と願っています。


搭乗

20081225095231

あっくん一人旅出発!
行ってらっしゃーい!!



サンタ来ました

あっくんのところに今朝サンタが来たんだよ!
フィンランドのコルバトントリから、本当は25日の朝に来ると思ってたのに、
今日の朝モミの木の下を見たらプレゼントがあったんだよ!
サンタさんからのお手紙に
「あっくんが25日おじいちゃんのうちに行くと聞いたので、
少し早くプレゼントをもってきました」と書いてあったの。
きっと、小人がサンタさんへのお手紙を見に来た時、
お手紙と一緒にカレンダーも見て行ったんだね…。
だからおじいちゃんのうちに行くこと、知ってたんだ。
サンタさんの字、上手な字だったよ。
サンタさんはギラティナのどっちがオリジンでどっちがアナザーか
知らなかったから、どっちも入れてくれたみたいなんだ。
それに、どうぶつの森もくれた!
「たいせつに遊んでね」って書いてあったから、大事にするんだ。

サンタさん、ありがとう~!


テレビ塔

20081223113621
丸井さんのレストランから見たテレビ塔。
ここでお子様ランチを食べるのが夢だったなぁ。
電光掲示板の時計の下は『National』だった気がするけど。
いつのまに!?

ただ今『東豊線スタンプラリー』中です。
クリスマス目前にして、街は白くなりました。

冬休み

今日から幼稚園も冬休みに入りました。
昨日は終業式で午前中に幼稚園が終わったので、
仲のよいお友達と集まってクリスマスパーティーをしました。
子供はかくれんぼをしたりゲームをしたりして遊び、
ママ達はいっぱいお喋りをして…楽しかったです♪
(ペンネのトマトソース味、ごちそうさまでした!)

お友達のうちから帰ってきてから、ふいに思い立ち、
伊達巻きの試作をしました。
お正月に向けての練習…。上手にできましたv
伊達巻き大好き♪なので、意味もなくまた練習しようかな( ̄∇ ̄*)ゞ

今日は私のいとこが先月女の子を産んだので、
お祝いを持って遊びに行ってきました。
生まれたての赤ちゃんはいつ見ても可愛いぃぃ~♪
ちっちゃくて軽くてふにゃふにゃで。
オメメぱっちりで美人サンでした。
私と妹一緒に行ってきたんだけど、
その間近所の母のお友達が実家に集まって母を見てくれていました。
うちの近所は、家族同然の付き合いをしてくれるので、、本当に助かっています。
私たちが子供の頃から…お母さんやお父さんが何人もいるような、
そしてみんなが兄弟のような、そんな一角でした。うちの周りは。

明日は…ぼちぼち重い腰を上げて、年賀状の準備でもしようかな(笑
印刷だけして、帰省のフェリーの中で宛名を書こうかと思案中。
消印が敦賀とか!大阪とか!不思議な年賀状が届くかもしれません>皆様


昨日、新聞のお悔やみ広告に、私が初めて就職した時の
看護婦長さんと思われる方の名前がありました。
苗字は間違いないのだけど、下の名前が…ちょっと自信ないのですが、
年の頃も合っていると思うし、たぶん…そうだと思います。
(もし違ったらこんな失礼なことはないのだけど!ごめんなさいっ!)
他の病棟の婦長さんと比べて、年配だった婦長さん。
スタッフと一緒になって細かな業務をこなすというタイプではなく、
どっしりと「婦長・然」とされている方でした。
忙しい時に戦力になるというわけでは決してありませんでしたが、
いざというときスタッフの見方になってくれる、守ってくれる、
大きな安心感を感じられる婦長さんでした。
職場を変わる度に色々な婦長さんの下で働きましたが、
私の中の「ザ・婦長さん」は、この「最初の婦長さん」です。
私が就職したとき、一緒に新人として入ったのは(私を含め)3人だったのですが、
私が一番仕事ができなくて、たぶん「自信ないオーラ」が出まくっていて、
婦長さんと面談の時、
「あなたが山口さん(病棟で一番年上の、キャリアがある看護婦さん)と
同じだけ仕事ができるとは思ってないし、それは仕方がないことだけど、
患者さんにとってはあなたも山口さんも同じ《看護婦さん》なのよ。
患者さんには同じ安心感を与えないといけないのよ」と言われた言葉。
学生じゃなく「プロ」として、「働いてる」ということを痛感した、
身にしみた言葉でした。自分がいかに甘えてたか。
婦長さんの下で働いたのはもう20年近くも前のことですが、
あの暖かくて厳しい愛情を、今でも思い出します。
一緒に働かせていただき、ありがとうございました。
たくさんの学びを、思い出を、ありがとうございました。
本当に、ありがとうございました。

