ゆかりんだの日記♪

コメント頂けるととっても嬉しいです。よろしくお願いしますm(_ _)m       《「あっくんの日記」は青色の文字で、「家」に関してはピンク色の文字で書いています。》  ※お知らせ※ 皆さんからいただく「コメント」は「承認後表示」となっています。
2004年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2004年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2004年07月
ARCHIVE ≫ 2004年07月
      

≪ 前月 |  2004年07月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

癜風

癜風、でんぷうと読みます。
胸の谷間(というほどないんだけど。殆ど平地に近いんだけど)に2~3年前からかシミみたいのがあって、若くもないからシミの一つや二つできるだろうとほっておいた。そしたら少しずつではあるが大きくなってきて、500円玉より一回り大きいくらいになった。あっくんが水イボになったので、皮膚科に行くついでに自分もちょっと診てもらうことにした。そしたら…癜風。カビのようなもの。水虫に使ったりする塗り薬を塗ることになった。胸の谷間に汗をかくから、汗がたまってなったらしい(でも平地なんだけどね、ほんとに)。
癜風の別名が「なまず」って言うんだって。ひどい病名だ。SLEも日本語で「紅斑性狼創」なんて言うし、なまずとかおおかみとか、ろくな病名がつかない。病気になるだけでも嫌なんだから、せめて名前だけでもウサギとかパンダとか、可愛らしい名前をつけてくれたらいいのに。
スポンサーサイト

呆れるわ

今朝、早起きをしたので、たまっていた新聞を縛って、少し邪魔になるような場所に置いておいた。その後私は台所で朝ご飯の支度をしたりしていたので、そのことは忘れかけていたのだが、朝ご飯を食べ終わって(あっくんにも食べさせ終わって)あっくんが椅子から降りてちょろちょろし出したとき、その新聞につまずいて転び、泣いてしまった。つっちゃんはあっくんをなだめて私に「どうしてそんなところに新聞を置いておくんだ」みたいなことを言った。「そう思うならどけてくれたらいいのに、呆れるわ」と言ってやった。「なんでそんなこと言われなきゃならないんだ、自分で持っていけばいいだろうが」「重たいから持っていけないでしょ」「だったらそう言えばいいんだ、言わないからなにかに使うのかと思ってそこに置いてるのかと思うじゃないか」…はぁ?新聞を束ねたものをなにかに使うって、なんに使うのよ?笑っちゃうね。全く、言われたことしかしない。自分で頭を使って考えるということをしない。言われなきゃなんにもしない。子供じゃないんだから、そんなとこに新聞置いてあったら何も言われなくても片付けろよ。100歩譲って、どうしたらいいのかわからないんだったら「これ片付けてもいいのかい?」くらい、聞けば?「少しは頭使って自分で考えたらは」って言っちゃった。言い過ぎなのかもしれないけど、私にしたら常々思っていることだから、特に「勢いに任せて言い過ぎた」という感じはしない。
「出る杭は打たれる」の逆バージョンで、自分から気を回してなにかをするとか、そういうことはしない。言われたことをそれだけ最小限にやるだけ。揚げ足を取られることもないし、こうしたらいいんじゃないかとか頭を使うこともないから、さぞ楽だろう。私にはできないけど。
つっちゃんがここを見ることはほぼあり得ないので、こんなことを書いていても安全というか。いや、私は見てくれたらいいのにと思う。そしたら改めて言う必要もないから。別に見られたら困るようなことは書いてない。本心だから、困らない。

痩せますっ!

6300円、無駄にしないためにも、頑張るぞー!オォー!!
…痩せることにしました。
ずっと「痩せなきゃ」と思い続けていますが、この度お金をかけることで、自分に緊迫感をもたせようと。「置き換えダイエット」で、新聞のチラシや女性雑誌に載っている「3食のうち1食(または2食)をコレに置き換えて…」というやつです。よく見るやつはとても高価で手が出ないので、オルビスという化粧品会社?のダイエット食品にしました。シェイクとヌードルと、口寂しいときのおやつと、買いました。1ヶ月分くらいになります。でも、目標体重までには2ヶ月くらいかけた方がいいかな?と思います。7キロくらい落としたいので…。つっちゃんには内緒なんですけど(笑)、だって高いお買い物だし…。
明日届く予定なので、明日から。頑張るぞ~e(^。^)9 

