ゆかりんだの日記♪

コメント頂けるととっても嬉しいです。よろしくお願いしますm(_ _)m       《「あっくんの日記」は青色の文字で、「家」に関してはピンク色の文字で書いています。》  ※お知らせ※ 皆さんからいただく「コメント」は「承認後表示」となっています。
2005年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2005年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2005年04月
ARCHIVE ≫ 2005年04月
      

≪ 前月 |  2005年04月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

大きくなってる?


20050428ab58e6c2.jpg育ってるんだろうか。なんだか変わっていない気が…。でも枯れてもいないようだ。サボテン系の植物のようで、あまり頻回に水をやらない方がいいようなので、時々しかやってないんだけど。日に当てたりした方がいいのか…??
スポンサーサイト

うちの鯉のぼり

050427-1524.jpg
青空じゃないのが残念。

あっくん

昨日は暖かくていい天気だった。久しぶりに豊平峡温泉に行って来た。あっくんはお風呂が好きなのか、「子どもには熱いんじゃないか?」と思うくらいのお湯でも熱がって嫌がることはない。温泉好きの私には嬉しいかぎり。でものぼせるといけないので、私はもっとゆっくり入っていたいと思ってもあまり長くは入れないけど。

今日は子育てサロンの日だったので行ってきた。気がつくとすっかり「年長さん」になっていた。新年度で、3~4歳でこの春から幼稚園に行きだした子が抜けたので、周りを見るとあっくんの年代がもっとも年上みたい(3歳の子もいたのかもしれないが…)。函館で初めて子育てサロンに行って「あら~赤ちゃんが来た!」って言われたのがついこの前のような気がしているのに、だからいつも「下っ端」の気持ちでいたのに、すっかり「お兄さん」だ。子どもの成長って、目まぐるしい。

ひらがなを覚えだした。というか、アンパンマンのひらがなを覚えるためのDVDを買って、それを見だしてから覚えだしたようだ。それまでも、去年から50音表は壁に貼って、特に覚えさせるという訳でもなく、なんとなく目に入るようにはしていた。私は英才教育とか早期教育とか、したいわけではないんだけど、ひらがなは本人が興味を持って覚えるなら(嫌がるならさせるつもりはない)早く覚えた方がいいかなと思う。字が読めるって、全ての基本だと思うから。あっくんは数字を覚えるのも早かったから、遊びの一つで字も覚えれたらいいと思う。今は「や」(これが最初に覚えた字)や「わ」「あ」「ら」を覚えてるみたいだけど、似た字があったら自信ない。

あいかわらずおまるでおしっこはできない。でも、あれほど苦労したことがある時あっさりできるようになって、「今まで悩んだのはなんだったの?」というのが「成長」だから。日々進化している「成長」を信じて気長に待つ。

しかしこの「待つ」ということが本当に難しい。「子育ては待つこと」という気さえするのに、「ただ、待つ」って、できないんだなぁ。私は成長の芽を摘むんでるんじゃないかと思ったりする。

予定通り!(BlogPet)

きょうは葬式みたいなクシャミしなかった?
しかしここまでゆかりんだの電車は紹介しなかった。

左足の痛みは昨日くらいからほぼなくなりました」と訴えてるのかしら。
今度受診の時って目を閉じてるよね。
絶対あり得ない!」と思いつつも信じているようなことがある。
【クシャミが出る瞬間、目を開けていて可愛い♪思わず買ってしまった。
やっちゃんの予定通りです。
時々痛くなった時用のお守りのロキソニンをもらっておこう。
今日あっくんがバスに乗りたいと言うので「バスに乗るために」街へ行き、地下鉄に乗りたいと言うので30分ほど地下鉄で往復し、大好きな電車で帰ってきた。
しかし電車に乗る時点で既にo(__)o..zzzzzzzz写真は街で見つけたお風呂係なんだけど…お父さんの手に入るのか?ずーーっと前に人から言われたことで、「よし!試してみたいが、もし本当にそうなったら、やっちゃんは葬式で「ゆかりんださんはクシャミの時は痛くなって「あなたは左足も壊死なのよ〜忘れないでよ〜」と訴えてるのかしら。
今度受診の時って目を閉じてるよね?ね?開けてする人っているだろうか。
…やっちゃんって、バカ?