メガネ買いました

HI3E0019.jpg
気分転換にメガネを新調してみました。
上が今までかけてたメガネ。下が今日買ってきたメガネです。
今までのは、アイフォリクスっていう、軽くて柔らかいメガネでした
(お値段もちょっぴり高かった)。
あっくんが小さかったとき、メガネをむしり取られたり、
頭突きを受けたり体当たりされたりして、メガネが曲がったり
鼻の付け根が出血したり(!)したので、このメガネにしました。
でも、そういう時期も過ぎ、ちょっと新しいメガネが欲しいなぁ~と
思ったので…今日、衝動買い的に、買ってきました。
上だけフレームのある、ナイロールフレームというやつです。
レンズもちょっと小さくなって、オシャレな感じ。
前のはグルリと赤いフレームだったけど、今回は肌に馴染むオレンジ。

この次つくる時は…もしかして遠近両用かしら!?(/(エ)\)キャーー!


12月半ば

12月も残り半分。
今週末は幼稚園の終業式、そして冬休み。
来週はクリスマス、25日にはいよいよあっくん一人で飛行機。
その次の日はフェリーで私とつっちゃんも帰省する。
10日後には敦賀へ向かうフェリーの中…。
あっという間にお正月、という気がする。

今回の帰省は往復フェリー(あっくんは違うけど)なので、
実質実家には6日間の滞在。…それでも長い?かな?

北海道から関西の実家へ帰るために準備するもの。
★ 使い捨てカイロ。
★ 普段着ない厚手のセーター。
★ 普段着ないババシャツ。
★ 厚手のハイソックス。
★ あっくんにも、長袖のシャツ。

しつこいけど、
北海道から関西の実家へ帰るために準備するもの、だから。
関西から北海道へじゃないからね。
全て、家の中で必要なものです。
さすがに外は暖かいです。10度以上あるんだし。
夜だって氷点下にならないんだし。昼間はお日様が照ってポカポカしてる。
ところが、家の中の寒いことと言ったら。
新婚の頃は、「北海道から本州の家に行くと寒いよ~」と言われても、
そうは言っても絶対的に気温が高いんだから!大丈夫でしょとタカを括ってたけど、
ほんっとに寒いんだ。手足冷た~くなる。
年々重装備になっていく気がする。
自分が年をとっていってるというのもあり、やせ我慢をしなくなったというのもあり。
北海道ではなったことがないのに、実家で生まれて初めてシモヤケになって。
それを内科の主治医に言ったら、「それはレイノーですよ」と言われた。
普通のシモヤケにさせてよ、なんでも病気絡みはイヤだよ(`ε´)
実は既に足の裏の指の付け根あたりがシモヤケ様に痛いし。
これは…実家で悪化の予感…。
使い捨てカイロ、買ってこなきゃ。

誕生日

先週は、つっちゃんの誕生日と、あっくんの誕生日がありました。
つっちゃんの誕生日は特記することもないので、省略(笑
あっくんの誕生日は、というと…

あっくんの誕生日は毎年なにかしらアクシデントがある。
そもそも、あっくんの誕生が「予定日より1か月も早く自宅で破水」という
アクシデントで始まってるんだし。
その後の、巡ってくる誕生日も、ウィルス性の胃腸炎で死ぬかと思うくらい吐いたり、
目ヤニで目が開かなくなって当番病院に駆け込んだり、
なにか「穏やかに、スムーズに」いかない、あっくんの誕生日。
今年はというと。体は元気で何事もなかったのですが。
誕生日前日、とんでもないことに。

「お母さんをゴミ箱に捨てたい」発言。

もう、「 ☆ あっくん語録 ☆ 」とか、言ってる場合じゃない。
生まれてから6年間の愛情を全否定されたような、激震でした。

誕生日前日、ミスドが100円セールだったので、
あっくんとおやつを買いに行ってきました。
あっくんの大好きなDポップがあと5分でできるというので、待っていました。
2人で座って待っている間、何の前触れもなく、普通の会話のように、
あっくんが話し出し。

