ゆかりんだの日記♪

コメント頂けるととっても嬉しいです。よろしくお願いしますm(_ _)m       《「あっくんの日記」は青色の文字で、「家」に関してはピンク色の文字で書いています。》  ※お知らせ※ 皆さんからいただく「コメント」は「承認後表示」となっています。
2005年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2005年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2005年02月
ARCHIVE ≫ 2005年02月
      

≪ 前月 |  2005年02月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

また行ってきた!


umai
「全国うまいもの大会」(笑)。今日は開店5分後くらいに到着した。平日、しかも月曜だし、今回は万全!と思って行ったのだが、1番人気のメンチカツは既に長蛇(お昼~午後に比べればそうでもないのかもしれないが)の列。30分待ちだった。いろは堂のおやきは3~4人いただけでスムーズにゲット。しかもかぼちゃはできたてでホカホカだった。メンチカツは西日暮里の北島商店で、あの水泳の北島康介選手のおうちなんだそうだ。この2つだけなんとか買って、あっくんの我慢も限界だったので早々に退散。銀行などの用事も済ませて11時半頃うちに到着した。お昼におやきを食べたが、おいしかったぁ~!前回のものよりやっぱり美味しかった。前のは普通のおまんじゅうっぽかったけど、今回のは皮も薄目でおまんじゅうとは違う。普通のおまんじゅうなら私はあんことかの甘めが好きだけど、おやきは野沢菜とか切り干し大根とかが美味しいわ!あっくんはカボチャを食べて「美味しいね」と言っていました。メンチカツも並んで買っただけのことはある(かな?)。自分で作ったときのように硬くないしタマネギと肉のバランスがいいというか、美味しかったです。
夕食は、昨日つっちゃんがお土産に買ってきてくれた牡蠣を、鍋で食べようと思ったら生きていたので、レモンをかけて生でツルッと食べました♪いや~久々に美味しかったです。買ってきた本人(つっちゃん)は牡蠣が嫌いで食べられず。20個以上はあったので、母と妹夫婦に分けて美味しくいただきました。確か牡蠣ってなんだか問題になっていたよね~?そんなの関係ないわ、気にしな~い。美味しかったからいいの~。

ちょっと独り言なんだけど。
右肺下葉の2センチほどの陰は昔のTBのものらしいけど、TBのもののまわりに新たな腫瘍が育つというか、そういうことってあるんだろうか。CA19-9が高値っていうのはあまりいい感じじゃないよね。CEAは高くないみたいなんだけど。でも発熱とか呼吸苦とか、排痰もないし、臨床所見はほとんどないんだよね。バイオプシーも難しい位置みたいだし、どうすんのかなぁ、今後。
私のことではないので、念のため。
スポンサーサイト

そろそろ85キロゴールしたかな?

つっちゃんは昨日から「湧別原野85キロクロカン大会」に行っていて留守。昨日は近くに宿泊し、今朝早朝起床、7時半スタートで85キロを走る。たぶん4時前後にゴールだと思う。今日は北海道の各地でこの冬1番の冷え込みだったから!きっとスタート時はマイナス20度くらいだったんじゃないだろうか…。今日夜中(今日中に帰ってこれるか、日付が明日になるか微妙な時間)に帰宅予定。明日は普通に仕事。ご苦労さん。