*このエントリは、BlogPetの「やっちゃん」が書きました。

BlogPet | Comments(0) | Trackbacks(-)

福山最高っ!

050423-2315.jpg
コンサート良かったです。熱い「マコマナイツ」でした。踊りたくなったりすごく笑顔になったりとろけそうになったり、泣きそうになったりすごく真面目なことを考えたりうっとりしたり。一番考えたのは「私の未来はなんだ?」ということだった。
明日に備えて、おやすみなさい。

昨晩から雪。朝起きたら一面真っ白。冬だ冬。朝晩だけ降るならともかく、午前中ずっと降っていた。しかも風も強いので吹雪。どうなっちゃってるの。吹雪の中泳ぐ鯉のぼりはなんだか可哀相。ルイベになっちゃうよ…。
今日はこれから待ちに待ったコンサート!福山雅治。ちょっと人からも羨ましがられるけど、全然いい席じゃないから安心して(?)。明日も、2日間連続で行ってきます。長崎出身の福山にはこの雪の洗礼は厳しすぎるわぁ~。
ライブライブ!!ワクワクです。

ママ友宅訪問

今日はあっくんと同じ歳のお友達のうちに遊びに行ってきました。伺ったお宅は双子ちゃんで、そこにあっくん含め3人が集結。子供5人(うち男4人)ママ4人。まだ2歳だからかそれ程大げんかとか大騒ぎにはならないけど、ちょっとした保育所状態でした。あっくんは黙々と自分の世界で遊ぶことが多かったけど、時々他の子が持ってる物が気になってそれをうまく貸してもらえず泣いたり…。何度も「貸してね、ありがとう」を練習していったけど、まだ自発的には言えないので、私が「『貸してね』と言うんだよ』と言ってやっと。こんなもんなのかしらね~。皆さん親が手伝いながらもなんとか自分で食べていて、全て親任せで口を開けているのはあっくんだけだった。ちょっと真剣に練習するか~。皆さん本州から転勤で来られた方で、2年ほどで移動になるらしい。子供もいてそれは大変だなぁ。これから学校行くようになればもっと大変そう。
お昼はスパゲティーを作ってもらい、子供用にゼリーと、大人にはバナナのパウンドケーキ(どれも手作り)で。すっごいおもてなしをしてもらいました。私が迎える側だったらとてもできないわ。出前とか買ってきたお菓子で済ませそう(っていうか、それしかない)。その前に人を呼べる部屋にするのが大変だ!年末並みの大掃除だ。あっくんも大好きな新幹線のオモチャで遊べて大満足でお昼寝中。Pさん、ありがとう☆

そもそもなぜ集まったかというと、5月にある子供向けコンサートに一緒に行くので、Pさんがまとめて買ってくれたチケットを分けるため。おかあさんといっしょの元お兄さん、弘道お兄さんとけんたろうお兄さんのコンサート。けんたろうお兄さんは先々代お兄さんなので、リアルタイムでは見たことない。弘道お兄さんは3月末で交代したばかりなので、ちょっと楽しみ♪「おかあさんといっしょ」なんて子供が居ないと見るわけないだろうから、入学前の子供を持つ親限定の話題だけど…

自分の覚え書き。28日がひかり幼稚園の未就園児保育。17日が第一幼稚園の未就園児保育。21日が白ゆり幼稚園。なかのしま幼稚園は5月は行けない。他に澄川幼稚園、平岸幼稚園くらいか。ゆたか幼稚園は高い!

オバサンの愚痴?