「あっくん、お母さんをゴミ箱に捨てたいんだけど、
でも、そしたら、お父さんはお仕事もあるから
ご飯つくるの大変だし、
だから、お母さん捨てないんだ」


…はぁ?  …なに言ってるの?
最初なにを言ってるのか理解できなかった。あまりに唐突で。

「あっくん、お母さんをゴミ箱に捨てたいの?」
「…うん」

とりあえずその場は、なにか悪いことをした時のようにあっくんを叱って、
Dポップもできあがったのでミスドを出て。
でも…叱るとか、躾けるということとは違うぞ…
捨てたい…?お母さんを捨てたい…??しかもゴミ箱…??

「お母さん、しばらくあっくんとお話ししたくないから」

そう言って冷戦勃発。
ご飯を食べる時も無言。お風呂も「一緒に入りたくない」と拒否。
もちろん添い寝も拒否。
こっちはずっとテンション高くイライラムカムカしてるのに、
あっくんはというと、時々ベソをかいたり「困ったなぁ~どうしよう…」と
オロオロしたりするけど、
意外と本を読んで笑ったり、冷戦中を忘れるのか?という行動があったり。
子供って、そういう感情が持続しないのね。

そのまま、あっくんの誕生日当日。
朝も無言のまま。でも幼稚園バスには1人で行かすこともできないので、
仕方なく連れて行く。
あっくんが幼稚園に行ってる間も私はずっとムカムカしっぱなし。
幼稚園から帰ってきて、その日は体操教室。
「お母さんあっくんのこと連れて行きたくないから、1人で行きなよ」と。
「ゴミ箱に捨てたいと思ってる人と、一緒にいたくないよ」と、
思わずぶちまけてしまう。
あっくんも泣き出して「間違ったの、ごめんなさい」と言うけど、
「でも、そう思ってるからそう言ったんでしょ?」と言うと「…うん」と。
「うん」と言っちゃうところがまだまだ子供。
大人なら絶対に「思ってないよ」って言うよね。思ってても(笑
「あっくんがいくら間違って言ったと言っても、
一度言ってしまったものは消えないの。
お母さんは忘れることはできないの!」…こっちだって泣きそうだったよ。
「仕方ないから連れてくから」と言って、体操教室へ。
(今、体操教室ではスケートをやっています)

あっくんがスケートをしている間の1時間、考えていた。
この状態をずっと続けることはできない。
精神的にも無理。物理的にも、ずっと口をきかないとかも、無理。
もうあっくんのこと嫌いと言って出て行くわけにもいかない。
あっくんを家から出すこともできない。
和解するために、あっくんが言葉巧みに私に謝罪することも、そんな知恵はない。
結局、私が折れるしか、方法はない。
私が折れる。つまり、忘れるしか、ない。
私が傷ついて私が爆発して始まって、終わる時も私が許して終わり?
発端のあっくんは「自分が発端だ」って自覚あるんだろうか。

体操教室から家に帰って。

「どうしてお母さんをゴミ箱に捨てたいと思ったの?」
「怒ってばかりいるなと思うから」
「じゃあ、もう怒らないから、DSも好きなだけやってもいいし、
お菓子も好きな時に好きなだけ食べてもいいし、
なんでも好きなようにしなさい、勝手にすれば」
「イヤだ、そんなのイヤだよ~」
「だって、お母さん怒らない方がいいんでしょ、
勝手にすればいいんだから、怒られなくていいでしょ」
「ダメ、それはダメ」
「お母さんが怒るのは、あっくんがDSで目が痛くなったり、
お菓子で虫歯になったり、あっくんが困ったことにならないように
あっくんのことが大事だから怒るんでしょ、
あっくんが可愛くなくて、どうでもよかったらなんにも怒らないんだよ」
「そうだね…」

お母さんはとっても悲しかったし、とっても嫌な気持ちになったけど、
あっくんのことを嫌いになりたくないから、今回のことは
聞かなかったことにするから、
あっくんも、間違ったことでも一度言ってしまったことは
消えないということをよく覚えておいてね。と、話して、終わらせた。