こうやってブログを書いていると、決まってあっくんがお昼寝から起きてくるので、ビクビクしながら書いています。

昨日は開店時間と同時に赤ちゃん本舗へ行き、安売りのオムツをゲット。妹のうちの分も一緒にゲット。あっくんLサイズはわかるが、妹の子はまだ6ヶ月にもならないのにLサイズデビュー。早すぎ。そのあとびっくりドンキーへいちごフェア目当てで行く。お父さんをバス乗り場へ送るのに1時間ほど時間が余ったので、デパートの「全国うまいもの市」へ行く。激混みで大変だったがお気に入りのものをなんとか買ってきた。…つもりだったが、ちょっと違っていた。まぁいいけど。
oyaki本当はいろは堂というところのおやきを買いたかったのだが、別のところで買っちゃった。でもいろは堂は長蛇の列だったので、あっくん連れてるし急いでいたので、どっちにしろ並べなかった。明日暇だから開店時間狙いで行ってみようかな。メンチカツも美味しそうだったんだよね~。「うまいもの市」って本当になんでも食べたくなっちゃって大変。「全国」なので北海道のうまいものも売ってるんだけど、全国的に有名な「森町のいかめし」なんかは、さすがに北海道では行列になったりしない。いろは堂じゃなかったけど、おやきは美味しかったよ。
お父さんを見送って、私とあっくんは実家へ行き、母さんも一緒に黎明薬湯へ行く。のんびり温泉に入って帰宅。昨日は実家に泊まった。
今朝は9時から行動開始…と思ったら、薬を持ってくるのを忘れて私の家へ一旦戻る。何のために泊まったのか、全く意味なし。薬を飲んで、気を取り直して行動開始。ばあちゃんがお世話になった病院へ、ばあちゃんの実家の町名産の羊羹を持参して行く。同じ道のりで同じ様子の病院へ行くのに、ばあちゃんはもうここにはいないんだな…と思うと、寂しかった。お昼に美味しいシチュー屋さんでシチューを食べ、帰宅。

今週から3月。やっと春がそこまで来た…かな?

「困惑の」などと言うから!?

050224-1403.jpg
なんだか元気がないアボカド君。新しい芽が伸びないし、葉の先が丸まってきている。

abo5週目でこんな感じ…という、ネット上で見つけた画像だが、うちのとは全然違う。どうしてうちのはヒョロヒョロなんだ?日光に当てていないからかしら。

おじさんとばあちゃん

1ヶ月もしない間に叔父さんとばあちゃんが亡くなって、それぞれ私にとっては悲しいことだったんだけど。
どちらも「私が失ってしまった」という喪失感、もう会えないという寂しさ。「私の立場としての悲しみ」が当然大きいのだけど。
叔父さんについては、叔父さんの気持ちを考えて悲しくて涙が出ることが多い。その点ではばあちゃんは幸せな最期だったんじゃないかと思う(死んで幸せなんてないのだけど)。

身内の恥を晒すことになるのだが、叔父さんの身内は、既に父母(私にとっての祖父母)は他界しているので兄弟が一番近しいことになるのだが、10人兄弟で私の父が死んでいるので叔父さん以外には8人存命ということになる。長男は70歳を超え、一番若い人でも55歳くらいだ。その8人の兄弟で葬儀に参列したのはたった1人なのだ。それだって、真っ先に葬儀に行くと言い出したのは私の母と私で、それを聞いてバツが悪くなったので長男がお金を出すからということで(はっきり言うと仕方なく)下から2番目の兄弟が行くことになったのだ。皆さんそれぞれ行けない理由はもっともらしい。歳を取ると飛行機に乗るのは大変だ、田舎者だから都会に行くのは大変だ、馬を飼っているから家を空けられない、持病があって…家族が入院していて…。別に遊びに旅行に行こうと誘っている訳じゃない、自分と血のつながった兄弟が亡くなって、もう2度と顔を見てやることができなくなるというのに。言葉の通じない海外に行く訳じゃない、何日も家をあける訳じゃないんだ、まったく、情けなくて、叔父さんが可哀相で、仕方がない。

ばあちゃんは、入院生活をしていた最後の約4年間は、ばあちゃんとしては地元から離れて寂しい気持ちもあったと思うが、子供や孫が度々訪ねることができたし、元気な頃は外泊をしたり温泉に入ったりすることもできた。葬儀には(これが当然だと思うが)子供4人孫9人(東京にいた2人も駆けつけた)曾孫3人、全員揃って送ることができた。火葬場で逝くのを嫌がっていたけど、ばあちゃんの素直な気持ちだったんだろう。
でも、心残りもある。私の1番の心残りは、脳梗塞になる半年前の夏にばあちゃんと話していた「金山」に、ばあちゃんを連れて行けなかったことだ。ばあちゃんのルーツは南富良野の金山というところだ。ばあちゃんが私に「金山っていうところに、もう一回行ってみたいなぁ、どんな風になったかなぁ」と言っていて、その頃は本当に元気なばあちゃんだったので私は「来年でもばあちゃんと一緒に車で行こう」と思っていた。その夢が叶わず、ばあちゃんは逝ってしまった。今年の夏、金山に行ってみようかと思っている。ばあちゃんと一緒に行くことはできなかったけど、ばあちゃんの育ったところを、私の目に写してこようと思う。