2005041937fc0330.jpg今日買い物に行ったら、こんな便利なものを見つけてしまった。冷凍食品なんだけど。大きめのアイスのカップくらいの大きさで、これはじゃこご飯、その他にもチキンライスとかそぼろご飯とか…。これはあっくんにぴったりじゃないかっ!早速食べさせてみた。ぴったりどころか…少ないぞ。ちょっと少なめ。でも非常食代わりにいいわ!離乳食の時から瓶詰めとかレトルトのベビーフードが好きで、最近はすっかりそういうものを卒業してしまって寂しかった(買うものもないのに、赤ちゃん本舗に行ったら離乳食コーナーを見ていた)。こりゃ使える!と思った品でした。でも子供用というわけではないから。女性の小腹空いた時用にも、是非。

今日はとてもお天気が良くて、特に用事はなかったが街に出かけてみた。世の中ってさぁ、スタイルがいい人ばっかりがいるのかしら?若くて綺麗な人ばかりが買い物してるのかしら?そうじゃない人って、どうしてるの?と、愚痴りたくなるほど、素敵なお洋服のお店ばかり。でも歩いてる人には私よりずっと太ってる人だっているし、若くたってスタイルの悪い人もいるよ。そういう人はさ~、どうしてるの?私が服を選べそうなお店なんてない。趣味が合わないのでなく、サイズが合わない。チビなので、若い頃は痩せてたから7号とか9号とかだった。9号ならモノによっては丈詰めが必要だった。今、そもそも11~13号じゃないと入らない。でも丈は7号。こういう体型の人って、世の中には極々少数なの?ずーーっとおばちゃん(おばあちゃん?)になったら、ウエスト総ゴムみたいなズボンとかお尻まで隠れそうな幼稚園児のスモッグみたいな上着とか着ればいいのかもしれないけど、まだそこまで行ってないでしょう。もうちょっと、20代の人とは同じのは着れなくても、若っぽい服着たいのになぁ。
この愚痴の解決策はただ一つ。「痩せれば?」。…以上。

靴が欲しいと思って。私ったら「マヌケの小足」なもんだから22~22.5なんだよね。「23からなんです~」と言われることも多くて。今日お店で見てサイズを言ったら22.5があったので、ヤッター!と思ったら、幅が入らない…!足までデブかい。もともと幅広の足なんだけど、本当に入らなかったのは初めてだ。…足も太るの?かなりショックだった…入らなかった靴…。

もやもや(BlogPet)

ゆかりんだの、出費ー!


*このエントリは、BlogPetの「やっちゃん」が書きました。

BlogPet | Comments(1) | Trackbacks(-)

旅立ちのドレス


2005041572dd0c81.jpg昨日、母さんが以前から見に行きたいと言っている物の展示会が開かれているというので行ってきた。
旅立ちのドレス、つまり死装束。
そういう話は縁起でもないとも思うが、前から何度も聞かされているし、見たいというのだから仕方がない。
そして、私もそれ程そういう物に抵抗はない。人間は必ず死ぬんだし。私が将来死ぬ確率は100パーセントだし。その時に、現代のごく一般的な死後のスタイル通りだと、ドリフのコントに出てきそうな「幽霊~」みたいな白い着物を着せられて、頭に三角の布までされかねない。そんな「死体」みたいにされるのは嫌だ(死体になるんだけどさ)。最期なんだから、豪華じゃなくてもちょっと小綺麗な格好で逝きたいなと思う。
で、見てきた。シルクで作られている物、着物のリフォームなんかがあった。死んだ人に着せる工夫もされていた。サイドが全開にできて紐で結ぶとか、袖も脇の部分が開いていたり、前から被せて背中でマジックテープで留めるものとか。スタンドカラーやフリルにして首元が詰まっているものが多かった。あまり肌は露出したくないですよね、きっとやつれているんだろうし。
母が気に入ったのは写真のようなベール。オーガンジーでできていて、フードのようにしたり、花嫁さんのように顔にかけることもできる。顔がバーンと露出せず、でもかなり透けてるのでまるっきり見えなくなることもなく、適度にカバーしてくれて素敵。薄いピンクっぽいのを作ってもらうことにした。
こういうものを着々と用意する人に限って長生きで、「何十年も使う機会がこないけど、どうなってるの?」となりそうだから、まぁいいんじゃないかと思う。