長い長い、24時間だった。

そして今日。
ちょっと遅くなったけど、あっくんの誕生日パーティー。
ハーフダイムにお昼を食べに行きました。
お店の人にハッピーバースデーを歌ってもらって、写真を撮ってもらって。
UFOのお子様ランチを食べて。
お父さんからはポケモンのボードゲームをもらって。

なんだか危なっかしい船出ですが、6歳、発進です。

HI3E0014.jpg


いたたまれない時間

今日の午前中、ダスキンさんに来ていただき、お掃除してもらいました。
4人来て、2時間半弱で終了しました。
私はなにもすることがなく…ものの移動すら、なにも。
全部終わって点検して。
当然のことながら、ピカピカです。
お風呂も台所も水滴ひとつなく、ホテルのよう。
トイレットペーパーが三角になっていました
やっぱり、一番時間がかかっていたのは浴室でした。
レンジフードはそんなに汚れてなかったと言っていました(お世辞?)。
2年10ヶ月分の汚れなので…そんなもんか。
お掃除中は、妹と冗談で「セレブの奥様みたいに、お茶でも飲んでるか?」と
喋ってたけど、当然そんなこともできず。
テレビを観てるのも申し訳ないと思うし。
かといって手伝うわけにもいかず。
おもむろに他の場所の掃除を始めるのもどうかと思ったり。
「プロのお掃除」はどんなふうにするのか見てみたかったけど、
やってるところをジーッと見てるのも、なんだか悪いかと思ったり。
カーテンを外して近くのコインランドリーで洗ってきたけど、
そんなの1時間弱で終わっちゃったし。
とても居心地の悪い時間でした…。
別にボランティアでやってもらってるわけではなく、
その分のお金を払ってしてもらうのだから、全然堂々としていても
いいのだとは思うけど。お茶飲んでたって、テレビ観てたっていいんだろうけど。
座っててもお尻がモゾモゾする感じでずっと過ごしていました。
お帰りになる時に「汚いお仕事をさせてしまって申し訳ないので…」と、
ペットボトル4本と家にあったお菓子(クッキー)を
持って帰ってもらいました。私の気が休まらないので。
そんなに申し訳ながるんだったら自分でやればいいのよね。
本当にそう思います…
来年はどうしよう…レンジフードだけ頼むかな(結局頼むのかいっ

スープカレー

20081206152537
サタデーテーリングでサッポロビール博物館にきています。
ジェラードを食べたのですが…なんとスープカレー味!
あっくんは生キャラメル味、従姉のナッチは濃厚バニラ味。
スープカレー味…びっくり。
お味はというと、辛くはない。でもスパイシー。
溶かして温めてもスープカレーにはならないでしょう。
美味しかったけど、他の味にしとけばよかったかな?( ̄∀ ̄)

じゃがポックルが普通に箱積みになって売られていて、
これまたびっくり!
大喜びで二箱買っちゃいました。

お弁当箱

HI3E0004.jpg
私のお弁当箱です。
私が幼稚園児のときのお弁当箱。つまり35年以上前のもの。
ずっと実家にあって、残ったおかずとか漬け物とかを入れられて、
タッパとして使われていたが、いい加減古くて汚くなったので
処分されるところを、私が拾ってきた。
そんなぁ~!私のお弁当箱ぉ~!
とても懐かしいタッチの絵だよね。今だって十分かわいい。
右下に小さく筆記体で「harumi」と書いてあります。
この絵を描いた人は有名な人なのかしら…?どうなんだろ。

このお弁当箱を持って私が通った幼稚園に、今あっくんが通っている。
あっくんに「これで今度お弁当持っていく?」と聞いたら、
「やだ~これ女の子のでしょ」と。 そりゃそうか。
このお弁当箱に、もう1回通園させてあげたかったのにな。

英語参観

今日は幼稚園の英語参観でした。
内容はたいしたことない…去年も一昨年も、英語はそんなに期待してない(え?)。
抵抗感をもたず、英語に触れることができてればいいのかな~と思う。
そういうことを目的としてるんだろうし。
英語を習得することは二の次なんだろうと思う、幼稚園では。
それよりも、あっくんの落ち着きのなさ!
お友達と突っつきあいをしたり、ふらふらクニャクニャ、体を揺すったり。
もーーーー(●`ε´●) 先生が話してる時はちゃんと聞け!
あれって参観でママ達がいるからなんだろうか、普段はどうなんだろ。
参観でおだってるだけならまだいいけど、
あんなじゃ小学校行って40分(だよね?)座ってられないよ。
不安だなぁ…子供って、あんなもんなのかなぁ…。「年長」なのに。