汚(BlogPet)

きょうやっちゃんがオムツ注文したよ♪


*このエントリは、BlogPetの「やっちゃん」が書きました。

BlogPet | Comments(1) | Trackbacks(-)

おいしかったぁ~


2005022294b1e686.jpg今日は友達と3人でサンマルクに行ってきました。一応友達の誕生日祝いという名目で、最初にバースデーケーキもお願いして小声で「ハッピーバースデー」も歌って。あっくんは妹のところに預けて、お食事とお喋りを満喫してきました。ここのパンって食べ放題で、ついつい限界まで食べてしまう。前菜の時からデザートの時までずーっと。「焼きたてです」の一言にイチコロ。もう私に「焼きたてです」と言わないで~という感じ。大きさが絶妙に良い感じで、あの1口サイズが「あと1個だけ♪」って思わせられちゃうのよね。メインのお料理とかはめちゃくちゃ美味しいという程でもないと思うんだけど(ファミレスよりはましかな~と思う程度?)、あの「パン食べ放題」にやられちゃってるんだよね。今日も美味しかった、楽しかった。

骨折したか?と思った背中の痛みは、相変わらず痛いんだけど、最初より痛みが強くなる感じはないので、骨折ではなかったようだ。筋が違ったのかな。くしゃみで折れてもおかしくない骨ではあるので、要注意。

もしや!?

昨日夕方、くしゃみをしたら背中の左側が筋が違えたようになって、なんだか痛いわ…と思っていたら、寝る頃には寝返りも「痛たた…」になってしまい、去年の冬のことが頭をよぎった。咳で肋骨骨折3本(4本だったんじゃないかという説もあり)。この痛みって凄く似てるんだけど。いやぁ~またかい。しかし、もし同じ骨折だとしたら折った次の日激痛になるんだけど、今日はそれ程でない。少なくとも昨日より痛いという感じはしない。折れてはいないのか?どちらにしても、整形外科にかかってレントゲンを撮って「骨折でした」でも「折れてませんでした」でも、痛いと言えば湿布と飲み薬の痛み止めをくれることは同じ。骨折ならそれにバストバンドが加わるか?という程度で、バストバンドなら去年のものがあるし。ということで受診はせず様子見ます。今不用意に病院に行ってインフルエンザなんかをもらってくる方がずっとデメリットだわ。

今日は母の受診日だったので午後車で病院に連れて行った。母は以前ホームページのコンテンツ内でも書いていたが膠原病で、皮膚筋炎と強皮症だ。それから併発したと思われる肺繊維症が数年前からあるのだが、先日肺CTを撮ったものに1センチ代の腫瘍が見つかったそうだ。かかっている病院では詳しい検査ができないので、CT写真とお手紙をもらってきて、他の病院にかかることになった。検査をしなければ良性か悪性かはわからないので、気を落とすのはまだ早い。それでも祖母(母の母)が亡くなったばかりでがっくりと落ち込んでいる真っ最中にこんなことを言われてしまって、「谷底に突き落とされたみたいだ…」と、帰りの車の中では言葉も出ず。でも、詳しい検査をするまで気持ちを保留にすることはできないんだろうか。私は母に対してたぶん冷たいんだろうけど、母の落ち込みにどうも私はついていけない。

昨日の朝起きたら、あっくんの顔が血だらけになっていた。両鼻の穴から鼻時が出ていたらしい。既に出血は止まっていてガビガビに固まっていた。それを拭き取るのに朝は大泣き。最近鼻の穴に指を突っ込むのが好きで昼間よくやっているので、寝ながらやっていたんだろうか。
「いらっしゃいませ~」と言っているのでお店屋さんの真似?と聞いていたら「なんにしますか?…セット!」って(◎_◎;) マックで注文したり、ファミレスでランチを食べたりする時の「セットで」と言うのを覚えたらしい。なんだか恥ずかしいよぉ~。親が喋る言葉は最近すぐ覚えてしまうので、つっちゃんの悪口なんか絶対言えないわ(言わないけどね♪)。
夜、久々に背中にはみ出しウンチw(°o°)w オムツのあたり具合が悪かったのか、姿勢が悪かったのか。2歳すぎてもまだあるんだねぇ。これからオムツはずれの時期にはもっとあるんだろうなぁ。ウンチの付いた下着洗いはいつまで続くやら。
朝は血だし夜はウンチだし、昨日は「汚れ」の1日でした。