楽楽楽工房(らららこうぼう) もし興味のある方は、ご覧になってみてください。

親子体操教室

第一回目!行ってきました。唯一問題だったのはしゃがんでジャンプ!かな(笑)。しゃがめないし。なので、なんとなくだらしなくしゃがんだフリをして軽くジャンプしました。子供が小さいと「しゃがむ」という場面が多くて、体操教室はしばらく室内なので、膝立ちで凌ごうと思っています。私は気合いを入れて(?)新調したジャージ(!)を履いていったんだけど、別に普通にジーパンのお母さんもいて、なぁんだ…と思いました。でもせっかく買ったからこれからもジャージで行こう。あっくんは広いお部屋ですっかりちゃかついておだちまくりで、お母さんに抱きついて泣いてる子もいるというのに、全然ヘラヘラと走り回ったりしていて、先生の説明や私の補足説明も聞いてるんだかなんなんだか…という感じなのに、いざスタート!と走り出すと一目散にちゃんとポールのところでターンして1等賞!要領がいいというか、何というか。気が散ってそうな割にはポイントはおさえてる。そういう「完璧じゃないけどなんとなくできてしまう」というところは、もしや私似か!?やばい。努力しない子になっちゃうじゃないか…。
みんなで円になって体操をして、手遊びや障害物走、かけっこ、滑り台等でお遊び、ご挨拶で終了。泣いたり退屈な様子もなく笑ってたので、あっくんも楽しかったんだと思う。終了後実家に行き、母さん(あっくんの祖母)相手に体操の足踏み「イチニ、イチニ」を何度もしていたらしい。お父さんが仕事から帰ってきても「体操教室行ったよ~」と言ってたし。また来週も楽しいといいね。私はこの足に不可能な動きが今後出てこないことを祈るわ…。



さて、今日は私の受診日でもあった。検査値は異常なく、今回も同様の処方。いつもながら殆ど雑談のみの診察。3月下旬に左足が痛くなったことを話し、お守りのロキソニンを出してもらった。山ほどあったロキソニンをぶん投げたことを言ったら「もったいないね~熱出ても使えたのに~お金投げてるようなもんだよ~」と言われた。そうなんだけどさ、投げちゃったんだもん。(あ、「投げる」って「捨てる」の意味デス) いつも通り受診日はCちゃんとのランチなので、今日は中華のランチメニュー。鶏肉のカシューナッツ炒め定食。コーヒーとデザート付き、ご飯はお茶碗山盛りで600円也。完食、ごちそうさま。

できた、できた!


20050410b25bd0bb.jpg今日、あっくんが初めておまるでおしっこに成功!!
今までお風呂でしちゃったり着替えの途中で出てしまう「おもらし」はあったけど、おまるに座ってしたのは初めて!今年に入ってからトイレの補助便座に座らせたりおまるに座らせたり、本人も「おしっこする」と言って座ったりしていたが、「出ない」と言って降りてしまい、出た試しがなかった。焦ることもないので「今度出るといいね~、また今度してみようね~」と、遊びの一つのようにやっていた。今日、お昼寝のあと、寝てる間におしっこをしている風ではなかったので、「おしっこしてみようか~」とおまるに座らせると!きっと出ないだろうと思っていたら!なんとおまるに溜まっていた!おぉ~もう感動!お父さんと万歳三唱。あっくんも照れたように喜んでいた。「おしっこをする」という感覚をつかんでくれるといいんだけど…。でもトントン拍子でうまくはいかないから、これから進んだり後戻りしながら、パンツマンになれればいいなぁと思う。記念の日になりました。