そして、
もう1週間前のことになりますが(笑)就学時検診に行ってきました。
私自身が通った小学校。西玄関なくなってるし。
西玄関の横のトイレもなくなってるし。図書室の場所変わってるし。
でも、相変わらず便所(だってトイレって書いてないんだもん、「便所」って!)は
暗い、くさい、古い。
あんなトイレ、子供泣いちゃうんじゃないか!?っていうくらい、陰気。
過保護でもなんでもなく、あれは改良するべきと思うわ。
私だってあんなトイレで用足したくないわ。いや、ほんと。
で、検診はと言うと…
歯を診て、内科的なことを診て、そのあと視力検査。
そして知能検査(のようなこと)。
名前を言って、鼻とか口とか耳とか触らせて、絵に描いてるものの名前を言わせて、
菱形描かせて、右手指と左手指あわせて何本?をやって、片足立ちとジャンプ。
数字の復唱と、「男の子ですか?女の子ですか?」っていう質問もあった。
幼稚園に比べれば当然絵を貼ったり飾り付けたり「可愛らしい感じ」は
なくなって当然とは思うけど、つくづくトイレが衝撃的!でした。
これほど時代は変わってるのに、トイレだけが30年以上前に
タイムスリップしてる…遺産のようでした。

12月

既に2日ですがw

仕事をしてない主婦でも、12月ってなんだか慌ただしい。
うちは3人家族のうち2人が12月生まれなので、
(でも合同でやっちゃうけど)
一応お誕生祝いのケーキとか食べちゃうし、
当然クリスマスはあるし、年末の帰省はあるし。
幼稚園の行事も、何故だか参観日が2回あって、
(すくすく参観と英語参観。主旨は違うんだけどね)
あっくんのお誕生月なので幼稚園の誕生会も行かなきゃならないし、
それらが冬休み前の20日間(土日休みだから正味15日間)の間に
ひしめいている。
普通に母の通院やあっくんの体育教室も当然あるし。
そして年末といえば大掃除。

それが…

水回り、ダスキンさんにやってもらうことにしちゃいました。
(恥ずかしいので小声で)


専業主婦だろうよ。それって仕事放棄じゃん。

ちょっと「プロのお掃除」っていうのも体験してみたいと思ってサ。
レンジフード・台所と、浴室、トイレ2カ所で5万ちょっと。
やっぱり高いよね?お金のムダ遣いだよね?「自分でしろっ!」だよね?
でもシロウトではやらないような部分もやってくれるというし。
ちょっと今年は体験してみようと思って♪今年だけ。今年だけだからぁ~!


ごめんなさい~~~許してぇぇ~~!!

ちょっと早めだと少し割安だったので、来週やることになりました。
どうだったか報告しますね~



母が、秋くらいから微熱が続いていて、尿検査で尿が汚れてると結果が出て、
風邪をひいたりしてもそういうことがあるから、抗生剤を飲んだりして
様子を見ていたんだけど、ずっと続いているので、
泌尿器科を受診して調べてみたら、結局残尿が多くて菌がついているということで。
1日3回、排尿後の導尿が必要になってしまった。
導尿はできるだけセルフで指導するんだけど、母は脳梗塞とパーキンソンがあるので
手が上手く使えず、そういうハンデがなくても慣れるまでは難儀するものなのに、
当たり前と言うか予想通りと言うか、自分ではなかなかできず。
結局1日3回私が実家に通って取っている。
こんなときにちょっとでも力にならなくちゃ、看護学校に行かせてもらった値ないよね。
お正月に1週間の帰省で私がいないので、
それまでに自分でできるようになってほしいんだけど。
母は、また病気が増えて手がかかることが増えて、ずっしりと落ち込んでいる。
母じゃなくても、私でも、こんな状態だったら
「どうして これでもか! というくらい酷い目に遭うのか…」という気分にはなるかも。
一緒に泣いてるわけにもいかないので、
相変わらずの辛口で励まして(?)るけど。
明日はCT。腫瘍マーカーの経過観察。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。