そういえば

050219-1745.jpg
14日内科受診で、プレドニンが8ミリに減量になりました。今朝、ご飯を炊くのを忘れてて朝マックしちゃったんだけど、そしたら薬飲むのも忘れて(;-_-+ 3時に飲みました。ボケッとするな~っ!私。

笑顔で。


20050219d00cd560.jpgばあちゃんの思い出はとてもたくさんあって、以前ホームページのコンテンツの中にも載せていたけど、元気でかわいらしくて、年を取ったからといっていじけたような諦めたようなことを言わない人だった。4年前脳梗塞をおこして会話が難しくなってからも、険しい表情をしたり怒ったり泣いたりもなくて、いつも笑顔のばあちゃんだった。本当に、ばあちゃんのことを思い出して笑顔じゃない表情はないといってもいいくらいだ。だから、ばあちゃんが亡くなってから何度も涙が出るけど、泣いてるのに顔は笑顔になってしまう。

火葬場で遺体を焼き始めて直後、私の従姉妹(ばあちゃんの孫)にばあちゃんの魂が入ってしまい、独りで逝きたくないとゴネてしまった。生前からばあちゃんは死にたくないということを言っていて、「ばあちゃんなら元気だから100歳まで生きられるね」と言うと「100以上はないのかい?」と言うような人だった。ばあちゃんとのお別れは本当に嫌だし、逝けれるものなら一緒に逝きたいくらいだ。でも死んだものは逝かなきゃならないし、生きているものは生を全うしなきゃならない。これは運命。与えられたままにそうするしかないこと。楽しいことが好きなばあちゃんなのに独りぼっちで逝くのは寂しいと思うけど、これは生きているものにはどうしてあげることもできない。自分にその時が来たら、私たちだって独りで逝くしかない。ばあちゃんが少しでも寂しくないように、手を合わせて拝んで、想いを寄せていたいと思う。

子供の頃、ばあちゃんのところに遊びに行くと庭に咲いていたダリアの花を、ばあちゃんの元へ。

ばあちゃん。

大好きな大好きな大好きな、ばあちゃんが、今朝亡くなってしまいました。37年もばあちゃんの愛に守ってもらえたことを、感謝したいと思います。

とても寂しいし悲しいし、平常心ではいられない心境なんだけど、生きているものは生きていかなきゃいけないし、私には支えなくてはいけないもの、守らなくてはいけないものがあるから、それをちゃんとしていくことがばあちゃんへの恩返しだと思うし、そうできなきゃばあちゃんが一番悲しむんだと思うから。

心を込めてお別れをして、前を向いて進んでいくしかない。

行ってきた~

朝から気合いの入りすぎで鼻血が出た(o_ _)ノ彡☆ 昨日大雪だったので車の掘り起こしが大変かと思ったがそれ程でもなく。あっくんに納豆ご飯を食べさせていざ出発!雪祭り真駒内会場へ~☆ 最初吹雪混じりの雪だったがすぐに止んで、晴れて青空が見え始めた。でも、8時半頃に着いたのに既にたくさんの人w(°o°)w 観光客はバスで乗り付けてるし、地元の人らしき人たちも続々と…。雪像の滑り台はもう50分待ちとか!1つだけ滑ってあとは諦め、そり滑り広場で遊んでいた。あっくん一人でそり(こちらではボブスレーと呼ぶことが多い、プラスチック製のそりです)に乗って滑れるようになったよ!坂の上でお父さんに乗せてもらってそりを押してもらって、私が下で受け止めるようにして。怖そうなんだけど、「もうやめる?」と聞くと「もっかいしる(もう一回する)」と言う。お父さんが汗だくになるくらい遊んで、その次はミニSLに乗った。これも30分待ち。1回乗って終わって、あっくんは「もっかい~!」と号泣。でもここで切り上げ雪祭りは終了。帰りに交通資料館に寄って電車や地下鉄の展示を見て、これまた動こうとしなくなってしまい、お土産のササラ電車を買って帰宅(私の実家へ)。
お昼は大好きなミルチのカレーをデリバリーで食べて、食後は雪かき。屋根の雪を落として運んだので氷のような雪で重い重い。あっくんは「スコップしる」と言って、家の中で遊んでたらいいのに一緒に外に出てママさんダンプの上に乗ったり、一人でスコップで遊んで転んでたりして、遊んでいた。
こんな疲れた日に夕食の支度なんてできるか~!と思って、昼も外食のようなもんだったのに、焼き肉を食べに行ってしまった。スタミナつけちゃったよ~いいんだろうか。日中の運動がチャラ、どころかおつりが来ちゃってるんじゃないだろうか。さすがにあっくんは9時には眠ってしまいました。私も寝ます…。