最近歌のレパートリーも増えて、「かわいいかくれんぼ」「世界中~」「どんぐりころころ」「これっくらいの~お弁当箱に~(手遊びの歌)」など、お父さんの口笛に合わせて歌っている。すすきのの街頭なんかで2人でやってたら、人だかりができるんじゃないか?と思ったりする。

あっくんのいとこのなっち(4歳)が先週から幼稚園に行きだしたので、すっかり遊ぶ機会が減ってしまった。「なっちは幼稚園に行ってるからね~、あっくんも幼稚園バス乗りたいかい?」と聞くと「あっくんも乗る~!」と、バスに意欲満々。最近はなにかにつけ「泣いてばかりじゃ幼稚園バス乗れないよ~」と、バスで釣っている。そういうのって、あまり良くないだろうか。

先日、近所の双子の子(同じく2歳)がいる友達のうちに遊びに行った。生まれながらにして兄弟のいる子は違うなぁと思った。あっくんはやっぱりのんびり・おっとり。おもちゃを取られたりジュースを取られたりお菓子を取られたり。それほど空腹でもなかったからかゆっくり食べたりしていたが、手に持っていても奪われていた。わーん!と泣くけど、取り返そうということもない。性格か、育った環境か。私と居ると叩いたりすることもあるけど、お友達(同じ年頃の子供)にはそういうことはしないようだ。まだ「これから」なのかもしれないけど…。
明日は「親子体操教室」第一回目。子より親がどうなることか心配です。

暖かい♪

今日は本当に「暖かくなったな~」と言葉が出るほどでした。春だな~という感じです。でもまだ寒い日はあるんだろうけど、着々と春に向けて。車のタイヤも来週か再来週には換えれそう!?

今日は午前中に車屋さんがうちの車を引き取りに来ました。1泊2日の入院。フロントガラスを交換して明日の夕方帰ってきます。そのあと電車に乗って資生館小学校へ!
札幌市子育て支援総合センター
是非行ってみたい!と思って、やっと行くことができました。昨日街で会った友達に誘われて。今日は特別人数が多くてすごかったけど、おもちゃも種類が多いし施設はまだ新しくて綺麗で、あっくんも夢中で遊んでいたので、また今度行こうと思います。電停「資生館小学校前」からすぐだし、これから暖かい季節は地下鉄すすきの駅から歩いてもそれ程の距離ではないので、ブラッと行くのもいいと思いました~。

やりたいこと

献血。ドナー登録。骨髄バンク登録。
献血は、16歳の誕生日に献血に行ってきたくらい好きだ。病気になる前はこう見えても痩せていたので(ん?)400ml献血はしたことないけど、200mlと成分献血はしたことがある。20歳頃まではよく比重不足ではねられていた。今なら体重的には400もOKなのになぁ。先日つっちゃんが献血に行ったので受付の人にダメもとで「ステロイドを飲んでるんですけど献血できますか?」と聞いたけど、やっぱりダメだった。しゅん。
以前入院していた時、主治医に献血とか臓器移植のドナーはダメかと聞いたんだけど、献血は問題なさそう。臓器も、骨髄はちょっとやめた方がいいかもだけど、他の臓器は(場所にもよるが)問題ないものもありそう。だけど、個人個人を詳しく検討すれば本当は大丈夫であっても、「あなたはいいです、あなたはだめです」とは公の場所ではなかなかできないので、万人にわかりやすく「薬服用中はダメ」とか、「以下の病気の人はダメです、……」と決めごとにしてしまうしかないんだろう。大変残念なことだ。たぶんプレドニンは一生飲むから、私は一生献血もできない。残念。