参った、参った

なんとか帰って参りました。いや~暑かった。きっとそれ程でもなかったんだろうけど、私にとっては充分すぎる暑さでした。
まずは飛行機で関空へ。機内はすいていたので、余裕のある席へ移動できたり、快適でした。関空からは電車を乗り継いで移動。電車内は涼しいけど、移動が暑くて。それでも今思えばこの日が一番快適な日でした。途中で夕食を食べ、グリコの前でおのぼりさんの写真を撮って実家へ帰宅。荷物は殆ど事前に送っていたのでラクチンでした(と言っても、けっこうコマゴマと持っていくものもあったけどね)。翌日は大阪の百貨店であっくんのお洋服お買い物。ちょうどバーゲン時期で、私としては迷惑な人混み。こんな時じゃなかったらしっかりバーゲンを目当てに買い物に行くんだけど、今回買う服はバーゲンとか関係ないから、ただただ「どうしてこんなに人混みぃぃ~!」と、イライラしてました。なんとか買って(というか、買っていただきました。おじいちゃんありがとうm(_ _)m )お昼を食べて、大阪から退散。暑くて暑くて。すっごい人だ。平日のしかも午前中に、なぜあんなに街中混んでるんだ?みんな暑くないのかしら…。次の日が早朝出発なので早めに夕食を食べ、お風呂に入って早めに就寝…したら、あっくんの夜泣き!0時過ぎから2時半頃まで付き合わされました。やっぱり暑くて寝苦しかったらしい、それと疲れかな。おばあちゃんは「暑くても朝方は涼しくなるから雨戸だけ閉めたら」と言うけど、私は外で寝たって風邪なんか引かない!窓全開にさせてぇ~!という感じ。実家に来てから2晩とも私は殆ど眠れず。結婚式当日は5時に起床。7時に出発なので少しは涼しいかな?と期待したが全然全く涼しくなんかない!最初から汗かいてました。化粧なんて、汗で全て流れていたと思う。私が花嫁さんな訳じゃないからどうでもいいわ!結婚式の場所は京都の山の方で割と涼しいところだったが、でも私はちっとも涼しいなんて思わなかった。エアコンの前から一歩も動きたくなかった。挙式中はあっくんが騒がないようビスケットを口に入れ、扇子で扇いで…。挙式後のお食事会は川床料理でした。ここは比較的涼しかったかな?あっくんも快適だったようで、ぐっすり熟睡してくれました。お陰でお料理に専念することができました。帰路はあっくんもお昼寝後だったので機嫌もよく。汗腺の鍛錬のような1日でした。こんなに汗腺全開になったことはないんじゃないか…。最終日は少し早めに出発して、デパートでお土産を買い、551のアイスキャンディーを食べて、飛行機ではあっくんはぐっすりでした。
4日間だけなのでなんとか耐えて帰ってきましたが、これが1シーズンずっといたら、絶対耐えられない。心が病みそう。お盆に帰省しようか考えていましたが、お義母さんに「お盆は無理なので、帰りません、ごめんなさい」ときっぱり言ってきました。帰省はお正月専門にするわ。
北海道でも30度以上の日だってあるのよ、25度以下に下がらない熱帯夜だって昔はあったのよ。でもここ数年ずっと冷夏で、去年は1度も30度にならなかったし、数年前の「記録的猛暑」だったときは私は入院していて快適病院生活だったし…。その間に私の身体は歳を重ねているし。すっかり暑さに対応できない身体になっていました。もう夏に本州は嫌だ~{{(>_<)}}

ちょっくら、行ってきます

義妹の結婚式のため、今日から4日間、京都方面へ行ってきます。飛行機は久しぶり、あっくんは初体験。歩く距離も術後最も長くなりそう。折りたたみ杖を持参していきます。こちらは最高気温24度程度、朝晩は17度くらいで、これでも「暑いな~」なんて言ったりしてるのに、聞くところによるとあちらは33度!?朝晩も20度以上!?生きていけるのか。とても不安だが、3泊4日なのでなんとか耐えよう。結婚式だからそれなりの格好だし、場所が冷房とかなさそうな感じなんだよね…うぅ~(泣)。
今日から7月。今年は少し夏らしい日を過ごせるかな?でも私は28度まででいいから(笑)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。