せっかく雪祭りの写真をアップしようと思ったのに、携帯を実家に忘れてきてアップできず。残念。

今の札幌

050210-1633.jpg
うちのベランダから見た風景。すごい雪。見たくないのでカーテンを閉めた。雪やだー!昼間青空だったのに~!また雪はねかと思うと憂欝。大きな大きなため息。

また痛い。

右腕ってなんだか調子が悪い。
昨年末に腱鞘炎様の痛みでモーラステープを貼って、お正月過ぎには良くなっていたんだけど、数日前よりまた再発。でも前回とは微妙に位置が違っていて、前は親指を動かすと激痛で親指の付け根から痛かったけど、今回は手を後屈させると痛い。手関節より上側(肘関節側)が痛い。最も痛いのがお米を研ぐとき。手を後屈させてぐっと押す、痛くてできない。原因として考えられるのはやっぱり雪かきかなぁ。ママさんダンプ↓
ママさんダンプを押すときにけっこう力がいるからね。やっぱり「痛い」ってやだわ。あっくんが湿布を貼ってるのを見て「痛いの痛いの、飛んでけ~!」ってやってくれるのが一番効く気がする(@^∇^@)



ぬれ餅昨日、「やわらかぬれ餅」というのを食べた。これがまたとっても美味しくて!一袋を一気に食べてしまった。生協の共同購入で試しに買ったんだけど、もっと買っておけばよかった!柔らかくてね~もうちょっと味が薄くてもいいかと思ったけど、でもとっても美味しいよ!ネット通販で買えないかと検索しちゃったよ。でも買ったらまた食べちゃうからな~、今度生協で見つけるときまで我慢するか。

焼きぼしゃ


20050209541224b3.jpgお昼ご飯。焼きそばを「焼きぼしゃ」と言って自分でウケてずっと笑っていた。生協の子供用焼きそばで、味が普通より甘め。キャベツがなかったのでレタスで代用して、カイワレ大根も少し混ぜてみた。ごちそうさま。

禁断の甘味

2歳になってからチョコレートとあめを覚えてしまった。どちらも「こんなに美味しいものがこの世にあったのか?」という感じ。でもチョコレートは見つかってしまったときに1個だけ、あめは飛行機に乗ったときに耳が変になるのでかけらをちょっとあげただけで、その後はあげていない。バレンタインデーにはロイズのチョコボーロ(卵ボーロにチョコがかかってるヤツ)をあげようと思ってます。あっくんって、大きくなったら女の子からチョコレートもらうのかなぁ~。こんな鼻の低いあっくんでももらうのかしら(^m^ )クスッ
昨日はまったのは「漬け物」。串団子を食べて、その後に大根の漬け物をあげたら「つけもの、つけもの」と要求。お団子は食べずに漬け物ばかり食べていた。案の定喉が渇いてお昼寝の後お茶をがぶ飲みしていた(^▽^笑)
昨日100円ショップであっくん用の椅子を買ってきた。お風呂に使う丸椅子。背もたれがあるヤツは足の部分が雑にできていて絨毯をボロボロにしそうだったのでお風呂用のにした。あっくんは「あっくんの椅子♪」「あっくんも椅子座ってる♪」とご満悦。自分もお母さんたちと同じ事をしてるっていうのが嬉しいらしい。
コップ飲みは殆どこぼすこともなくなり上手になった。フォークに刺して持たせると自分で食べれるし、自分でフォークに刺して食べることも刺しやすいものならできるんだけど、スプーンですくうのはまだほとんどできない。私がさせてないというのが一番の原因なんだろうけど。トイレでおしっこは1日1~2回はチャレンジしてるけど、まだまぐれでも1度も出たことがない。服はボタンを外してあげれば後は脱ぐことができるが、ズボンはオムツがひっかかって上手に脱げず。着るのはまだまだできそうもない。靴も自分で足を入れることはできるけどただ「足をつっこんだ」というだけ。歯磨きは歯ブラシをかじっているだけだし、うがいは「ごっくん」している。…こんなで、1年後に幼稚園行けるのかしら。
でもね~、楽になったなぁと思うよ。普通1歳過ぎくらいにそう感じる人が多いみたいだけど、私は自分の足の状況があったからなのかわからないけど1歳過ぎにはそれ程「楽になった」とは思わなかったなぁ。最近ずいぶん楽になったと思う。やっぱり言葉でコミュニケーションがとれるようになってきたことが一番大きいと思う。あっくんの気持ちも伝わるし私の言葉も半分くらいはわかってくれるし(いや、もっとわかってるのかもしれないけど)。でもこれからは赤ちゃんの時とは別の「大変さ」が出てくるんだろうなと覚悟している。あと十数年もしたら声変わりしてヒゲづらで「うぜぇよ」とか言われちゃったらどうしよう~(>_<)  