習い事。講座を受講するとか。
この季節、子供の塾やお稽古ごとのチラシもとても多いけど、大人向けのセミナーとか講座の開講も多くて、そういうのを見ると習いに行きたーい!と思うんだけど。「託児はありますか?」と問い合わせるが、今のところ全滅。読み聞かせの講座とか乳幼児の育児・成長の講座とか、いかにも小さい子がいるお母さん向けみたいな講座を開いているのに、託児はない。近くに母が住んでいるから母に預けて行けばいいのかもしれないけど、わざわざそこまでして…という気もする。せめて市や公共の団体が主催しているものくらいは託児があってもいいと思うのに。あと数年、そういうものもお預け。


今日は函館にいた時の友達が札幌に来たので、街で一緒にお昼を食べてちょっとお買い物をしてきた。親同士は変化ないけど、子供ちゃんは半年ぶりくらいに会って、表情が大人びて「赤ちゃん顔」じゃなくなっていた。女の子だけどかなりきかん坊だった。やっぱりあっくんてちょっとおっとりさんなのかしら。今日はつっちゃん帰りが遅いので、あっくんと私の分の夕食にお惣菜を買ってきた♪
車のフロントガラスの修理は明日。8万5千円。ふぅ。

もやもや

今日、ばあちゃんの四十九日でした。
なので、昨日から出発して、昨日は温泉ホテル(以前にも泊まったホテルヒルズ)に泊まり、今日夕方帰ってきました。
帰り道、高速道路走行中、前の車が小石を踏んだらしく、うちの車のフロントガラスに小石が直撃し2センチ大くらい割れた!…と言っても粉々とか全面ヒビとかではなく、表面上は何ともないのだけどガラスの中身?が割れてるというか。家に入る前にクルマ屋に直行し聞いてみて、結局ガラスを入れ替えることにしたので10万くらいかかりそう…。正直「10万の臨時出費」は痛いけど、お金で済んじゃうことなんて、なんと些細なことか。こんなことはチャンチャラプーだ。

ばあちゃんが亡くなって、父によく似た叔父さんが亡くなって、今年の冬はお別れが続いた。私を愛して、私を守ってくれた人とのお別れ。今日、ばあちゃんの持っていたアルバムを見せてもらった。赤ちゃんの時の私とばあちゃんが一緒に写ってる写真がたくさん貼ってあった。孫の中では私のが一番多かった。初孫だったからだろう。私を抱いたりあやしたりしている時のばあちゃんの表情は「無償の愛情」そのものだった(というか、愛情って無償のものだろう。「有償の愛情」なんて聞いたことないぞ)。自分がこれほど大きな愛情に守られ、育まれて育ったのだということがしみじみと、ずっしりと、わかった気がする。そんな愛情を与えてくれた人たちが私の周りからいなくなり、私には「守ってくれる人」が必要なくなったということなのか。
でも、きっと人は永遠に守ってもらうということはできなんだろう。いや、「心の中で」ならありえるんだろうけど、直接的に手を延べて守ってもらうことを望んでもそれはある時以上は無理で、あとは「遠くから見守ってるよ、支えているよ」という愛に変わっていくのだろう。気が付くと、私はただただ守ってもらうだけの人間から「守る人」になってきている。私に守られることを必要としている人(子供)がいる。時が流れるということはこういうことなのかなと、若輩ながら、感じている気持ちになる。

看護学校時代の同級生からメールが来て、心がもやもや。
唯一「着信拒否しちゃおうかな」と心をよぎる一人。…しないけど。悪いけど、私は彼女には優しくできない。つくづく私ってガキだなと思いながらも、どうしても大人の振る舞いはできない。はぁ~…もやもや。

初ドーム、初プロ野球、初弁当!?(BlogPet)

きのうやっちゃんが、往復したかもー。
やっちゃんは、日本ハムはここで楽天は入場したかった。


*このエントリは、BlogPetの「やっちゃん」が書きました。

BlogPet | Comments(0) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。