さっぽろ雪祭り

さっぽろ雪祭り

昨日からさっぽろ雪祭りが始まっています。昨日・今日とこちらとしては暖かくプラス気温で、雪像も溶けているところもあるようです。足下は例年以上に滑りやすいとか。私は某巨大女性会員限定サイトをよく覗いてるんだけど、そこの北海道掲示板に「○○(北海道外の地方)から失礼します、雪祭りにスニーカーで行くのですが、歩けますか?」と(◎_◎;) 地元の人だってかなり技術を要するだろう、雪道の中でも「雪祭り会場の道」はスペシャルだもの。雪像見ずに足下ばかり見てなきゃいけなくなるよ。観光ツアーで来て札幌に入院・滞在…なんてことにならなきゃいいけど。滑る心配はもちろんだし、寒さ対策を考えても、スニーカーはちょっと無謀。雪像は夜のライトアップが綺麗だから夜に見物、となると、必ず氷点下の気温だし、端から端まで全部見るとなると少なくとも30分以上はかかるだろう。足下から冷えますよ~。滑り対策は空港や駅のキオスクなどに売ってる滑り止めグッズ(つま先とかかとにはめるヤツや、靴の裏に貼るヤツ)でもなんとかなるかもしれないけど、もっともいいのはこちらで靴を調達することじゃないでしょうかね。5千円以内で買えると思うし、足下がおぼつかないことほど「あずましくない」ことはないと思うし。それとも雨用の長靴を履いてきて滑り止めグッズを付けるか。服装は悪いこと言わないから完全防備で!スキーウエアみたいのが一番お勧めです。全然恥ずかしいこととかないです。ただ、中は薄着にしてください。外に羽織るものは暖かく、その中は薄くというのが基本です。大通会場はすぐ下が地下街になってるので寒くなったら地下に潜ることができますが(近くにデパートなんかもあるし)、真駒内会場はそういう意味でも逃げ場がないので本当に寒い!でも真駒内会場は今年が最後の開催になるので是非行ってみて欲しいなぁ~。雪祭りを本当に楽しめるのは大通より真駒内の方だと思うんだ。私もあっくんを連れて行ってきます。雪の滑り台、楽しみです。

この雪祭りが終わると、たいていドカ雪が来るんだよね。地元の人にとってのホントの意味の「雪祭り」って感じで。そしてインフルエンザが本格的に流行り出す。道外からどっと観光客が来るので、インフルエンザ菌も海を渡って来ちゃうっていうことでしょうね。

歩くスキー

6日、大滝村で開かれた歩くスキーの大会に参加してきました。私は3キロ。…それって凄いの?普通なの?と、歩くスキーをしたことない人は想像つかないかもしれないけど、3キロの参加者には3歳の保育園児や80代の最高齢者もいるとか、他の大会では大体最短が5キロだとか、そういうことを参考にすると、「大したことないんだ」というのがおわかりになるかと思います。でも楽しむことが目的だから!ここの大会には村の小さい子や障害者施設のシットスキー(椅子にスキー板を付けているやつ)で参加する人や、とてもバリアフリー的で、とっても好きです。ゴール後にきのこ汁を食べれてお土産にきのこの詰め合わせをもらって、無料券をもらって温泉に入って汗も流せます。とっても楽しい大会です。あっくんはお父さんに背負われて8キロに参加しました。気温0度で暖かかったので、途中で眠ってしまいました。
私は途中から、私の少し前を行く「3142くん」(ゼッケン番号です。でも後から調べてわかったのですが、「くん」ではなく「ちゃん」でした)を抜くことを目標にしてがんばったのだけど、見たところ小学1年生くらいの3142くんはチャカチャカと無駄っぽい動きが多くて決してスムーズに前に進んでるわけではないのに、しかも時々転んだりもしてるのに、どうしてもその差を縮められない。3142くんの背中をずっと見ながら、なんとか近づこう、追い抜こうと思ったが、結局意識しだしたときより逆に少し差が開いてゴールになった。でも3142くんの背中は私の励みになりました。

第15回おおたき国際スキーマラソン結果発表

出世

050204-1537.jpg
とうとう葉が出てしまい本格的になってきてしまったので、鉢に植えかえました。将来はアボカド収穫できるのかしら(笑)楽しみ。

遊びに行ってきました。

元一緒に働いていた先輩の看護婦さんのうちに遊びに行ってきました。あっくんより10ヶ月くらい小さい女の子がいて、一緒に遊んだんだけど、前よりは癇癪を起こすこともなく、少しはお兄ちゃんになったんだな~と、ちょっと成長を感じました。初めて行ったうちなのに一人でおもちゃで遊んだり、「手のかからない子だね~」と、お褒めの言葉をもらいました。ほんとに「手のかからない子」はよく言われます。親(特に私)にべったりということはないもんなぁ。お父さんがいると甘えるけど。私としては楽でとてもありがたいです。うちにないお絵かきマットやボールプールで遊んで、帰りの車の中ではすぐに眠ってしまいました。お昼の煮豆が美味しくて「まめ!まめ!」と要求してたくさん食べて。夕食はカレーだったからご飯多めにしたのに、食べ終わって「ごちそうさま言うかい?」と聞いたら「言わないの」ってw(°o°)w ご飯お代わりしてふりかけで食べた…結局私と同じくらいのご飯の量を食べた。また「爆発」が来たか。
最近「ハッピーバースデートゥーユー」と「お母さん、なぁに、お母さんっていい匂い~♪」という歌にはまっている。「ハッピーバースデー…」はディアーの後を色々変えて歌って、それがお母さんだったり(新幹線の)500型だったり時計だったり(⌒▽⌒)ノ_彡☆バンバン! 「お母さん、なあに…」の方は1番が「卵焼きの匂いでしょう~」で2番が「シャボンの泡の匂いでしょう~」なんだけど、2番を歌うと怒って「卵~!」と泣く。あっくんなりの「こだわり」らしい。

妹の誕生日

新しいブログになって、心機一転頑張るぞ!(って、未だにブログってよくわかってないけど)

今日は妹の誕生日だった。でも、うちの家庭も妹の家庭もそうだけど、子供が生まれてしまうと子供の誕生日とか子供の行事以外は「普通の日」になってしまう。自分の誕生日も夫の誕生日も結婚記念日も。バレンタインデーも「チョコレートを食べる日」くらいにしか思っていないし、クリスマスは子供のために行事としてあるだけで、ドキドキワクワク感が全然ない。どこもそうかなぁ~。今日も無料引換券でもらってきたマクドのハンバーガーをむしゃむしゃ食べながら「そういえば誕生日だね、おめでとう~」と言っただけだった。それにしてもマクドのメニューで最低料金の「ハンバーガー」って潰したみたいな薄さで。薄いハンバーグとピクルス1枚とケチャップ・マスタード、以上!って感じで。悲しくなる。せめてレタス1枚でも入ってるといいのに。

子供の服のセールだったので妹たちと一緒に買い物に行き、あっくんの服と私の喪服を買ってきた。先日の叔父さんの葬儀で喪服を着て、9号が悲しいくらいにピチピチでボンレスハムのようだったので(T_T) 今のうちに買っておこうと思って。今度のは多少ゆとりがあるので(逆にこのゆとりが危険か!?)もう死ぬまでこの1着で済ますぞ~ぅ!

今日から2月。この1ヶ月を辛抱すれば、春はもうすぐ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。